拙者とインフィニティ その04

拙者とトレジャーハンティング!





先日ようやく一通りのトレジャーを得てインフィニティコードをゲット!
エクストラミッション2週目へと突入した拙者でござるがここで無理難題を押し付けられた。

それが「属性率付与+5%以上の効果レベルミッション」である。

この属性率付与、3%と3%のミッションを掛け合わせるとかなりの確率で4%になる。

が、4%のミッションどうしを掛け合わせてもなかなか5%にならないのである。

たとえば4%ミッションA,Bを掛け合わせて4%ミッションCが出来た場合、
こんどはこのCとA,CとBを掛け合わせてさらにDとEをつくり、これを掛け合わせて
…だあああ!やってられん!!!

拙者こういう細かい作業は向いてないのでござるよ!(ぉ

で、どうしたものかと考えた。いや、最悪最終手段としてストーントレジャーを交換して
プラネットトレジャーの条件テーブルを再構築してしまう手もあるにはあるが…。

ここで拙者気がついた。

あ、こういうの得意な御仁がいるではござらんか。


というわけで、日曜に押し掛けでフェニックスまで来たのでござるよ。
「…分かりやすいけど、どうかと思うよ?」
コロナ殿がそう言ってコーヒーを淹れてくれた。や、かたじけない。
「んー、属性付与率+5のミッションね。ハイ」
そっちも出てくるのか; いや、自分で言っといて何だがすごいでござるな。
「ま、せっかくだからミッション廻ろうよ。ミランシャも来るから」
そんなわけで昨日は3人でプレイ。
さて、PTを組んで…おろ?
コロナ殿…はて、拙者の見間違いでござろうか? おぬしのレベルがLv98になっているのだが。
「あ、うん。転生しちゃった」
うぉいっ! こらそこ、Lv183レイマーがどんだけ貴重な戦力だったと思ってる!
「なんだかねぇ。そうすると受けられるミッションも頭打ちだね」
ミランシャ殿もそう言って頭を悩ませている。
「あと2マガシすればLv100なんだけどねぇ」
あ、ちなみに2マガシとは【マガシ抹殺計画】を2周するという意味でござる。
「ううむ、しかしそれでもSランクミッションがギリギリでござるな」
「斬奸が来るって分かってたんならまだ転生しないでおいたんだけどね。昨日するんじゃなかったな」
昨日転生してもうLv98なのでござるか! いったい何マガシしたんだ!!
「うん、結構サクサク? だったよ。でも困ったのがさ…」
困ったのが?
「低レベルの武器が無くて…」
……。
「いや、呆れないでね。結構大切だよ?」
なぜに?
「だってさ、転生してまず1マガシするだけでLvがギュンってあがるんだよ?」
あ。
言われて拙者気がついた。そう、エクストラミッションの敵レベルはミッション開始時のプレイヤーレベルにより設定される。
つまりLv1で始めた場合、そのミッションに登場するエネミーレベルは最後まで1+αなのだ。
当然Lv1から始めるとあっという間にレベルが上がる。プレイ時間が長く、登場エネミーも多いマガシ抹殺計画では中盤にさしかかる頃には圧倒的な強さになっているわけだ。

なんという策士、コロナおそろしい娘!
「こいつが策士なのは昔からじゃない?」
あー、そう言えばそうでござるな。サバゲーの頃から「ゲェ! 孔明?!」ってのが幾度あったことか。
「斬奸は…うん、たまに読めなかったよ?」
左様でござるか、ほとんど読まれてたわけでござるなorz
「まあ、しっかりしなよ。そのうちいいこともあるさ…」
くう、ミランシャ殿の気遣いが身にしみる…。しかしあれだ、レベルが上がること想定して武器も高めのやつを持っていけば…、いや、鎧があふれるからだめか。
「え? 鎧? 着てないや」
うぉいっ!


とりあえずタイプポイント稼ぎをしようという事になって、エクストラミッション「彼女からの極秘任務」を行う事にした。
サンプルを7つ以上回収しろという時間制限付ミッション、タイプポイントの獲得数がエライことになっているのだ。

難易度A:Lv80からでS評価540
難易度S:Lv120からS評価810
難易度∞:Lv160からS評価1080!

ただしS評価を取るには全てのサンプル15個を回収せねばならない!

で、三人しかいない中、Aランクミッションでスタート。
「ちなみにボクら二人でやった時は序盤のキャリガイン?でタイムオーバー」
「難易度インフィニティでね」
ミランシャ殿、胸張って言ってるけど、それ無謀すぎるから。うん。
まあ、そんなわけで一発目プレイ開始。

ちょ、自動砲台が!!
「…なンでフェンスがあかないんだい?」
「むー…」

終了~。サンプル回収数14個!
レーザーフェンスが空けられない所が一か所あって、どうしてもそのスイッチが見つけられなかった。
やおら立ち上がりパソコンに向かうコロナ殿。
「…あ、分かった。最後の暗闇部屋のスイッチを押しちゃいけないんだ」
ソニックチームめっ! 相変わらずいい仕事をしている!(涙

そんなわけで二回目を実行。いや早いこと早いこと。7分残して余裕でゴール出来たでござる。
タイプポイント540を獲得!
お疲れ様でござるよ。

オマケ
この日プラチナトレジャーもゲット。
あとはハムハムするだけでござるな。


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。