拙者とPDR-C その12

  • 2017.03.14 17:21
  • Cat:PDR-C

「こんな物っ!」



劇場版SAOを観てきました。いやぁ、主人公アスナ=サンですよね、あれ。凄かったでござる。
最後のクライン氏はどう見てもオマケです。本当にありがとうございました。

さて、閑話休題

<トリガーブロック>
PDRの中でもトップクラスに問題が集中しているトリガーブロックです。
が、先人の知恵がいつでも我々を生暖かく見守ってくれてます。

トリガープル
PDR_C_035_20170314171244263.png

PDRのトリガーは上下2分割されていてグロックのようなセーフティが仕組まれています。
ですが、はっきり言って役に立ちそうにござらん(爆)
その上どーにもトリガーフィーリングがもったりしてしまいます。
なのでここは一端分解しスプリングを外し、その上でタップでネジを切り、イモネジで絞め殺します。
当初2mmのイモネジでやろうとしたのですがタップ切ったらイモネジがストンと落ちるという自体になり、泣く泣く2.6mmで作り直しました。(汗
またトリガーストロークに関してもトリガーボックス後方から調整ネジを突っ込んでいます。

2点ともWEB検索にて得た工作でございます。(ここ重要)

トリガーフィーリング
セミフルのトリガーフィーリングを出すためにトリガーハウジング上部にボールベアリングを用いたテンショナーが入っています。ここを閉めすぎるとハウジングのフタ部分が歪み、拙者のように泣きを見ます(爆) またボールベアリングでトリガーがガンガン削れます。ご注意を!


マガジンリリースボタン
PDR_C_038.png

酷く重いことで有名なこやつですが、対処方法としては某カスタムショップ様のブログでカーラーを入れてシャフトをブレにくくする事が有名です。見習わせて頂きました。
カーラーを噛ませるシャフトは円錐状にゆるくテーパーがかかっています。
最大径が8mm弱と言ったところでしょうか。カーラーにはホームセンターで市販のカーラーを買ってきます。内径8mm、外径10mm、高さも10mmとほぼジャストサイズのものがあります。ただ高さが若干足りません。個体差も有るでしょうが拙者の場合2.5mm程足りませんでした。
下駄として内径7mmのゴムブッシュを用意し、これを噛ませることとしました。※写真のままだと若干高すぎるのでゴムブッシュの天面をカットしました。
それと各部のスプリングテンションが高すぎると考え、メカボ側面の引き戻し用スプリングを外した状態でテストしましたがこれだと戻りが微妙…全般的にテンションの弱いスプリングに替えるとか出来ればいいのですが、結局人差し指を鍛えるしかなさそうです。

2017/03/16追記
どうももう少し詳しく調べた所「このカーラーこういうことじゃ足りないんじゃないか?」ということに気づきました。
というのもこれだと横方向の逃げに対しては有効ですが、上下方向の逃げにはなにも効いてないという…
なんで高さを固定する為のブロックも追加したいと思いますがそこはまた後日…。深いなぁ、カスタマイズ;


KILLスイッチ
バッテリーの-側につけた切断スイッチです。
PDR-Cはトリガーにグロックと同じセフティ機能があるのですが、これはオミットしてしまうので何らかの安全装置は必要と考えました。またFETは焼き付きなどで故障すると最悪通電しっぱなしになりますので、その際の安全確保にも有効です。これは多分、他の方はやられてない加工でしょう。

ポートセレクターをこのON/Offに使うよう、加工します。
まずはセレクタースイッチを複製します。いきなり加工して壊すのが怖いのでw
お得意の片面複製です。簡易脱泡しています。
PDR_C_036_20170314171246361.png
ポートセレクターは加工部をシリコンで複製してやります。写真は右が複製元。左が1号試作。真ん中が3号採用品です。
2号試作はもっと黒くしようとして失敗しました。奴は犠牲になったのだ…。
試作はスイッチを押す部分がパテの塊ですが採用品は2mm真鍮線に、ネジもレジンキャストに直接タップを切っていたモノを天頂部を座具ってナットを仕込みました。

スイッチは125V/10A対応のノンブランドハーフサイズスイッチです。秋葉原の千石電商で購入。
ホントは20Aまで耐性が欲しいですが大きさ的に難しいと考えました。

せっかくギミックとしてあるポートセレクターをON/OFFのスイッチとします。
ポートセレクターの前方にロッカースイッチを配置してこれを操作できるように考えました。

スイッチ部分です。
PDR_C_040_20170314171252dcf.png
PDR_C_041.png
四角い部分は電子工作用の10mm垂直スペーサーです。(M3基板垂直取付スペーサー10mm角VAD-310 137円)これにPPバンドを使って薄型ロッカスイッチ(ノンブランド 2Pシーソースイッチ 4AHD-RHKH AC125V10A/AC250V6A 160円)を固定しています。
この10mmスペーサーが優れものでPDRのトップフレームにぴったりはまります。

ちなみにこのままだと色が目立つので塗装しました。
PDR_C_043.png
またPPバンドを止める穴を新規に2.5mmで斜め前方に移動して開口してあります。

PDR_C_039_20170314171250677.png
固定は3mm六角穴付皿ボルト(黒)の15mmを使用。後部にあるポートセレクター固定部分と並べても違和感が無いようにしました。自画自賛ながら綺麗に収まったモノでござるな!

PDR_C_037_20170314171247596.png
PDR_C_038_201703141712497db.png

組み込んだモノを下から見た写真です。ちゃんとロッカスイッチがON/OFF動いてるのがおわかり頂けるでしょうか?

配線は黒(-)側を引き回し、ファストン端子で固定します。すべての部品が入手しやすいもので、かつ交換も念頭に作ってありますので故障しても交換修理が簡単に行えるはずです。

さあ、ここまで来ればあとはバレル周りとアッセンブリと配線引き回しだけ。ゴールが見えてきました…。

まあ、諸君、ブルパップはいいぞ!(@w@)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定