FC2ブログ

拙者とMacBookPro その01

  • 2018.04.03 15:00
  • Cat:PC

第一話「MacBookPro起動せず!」


ここに一台のMacBookProがある。
さる運輸倉庫にてその存在も忘れられていた存在である。
数奇な運命の下、それは拙者の手元にやってきた。
それは夏の日の、雨の降る金曜日の夜だった…。

(ばっさり中略!!!)

で、そんな曰く付きのシロモノなのでござるが、実はこやつ、拙者の家に来た後1年近く寝てた。(ぁ

理由は引越しが忙しかったのと、MacBookがフツーに動いてしまっていたため機種移行の必要性が薄かった為だ。
ホントあれは9年も良く使い倒したもんでござる…。

で、今回流石にそろそろ…と移行を果たした。iPhoneXも買わんかったし、いいよねーとか思ってないよ?

さてMacBookPro 13inch Late2013 Retinaである。拙者にとっては3代目のMacBookとなる。思えば遠くへ来たものだ…。

詳しい仕様なんかはこっちを見て貰えればと思うが、ざっくり言えば

・薄型筐体で拡張性も薄い
・使い道の微妙なSDXCカード対応
・今となっては残念としか言いようのないThunderbolt2ポートが2つもある
・壊れることで有名MagSafge2電源

…あ、いや、素晴らしい点も多々あるのでござるよ?

たとえば

・地味にすごいPCIe接続の高速SSDドライブ(専用設計で交換不能)
・なんといってもRethina 2560x1600ピクセルの高解像度(だがフィルタ必須で視認性Down)。
・圧倒的な軽さ1.56Kg
・無線が11AC対応(でも自宅Apが未対応)

で、早速電源を繋いで設定作業をしてみると…驚くほど快適である。
ちなみに拙者、移行アシスタントは使わないこととしてる。理由は元のMACが古すぎるのもあるが、
移行アシスタントが時間が借りすぎたり余計な設定引っ張ったりすることが多いからだ。

メール環境も新規で構築でいいかなと思えれば、実は普通にデータだけ移動する方が全然早い。
もっとも各種アカウント設定などは泣くほど設定し直しなのでそこは覚悟しよう。

設定をしてると思ったのだが以前のMacBookもSSD換装・RAM8GBとしていたがそれと比べても動作が速い。
かなり快適でびっくりした。

で、鼻歌交じりでOSアップデートして基本設定をパチパチとしていたらパチンとおちた。

なにごと?!

と思ったらMagSafe2が抜けてた。HAHAHAこやつめ…。
挿し直そうとして、えも言えぬ違和感を感じた。

まて、拙者が作業開始してからすでに30分以上経ってないか??

そう、開封直後とはいえAC電源をつなげ30分も作業をしてればそれなりに充電されているはずだ。
たかが一瞬の切断で、システムがダウンするはずがない。

おそるおそる再起動。ジャーン。(起動音)
うん、起動する。…が、右上のバッテリーに!マークがっ。
無言でクリックすると…充電率0%の表示。
慌ててシステム詳細を確認すると「バッテリーは充電出来ません」のメッセージ。

そう、あまりにも長期放置されていたため、内蔵バッテリーが上がってしまっていたのだ!

しかもこやつ、薄型筐体のため専用バッテリーを交換するには分解が必要!


やり方もWEBで確認したら面倒すぎるっ!


ちょっと悩んだがこれから長いこと使い倒すこと前提にするなら、ちゃんと整備してやった方がいいだろうと思い、Appleの正規修理でバッテリー交換をして貰う事とした。ちなみにお値段は13000円である。

今まではジーニアスバーに持ち込んでいたのだが、今回初めてセンドバックをお願いしてみる。
驚いたことに金曜にピックアップしたら、翌月曜には送り返されてきた!
他のメーカーだと一週間くらいは優にかかるはず…。Appleのすごさを垣間見た。

で、修理内容を見てみると
バッテリー交換のため、キーボード、筐体、基板、バッテリーを交換しました。

ん?

これって、下半身で残ってるのSSDだけではござらんか?
新品同様だったMacが新品になって帰ってきた??
( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …!?


続く


今回の費用

MacBookPro本体 プライスレス
修理費用 13000円
 

このMACBookに費やした費用総額 13,000円
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。