FC2ブログ

拙者とiPhone その19

今回もいつもの如く防備録。 ネタ? ないでござるよ?



11月11日にVPN関連の必要性(PPTPからL2SECへの切替)にかられ、入獄してたのだが、半年ぶりに脱獄することとなった。
本来なら本家のSaurik氏の脱獄ツールを待つところだが、ぜんぜん出てくる兆しがないのでElectraを用いることとした。
Electorは登場してからすでに数ヶ月が経過している。当初はやれ本家でないとか、対応アプリが少ないとかでいささかすったもんだがあったようだがこのところ落ち着いたようだ。また環境としてもかなり安定している…らしい。

ただ困ったことに対応アプリの少なさはきにかかる。
ことに拙者の場合だと普段使っている
・Adblock
・Springmaize3
この2つが使えないのが痛い…。
が、そこはそれ、他に使える物があるんだからそっちは使おうということで環境構築を実行した。


1.脱獄環境
iOS11.1.2
CydiaImpactor0.9.44
Electra1.0.4.ipa

※拙者の環境(iPhone5SE)ではCydiaImpactor付属のElectora1.0.1ではCode81エラーが出てインストール不能でした。
こまめなバージョンアップで安定化しているとのことだったので最新版を指定してインストールしたところさっくり終了。
今までの脱獄で一番短時間で終わった気がする。
インスト後、Cydia起動でソースアップデート実施。
で、アカウントの管理でいつものGoogleアカウントを登録。
ここまでは問題無かったのだが、最後に一つ問題が発生。
iFunboxでJB環境と認識しているくせに、rootにアクセス出来ん。なんでだろ…。


NewTerm2
ターミナルソフト。これがないとパスワードが変更できない。
今回はElectoraでの脱獄環境で動作検証が取れているこちらにした。
リポジトリはhttps://cydiahbang.ws
使い方
いつものように
>: su root
passwd: alpine
でログオンしてpasswdコマンドを実行。書き換える。
同じくmobile passwdも実行してこちらも同じように書き換える。

Flex3beta
三菱UFJのRoot化対策これできないと経済的に死ぬ…脱獄必須アイテムである。
Root化するには
1.patches横の+をクリックし対象アプリ「三菱UFJ」を検索
2.候補が3つ出てくるが、そのうちの「三菱東京UFJ Jailbreak/Root Patch」
  を選択。DLする。
3.前の画面に戻るので上記をスイッチで有効にする。
これだけ。

Ext3nder Installer
AppleID 認証、7日間問題解消。自動認証
https://midnightchip.github.io/repo/
上記を登録してインスト
インスト後、AppleIDでApp用パスワードを生成し、「その他」で登録する。
※これがないと動作しない。

で、動作後、「インストール済み」で対象となるアプリとしてelectraを指定。更新する設定を行う。

FakeclockUp-ichitaso
http://hitoriblog.com/apt/
コレが無きゃ生きてられない。脱獄お気に入りツール。
sspacher iOS 6to11
カメラのシャッター音を、サイレント時に無音。


RealCC
iOS11で見かけ上の切替となったコントロールセンターの
wifi,Bluetoothを本当にオンオフする

youtubeTools
広告除去等のツール

こんなところか。多分これが5sで行う最後の脱獄。だといいなぁ。
またぞろ10月になったら脳内会議せにゃらならん。

EzLauncher
http://repo.auxiliumdev.com/
コントロールセンターカスタマイズツール。リブート、リスプリングも可能。ぐう優秀。

05/10追記
なんでか知らんが再起動したらcydiaが開かなくなった。

ははは、こやつめ。

と思いつつElectraをくりっくしたがこちらもアウト。
確認したらプロファイルがなくなってる…うぐぐ。
なんだなんだ、ナニが悪い?

仕方なくElectraを入れ直す。
この際の手順としてはやっぱりAPPLEのサイトにてプログラムインストール用に
セキュリティセクションにてApp用パスワードの「パスワードを生成」を選択。
対象名称はパッケージ名称である「Electra 1.0.4 .ipa」を指定する。
インストール後、もう一度Electoraを起動、今度は問題無く起動したのでJB実行。
これで再起動がかかった後、Cydiaが開く様になった。

不思議なのは入れ直す前の段階でsspacher iOS 6to11が動いてたことなんだが…そういう物らしい。

2018/06/01
追記の追記
ここ数日でまた上位のハックが噂されている。バージョンは11.3.1。発信元はCoolStar氏。
色々と不具合が修正されているのでできればアップしたい。が、現在の脱獄環境を捨て、収容されてしまうのは頂けない。
なんせこの11.3.1がいつ来る物かもまだ不明なのだ。
業界的にも「準備だけしておこう」と言うことになっているので、先達達に倣い,順部を進める。

TSSServer
リポジトリはここ
cydia://url/https://cydia.saurik.com/api/share#?source=https://repo.nullpixel.uk
SHSHをiPhone単体で取得保存するアプリ。これを用いてWEBサーバーにその端末用のSHSHを保存、これをドロップボックス連携で自己保存を掛ける。

現行のiOS 11.4と11.3.1はSEPに互換性があり、SHSHがあれば11.3.1にアップデートすることも可能になるらしい。
詳しいやり方を調べなければ…。

06/10 iOS11.3.1のSHSH配信終了。これに伴い11.3.1のインストールが不能になった。
奇しくもその前日に11.3.1にアップデートしたため難を逃れた。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。