FC2ブログ

拙者と激安スコープ その01

狙い撃つぜっ!


ちょっと閑話休題。先日TOMORROW殿と秋葉原のターゲット1で実射テストを行ったところ
15mの距離でターゲットが見えづらいという事実が発覚。(爆
んで、スコープが欲しいなとは前から思ってたので適当なのを探してました。
光学機器の闇は深いのでその深淵をのぞき込む気にはなれず、適当なものとでお茶を濁そうという魂胆でござる。
まあ、そうやって毎度深みにはまるのが拙者の常。なんせこれまでの所の戦績が以下の通り。

確かにこれまでの光学機器の購入は…
一回目
  ELCAN SPECTOR
  安いので飛びついたら4倍固定だったorz
  でも1倍・4倍切替より明るいらしい。
DROW!

二回目
  ハンドガン用DATサイト
  送られてきたのが電源が入らない不良品。
  次いで送られてきたのが左右調整がまともに出来ない不良品。
  ミリタリーブラッド二度と使わない。
LOSE!

三回目
  ハンドガン用DATサイト
  あまりにも酷かったので買い直し。
  比べるのもおこがましい位の品が来たので大満足。
WIN!

まさにご覧の有様だよ…orz
光学機器は知ったもの以外は通販にてを出すと痛い目にあうというのが拙者の教訓。

なので今回も無難に知っているメーカーの知っている機種(実際に手に取ってみたことのあるもの)で選ぼうと思っておりました。

ちなみに今回の拙者の要望
・20m~50mくらいの距離で使える。
 実際のエアガンの射程はせいぜい50m。それ以上なんて狙えるわけも無し。
 先日のレンジで実測したのですが15mだろうが20mだろうが弾着修正はいくらでも出来ます。
 スコープが必要になるのはセミオートによるシビアな狙撃なのでその点を鑑みると20mくらいかなぁと。
 ぶっちゃけ15mまでならアイアンサイトで十分だし。
・できれば1倍(等倍)でダットサイト扱いできるものが望ましい。1.25倍~だと微妙に使い勝手が悪いのでござる。
 これは拙者がDATサイトを使う際、両目を開いて右目でDAT、左目で視野補正をとるという使い方をしているから
 下手に倍率が入るとすっころびます。
・軽いほうがいい。
 基本サバゲなんて動いてなんぼでござる。なんで装備は出来るだけ軽い方が望ましい。
 無論軽くて高性能になればなるほどスコープは高くなりまする。
 
なんでいろいろ見てると等倍から4倍までズームできる1-4xというタイプのものがあるらしい。
欲を言えば1-6xというのが欲しいがこちらは最低でも5万以上。おおう・・・。
基本的に銃より高い装置を銃に付けたいとは思わないので、これはないでござる。
で、肝心の1-4xだが評判がいいのはShureHit1420という国産品。お値段三万程度・・・お高いわっ!
や、下手なスコープ買うならこれが鉄板という品なのは判るが・・・これでも高すぎでござる。
お財布が許してくれず、イロイロ探したところ引っかかったのが中華スコープ。

FireWolf 1-4x25 20㎜マウント付 という品でござった。

FireWolf ときいてもピンとこない拙者がWEBでちょっと調べてみたがたいしたことが判らない。
ただ米アマゾンでも販売されているスコープだったのでスペック自体はそれなりに判った。

全長:222mm
メインボディチューブ径:25.4mm
重量:? 400g以下と思われるが正確な重さが何処にも明記が見当たらない;
倍率:1.03x-4x
対物レンズ:20mm
接眼レンズ:30mm
アイリリーフ96-75mm
照準修正/クリック角:75MOA/0.5MOA
防水仕様
素材:6061アルミ

1-4倍のバリフォーカルレンズで拡大にあわせ、クロスラインも大きくなるのでMOAは数え間違えないと思う。
レリーズハンドル付で操作性も悪くなさそう。
で、さっそくポチってみた。(爆)

海外通販の為、発注から約15日で到着。
届いた品がこちら。
SCOPE_00_R.png

開けてみた感じがこう。
SCOPE_01_R.png

うん、わるくないわ。バトラーキャップが若干安っぽいのと接眼レンズ側が抜けやすいけど・・・ここら辺はバトラーキャップの内側に紙テープでも貼れば調整可能。等倍で覗いてダットサイト代わりにも使えそうです。25mmチューブが思ったよりも大きいかと。
重さも左程ない。ホロサイト+ブースターなんかに比べたら全然軽い。
バッテリーを入れてみると・・・光る。光るが・・・ライン全体がぼややんと光る;
てっきり真ん中だけが光るかと思ってたのだが・・・うーん、まあ、いいか?;

こうなるとハイマウントが欲しくなるなぁ。

まあ、諸君、ブルパップは・・・あ、これブルパップ関係ないでござる(>w<)

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定