拙者とiPhone その10

おしゃれ問答


 突然だが、拙者はおしゃれには疎いほうである。はやりすたりは苦手で、従兄などには
「それでよくまあ…」と感心される事ひとしおである。
大体後半は濁される為、何が言いたいかは定かではないのだが…。

 従兄は逆に洒落者で、元バーテンダーという職業柄か衣服から身の回りの小物までなにかと
目を止めてしまうようなものを持っている。でも部屋は魔窟なのだが…。

 そんな拙者と従兄が実は同じようにiPhone3Gを使っていた。
二人とも揃って同じ時期に予約し、同じ時期に購入した、同じ色の同じ容量のモデルだった。

 4Gが出ると知った時も二人して悩んだ。
「「さて、どうするか。3GSは我慢しえた。所有する3Gは白モデル。当時は黒がほしかった。
でも白も悪くなかった。次も白にしたい。でもなかなか出ない。」」

全く同じ思考回路をめぐっていたが、ソフトバンクから「当分白モデルでないよ、ごめんね」
という発表があった時点で拙者はばっさり諦めた。そう、その日のうちに黒モデルを予約したのだ。
予約しおえた翌日、そういえばあ奴はどうしたでござろう?と思いショートメールを飛ばすとすぐに
レスポンスがあった。

「俺も予約した」

まあ、そんなわけで当然受け取る日程も1日しか違わず、またしても拙者と従兄は同じ時期に予約し、
同じ時期に購入した同じ色の同じ容量のモデルと相成った。

さて、そんな拙者たち、もうひとつ同じようなものを選ぶ習性があった。
本体カバーである。

3G時代は飾りけもそっけもないシリコンのカバーを使っていた。なんだかんだでコレが一番
使い勝手が良い。なにせこれが一番、ポケットから滑り出にくい

かがんだ瞬間胸ポケットからダイブ⇒死亡確認とかしたくないでござるからな。

当然4にもそっ気のないシリコンジャケットを買った。Appleがタダでくれるというケースの方は
それなりにデザインに凝ったのを選んでみたが多分使わないだろう。

そんな拙者がWEBを巡回しててあるケースに一目ぼれした。

シリコンではなく、アルミのケースにである。けして安くはないがそれにもまして美しかった。
早速そのページを従兄に紹介した処、従兄も偉くそれを気に入り、二人で購入に踏み切った。

なんと初期生産分はWEB受付の開始当日に終了という人気商品。拙者達は幸いその当日に気がついたので購入する事が出来た。

それがYS-Designアルミプロテクターケースでござる。

まだ手元にないので写真も載せられませぬが、気になる方はぜひ上でご覧下され。

え? オチ? 今回はないでござるよ?
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定