拙者とVF-11C その01

押すな、押すなよ! 絶対にフリじゃないからな!!

 
まずお断り。
このExperten製VF-11C製作記はアンオフィシャルでござる。
拙者が作ってみて「あ、ここはこうしたほうがいい」とか「こーしなきゃダメだ」とか思ったことをつらつらと書いている忘備録的な物となっています。多分、また作るであろうそのときのために…。
なのでまかり間違ってもExpertenのくらかわ要様に「ここにこー書いてあるけどどーなのよ?」とかはナシでござるよ?
ホントマジカンベン!
 
さて、毎回超絶変形でおなじみのExperten製バルキリーシリーズでござるが…。拙者実は以前ライトニング2を作成している。その際も思ったのだがなにが一番困るってネジが手に入らないこと
1/100サイズのバルキリーを完全変形するために、ネジも精密ネジを使用することとなる。
その径、じつに1.7mmとか1.4mm;
町のネジ屋でフツーに扱ってるのって2.0mmからなのでござるよ…あとはDIYの店にいくとセットもので若干1.7が入ってるのがある程度で1.4は皆無に等しい。
 
なので今回はWEB通販でネジをそろえることにしました。
(くらかわ様、、回答ありがとうございましたm(_ _)m)
 
で、実はまだそのネジが手元に届いてないので、ネジ止めナシでの記事となりますorz
 

機首と胸部




 
所々赤く塗ってます。こういう事が出来るのも真っ白なC型ゆえw




一番上の2つの白い部品。機体前部の上面部分と機首先端部分、の開き。
胸部側はフチを、機首先端側はダボ部分に裏面からベースホワイトを落としています。
そうしないと組んだときに影や下の黒いパーツの性で黒ずんで見えてしまいます。
※コクピットは組み立てるときに現物あわせが必要です。キットには複座型用のコクピット?と思しき長いシートパーツとクリアパーツが同梱されていますので取り違えないように注意が必要。
また組みあがったコクピットは後述の狩り組みで若干の手直しを加えています。
 
二段目。本体ライト?とコクピット部分。
本体側はあまり考えることなく組み立てられますが、上面部分は前述の通りフチが透けるので接着せずに起きます。
クリアー部品はいずれも綿棒にコンパウンドをつけ磨いた後、内側からクリアイエローを塗っています。胸部側は分かるとおり、ふち部分をジャーマングレーで塗ってあります。
三段目
機体前部と機首カナード。
しっかりと接着が必要になる部分です。順を追って説明します。
 
 
機首の組み立て
まず、コクピットを作成します。前述の通り処置したクリアパーツを流し込み系瞬間接着剤で固定しました。
このとき、後方のクリアパーツはドーム状ではなく、ムクなので流し込んだ接着剤が満遍なく行き渡らず、汚らしくなってしまいましたorz 次回は改善しなければいけないところです。
 
ついで、カナード翼を組み立てます。
色分割されている部分を接着。ここも左右がありますので注意が必要です。接着したら接着面がしっかり固定できるよう、紙テープを巻いてしばらく放置しました。
その後、黒いラインのパーツをできるだけ後方で接着します。そうすることで変形時のカバーパーツの出し入れがしやすくなります。
 
下面パーツとカナード翼の組み立て
まず片方のパーツだけをしっかりと接着します。底面と翼が水平になるようにしっかりと固定します。
固定したら一旦機首先端部品、コクピット、コクピットカバーとあわせて仮組みをします。
変形の際にどう部品が動くのか、どう収まるかをしっかり確認してください。
本家Expertenの動画で、コクピットカバーを出すとき、後部からBMCタガネを突っ込んで跳ね上げていました。

コクピットカバーを上げた状態と下げた状態。


 
まずはカバーを上げた状態。
黒いラインがカバーの下に隠れてることが分かります。
 
 
 
 
 
 
 







ついでカバーを下に沈めた状態。
カバーを左右から黒いパーツが挟み込んでいるのが分かります。
 
 
 
 
 つまり黒いラインパーツがくぱぁと開いてカバーがせり出すわけです。
これは黒いラインのパーツがある程度しなることで出せるようになっているためです。
ですので黒いライン状のパーツはできるだけ機首の後ろのほうで点付けされていることが望ましいと思われます。
 
 
 
 
 
それが分かったところで今度はコクピットカバーを挟んでもう一方のカナード翼を固定してやります。
こっちは瞬着ではなくボンドで有名なコニシのウルトラ多用途SUという接着剤を使いました。若干弾性がある接着剤でコクピットカバーがあとから取り出せます・・・。これが吉とでるか凶と出るかは分かりませぬ(ぁ
 
接着後一昼夜放置し、本体と機首、コクピットを合わせて見ます。底面の変形パーツを入れるのを忘れずに!
で、あわせてみるとコクピットの上部後方にツメをひっかけるようになっているのが分かったのですが、これがしっかり入りません。
ですのでココもタガネで削って、プラ板で新造してやりました。
 
つぎにコクピットの黒いふちについて、拙者のキットはカナード翼の部品に若干引っかかりがあります。
ここはしっかり収まって欲しいのであえて押し込んで引っかかる部分をケガキ針で確定し、そこから下をヤスリで削って引っかからないようにしてやりました。




写真右側の白いのが新造したノッチ。
そこから下に向かうラインが若干ヤスリで削った後になります。
 
 とりあえず今日はここまで!


<次回(嘘)予告>(N:銀河万丈)
暗く狭い作業台。その上でキャスト屑が舞う。
襲い来る睡魔を振り払い、家族の迷惑顧みず、
ただひたすらに手を動かす。
たとえ目が霞み、筆運びを間違えようと
たとえニッパーでゲート以外を切りつけても
このデスマーチは止まらない。
己が身も顧みず、明日の仕事も考えず。
ただ欲望のまま、衝動のまま、全てをなげうって作業を続ける
陰鬱たるシンナーの臭いに、時間感覚さえ麻痺し
ついにはのどを潤すことすら忘却する。
作業の妨げとなるニコ動の時報は禍か福か。
次回、「徹夜」
それは待て、そのコップはシンナーだ!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定