拙者とインフィニティ その08

今回はオチに壮絶なネタバレがあります。ポルナレフです。


ラグオルでならした俺たち不死鳥団地の面々は、先週のMA∞でコテンパンにされ、フロウウェンにも、
エレベーター上で首をぶんぶん横に振られてダメだしされてしまった。

しかし、それぐらいでくすぶってるような俺たちじゃあない。

暇さえありゃあ気分次第でなんでもやってのける命知らず。不可能を可能にし、巨大なフラグを踏み倒す、俺たち特攻野郎Fチーム!

「私は、リーダー虎狼奈。メインはレンジャー。狙撃と作戦立案の名手。
私のように先読みが出来なきゃ、百戦錬磨のツワモノどもの茶菓子用意は出来はしな……ね、ZAN、これリーダー関係なくない?」

「私はniyo。メインはブレイバー。自慢のクロノブレイズで敵はみんなイチコロ。ハッタリかましてモノメイトからムーンアトマイザーまでなんでも…これ誰でも買えるし!」

「よお、おまちどうでござる、拙者こそ斬奸。通称ZAN。ヒューキャストとしての年期は天下一品。ござる?変人?だから何?」

「ミランシャ。通称みっちゃん。ハンターだ。ゾアルゴウグでもぶんなぐってみせらぁ。
でもチャットは口べただけどカンベンな…ってなんだいこのカンペはっ!」

 俺たちは、SEGAにあえて挑戦する、頼りになる神出鬼没の、
「特攻野郎Fチーム!」
助けを借りたいときは、いつでも言ってくだされ。
(…神出鬼没じゃ頼りにできない… byコロナ)


MA開催最後の日曜。今度こそと言うことでまたぞろ皆で集まりました。

「で、ちょっとMAを甘く見てたと思うのよ」

ミランシャ殿が開口一番そう前置きして前回のおさらいをしようと言い出した。
まずはAランク。クリア出来たらSランク。
この順でMA∞1から順にやっていこうというわけ。

まずは1。A,S共に危なげなくクリア!
そして問題の2。Aは問題なくクリア。そしてS…クリア! しかし死亡回数25回;

いや、いい加減死にすぎでござろう;

正直すまんかったと思わなくはないが、それでもまあ、頑張った方だし、よしとして
次に行こう。

MA3、A,S共になんとかクリア!

MA4、Aクリア。S…残念ながら未達成。

と、この時点で時刻は19時。11時から延々やってたわけである。
さ、さすがにココまでやると集中力が切れる;
とりあえずココまでとして一息入れた。まあ、オルガフロウ倒せたからな…。
で、ここでミランシャ殿が息抜きにとニコニコ動画を開いた。
「これ、ちょっといい感じだったから」


※埋め込みはYouTubeです。つか、ニコ動うまくはりつけできぬ; MACだからか??

これは…くるモノがあるでござるな。こう、一人で夜中に見てたらホロリとしてしまうような。
「よく描いたなぁ」とおっしゃるのはコロナ殿。
niyo殿は…おろ? 首をかしげてる。
「これって、エンディング後、だよね?」
確認するniyo殿。うん。良くできてるでござるよな。
「いやぁ、いいセンスよね」
「うんうん」
皆がそうはやし立てる中、一人niyo殿が眉の間に深い縦皺を作って、ぽそっとつぶやいた。
「私、トゥルーエンドまだ見てなんだけど、ナギサって残るの?」




「「「な、なんだってーーー!!!」」」

拙者たちがMMRスタッフになったことは誰も責める事はできまい。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。