拙者とネスプレッソ その01

ここにジョージ・クルーニーがいるぞ!



皆様こんばんわ。普段のコーヒーと言えばゴールドブレンド一択な拙者でござる。
が、そんな拙者の家にはネスプレッソマシンがあったりします。
形式名称はエッセンサC100TNという品。今となっては大分旧式の機械でござる。
これを購入した経緯は…忘れた(爆
ま、まあ現在も来客時、そしてプチ贅沢時に重宝している機械なのだがこれが動かないと相方が言い出した。

何事かと思い、ボタンを押してみると「ぐぼー」というコンプレッサーのうなり声はあがるが
給湯口からはなにも出てこない。はて?と思って背面の水タンクを外してみる。
パッキンに以上は見られない。

続いてカプセル投入口を開けてみる。中からぽろんとカプセルが出てきた。
で、このカプセルを見てみると背面に三つの爪痕は付いているが、前面に井桁状の開口がない。
となると、給湯がちゃんと行ってない可能性が高い。
試しにカプセルが無い状態で蓋を閉じ、給湯してみる。
「ぐぼー」という唸りをあげたあと、給湯口から「えれえれえれ」とお湯が出てくる。
14気圧で圧縮されているとは思えない勢いのなさにネスプレッソの安全設計の気配りを垣間見る。
じゃあ、次。
新しいネスプレッソカプセルを取り出してこれを投入。給湯してみる。
「ぐぼー」「えれえれえれ」
フツーに注げた。
???
何が悪かったのでござろう?

ともかく、壊れたかと思ったときの確認手順。
1.水タンクパッキンの確認。
2.カプセル室の確認。
3.カプセルなしでの給湯を確認。
4.新しいカプセルで煎れる。
5.よいひとときを。or カスタマーセンタに電話。

こんな感じでござろう。ネスプレッソユーザーの諸氏も何かあったときにはお試し頂きたい。
ちなみに故障修理は補償期限過ぎてると一律5000円+消費税らしいでござるよ(未確認情報)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。