拙者とFPG その2

「拙者も忙しくてブログ更新なんて無理だと思っていたがそんなこともなかったぜ! 」





さて、昨日Upした通り、fun92殿からお譲り頂いたFPGでござる。
何度かやり取りしてブログへのリンクを快諾頂けたのでちょちょっと貼らして頂きます。
氏のブログはこちらトイガン・趣味の部屋。 トイガンとハムスターにあふれたブログとなられております。

さて、FPGでござるが、ちゃんと箱には正規流通品であることを表すようにシールが貼られていますな。



こちらが本体。残念ながらライトは別売なのでこうなっております。



シリアル番号はこちらの氏のブログにあるとおりXR007153となっております。

正直、氏のブログであらかたFPGについてのレビューが済んでしまっているので拙者が書く事がほとんどござらん(爆

んで、この限定モデルでござるがコンバージョンキットとなにが違うのか?
拙者が確認できたのは以下のとおりでござる。
・無刻印のメタルスライド(パーツ名はマグネシウムボルト?)
・6.5inアウターバレル(こちらも金属製)
・インナーも同様の長さ。
・フルオートブリーチがG18Cで採用されていた亜鉛性より軽量な
 マグネシウム製(Web情報。実際空けてみたけど違いが分からん;)。
・ポリマー樹脂フレーム上にKSCの刻印


メタルスライド(マグネシウムボルト)は無刻印の為、味も素っ気もござらん。
まあ、見えないところだし、これはこれでアリかと。
アウターバレルはスライドより随分先にでております。
インナーバレルもちゃんと延長されているのは嬉しい所でござろう。
フルオートブリーチが純正亜鉛ではなくマグネシウムになった為計量化されているらしく、G18よりフルオートが快適になっているようです。(なにせ見ただけでは違いが分からん; 分解して重さを測れば分かるのでござるが…)
ここのところは多分、G23と同じつくりなのでそちらの転用なのでござろう。
あと、今回fun​92殿からお譲り頂いたものは弱点のラッチ部分を強化アルミラッチに交換済みでござった。

おかげで気兼ねなく変形させられます。

さて、気になる動作でござるが…。
セミ・フルオートいずれも大変快調に動きます。流石組み立ては日本KSCでござるな!
(ちゃんとマニュアルにそう書いてあります)
でも内部ブリーチリンクの中央にバリがあるのは勘弁して欲しいでござるよ。さすがKSCでござるな(涙
(ちゃんとバリとりして欲しいでござる)


FireFlyのパタパタとかに交換したほうがいいみたいでござるなぁ、ここは。…まだ売ってるのでござろうか?;
なんでもG23以降は強化ブリーチリンクになっているらしいのでござるが…。
そうなると上で書いたマングネシウムブリーチというのも眉唾でござるなぁ。;
ちなみにバリはすぐに紙やすりで削り落としてウィノールで磨いてしまいました。
上はヤスリでバリを落とした時の写真でござるな。




セミフル切換えセレクターをいじる時はストックのロックを解除し半折りにしてから、スライドを後退させて行うと楽でござる。フィールドで切り替えるのは難しいでござるが確実に変更するにはこうするのがいいようでござるな。はて、そう言えばそんなことを昔2chのグロッグ板で見たような気がする…これはそういうことだったのか!
KSCグロックのセミフルセレクターレバーは変心軸のせいで非常に重いのでござる。
通常位置で変更をしようとするとフレーム側のメカ(シアー等)に圧迫されて切り替えが非常につらいのでござるよ。なので写真のようにホールドオープンして行うと比較的楽に切り替えられます。




展開アクションも非常にスムース!
戻すときはちょっと間抜けでござるが…。ことにフォアグリップは収納時にラッチがないのでマガジンを外しての収納操作中にピョーンと飛び出してしまうこともしばしば;


折りたたむときはちょっとコツがいりますが、さかさまにひっくり返してやると比較的スムースでござった。

以上! 拙者のFPGレポートでござった。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定