FC2ブログ

拙者とiPhone その20

データが…俺のブルーが…



あー、ようやく脱獄が出来たのでまたぞろメモメモである。
こうして作った記録が次回の脱獄に役立つんだからしっかりやっておくべきであろう。
まあ、それをブログに上げるのが正しいかと言われると、フツーは個人的なメモかなにかで残しておくべきだろうが
そんなことをしてたらネタにならん  どこか行っちゃうかもしれないぢゃないか。


今回の環境はこんな感じ
iOS11.3.1
Electra MPTCP1.0.3



前回と違いiPhone単体でいけるお手軽である。しかも七日間認証問題も回避済み。
なのでこれは楽勝! 勝った、勝った、カツ丼だ!
と騒いでいたら間違いでござった…。


Case.1終わらない脱獄
今回のMP版、どうも安定性が悪い。WEBで情報当たっても、成功率は50%くらいと書かれてる。
でも2回やればできるんだったら楽勝だよね?
そう考えていた時期が拙者にもありました…。
が、が、実際やってみるとコレが何度やってもエラー エラー エラー!
繰り返すリブート、くじける拙者の心。
なんで別途公開されていたElectra MPTCP版からVFS版に変えてやってみる。
すると…すんなり上手くいったのである。

Case.2機能が動作しない
ところがぎっちょん、インストールは出来て、Cydiaのアイコンが出てきたのにこれが使えない。
なんでも今回の脱獄は普通に起動しただけだと機能が動作しない。もういちどElectraで機能を有効にしなければならないとか。
ははは、ぬかしおる。という気分でElectraをポチ。 エラー!!!

ぐあああ!! ここでエラーとかなんぞ?!

何度やっても1/3の段階でエラーになってしまう。

しかしいっかいスルっといくとCydiaが起動でき、各種ツールもインスコできたりする。
んでもってリスプリング食らうとまた動かなくなりElectraで有効化しようとするとエラーの嵐…


Case3 最終手段
仕方ないので初期化することとした。とはいえそのまま初期化してはOSが最新版にアップデートされてしまう。
そこでOSバージョンをそのままにして初期化出来る「SemiRestore 11 / Rollectra」を用いる事とした。
利用方法はあっけないほど簡単だった。が、これで拙者は大事なものを失うこととなった。

これまで撮りためてた写真データ。これが綺麗さっぱり無くなったのだ。

まあ、幸い拙者の写真データはFlickrにアップロードしてるのでバックアップは問題無かったのだが…その日の写真だけは永遠に失われることとなった。

町内会のドジョウつかみの写真だったんだがなぁ。

Case.4 決戦!
で、初期化後に再度MPTC版でやったら一発で動作しやがんの…。
流石にびっくりだわ。

今回のインストール物
NewTerm2
前回も使ったターミナルソフト。今回は最初からリポに含まれていた。
使い方
いつものように
>: su root
passwd: alpine
でログオンしてpasswdコマンドを実行。書き換える。
同じくmobile passwdも実行してこちらも同じように書き換える。

Flex3Beta
三菱UFJのRoot化対策これできないと経済的に死ぬ…脱獄必須アイテムである。
こちらは追加リポジトリ不要であった。
Root化するには
1.patches横の+をクリックし対象アプリ「三菱UFJ」を検索
2.候補が3つ出てくるが、そのうちの「三菱東京UFJ Jailbreak/Root Patch」
  を選択。DLする。
3.前の画面に戻るので上記をスイッチで有効にする。
これだけ。

FakeclockUp-ichitaso
リポジトリはここ
コレが無きゃ生きてられない。脱獄お気に入りツール。

TSSServer
リポジトリはここ
SHSHをiPhone単体で取得保存するアプリ。これを用いてWEBサーバーにその端末用のSHSHを保存、これをドロップボックス連携で自己保存を掛ける。

FlipConvert
リポジトリはここ
コントロールセンターを色々カスタマイズできるツール。
これの御陰でサイレントスイッチが有効と成り今回SSpPatchは外す事となった。
設定は一般のコントロールセンターから。

RealCC
これもリポジトリ登録不要。
CC上でWi-FiとBluetoothをきちんとオンオフできるようになる。

SSH Toggle and Port
これもリポジトリ登録不要。
SSHのオンオフができるようになる。上記FlipConvertでCC上から実行可能。

07/26追記
上記のRealCCを追加インストール後、Cydiaにて更新通知バッチが4つ着いてたので全て更新したところ、リスプリングあと画面がブラックアウトするという現象が発生。
で、どうもシステム自体は動いてて、スイッチで電源OFF画面が表示可能。CCも表示出来るが、メニュー画面はアカンという不思議状態。
一回電源を切って再起動したところ、復旧した。焦るわっ;

で、再起動したら当然脱獄が向こうになっていたのでELECTRAを起動、JB実行ボタンを押した。
暫くすると再起動? リスプリング?がはしってた、やべ、1/3実行中のあとエラーだったらどうしよう?とおも言いつつ設定からアプリを確認。OpenSSHの変更ツールがあることからJBが機能していることを確認した;

これで終わりと思ってたらさらに追加でCydiaUpdateHelという見慣れぬアイコンが増えてた。

そしてCydiaアイコンが消えた。

…アップデート途中で再起動したんじゃないか?ということに気づいて、この見慣れぬアイコンをクリック。
Updateというボタンがあったのでぽちっとする。
暫く待つと…Cydiaのアイコンが復活した!
しかしCydiaUpdateHelも残ってる…なじぇ???

で、再起動してElectraを有効にするんだが、これが上手くいかない。
リスプリング40秒待ちもダメ、何度かやってるとようやく上手くいくという感じ。再現性が分からん;
Cydiaをワンクリックしたあとだと有効になりやすいとか…今度試してみよう

8/03追記
現在の所良好似動作中。

追加Appがあるので更新
Hankana 2
純正キーボードで半角入力が出来る用になる。ヤッタネ!
リポジトリはこちら
現行バージョンが1.0.2で大分安定してるとのこと。

CloseCam
カメラのバックグラウンド動作を停止し、きちんと終了させるアプリ。バッテリー持ちに大きく係わる。
リポジトリはこちら

Apple File Conduit “2” (arm64/KPPLess)

ついにきた! iFunBox上からUSB経由でシステムファイルにアクセス出来るようになる。
これで好きな動画や音楽を放り込めるようになるのだ!!

StoreSwitcher 2
AppStoreのアカウントを切替える事が出来るようになる。米国ストアでFlickerを入れてる拙者には大助かりなのだ。
リポジトリは追加する必要が有るが、Hankana 2と同じリポなので設定不要でした。


2018/8/15 バッテリー切れでてんやわんや
ちょいと外に出て調べ物などで多用した結果、バッテリー切れしてしまった。
今回の脱獄は電源OFF>再起動すると入獄状態になってしまうため、出来るだけこうした事態は避けたかったのだが。
家に持ち帰り充電してた所変な挙動をおこした。
3%充電で自動再起動するのだが、その後充電器を認識せず、再び電池切れを起こすのだ。
PC経由充電でも、急速充電器でも同じ事が起こり、認証ケーブルでもダメという状態。
仕方ないので3%充電で一端起動した際、ボタン長押しで電源OFFメニューを呼び出し電源終了。そのまま充電を続けて1時間後、40%充電状態で起動し、ケーブルの認識を確認した。一体何だったんだろう;
で、その後CYDIAアイコンクリック>ELECTRAで脱獄という流れをしたところ今回は一発で脱獄状態に移行した。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。