あるHucastの日記

8月7日
今日は記念すべき日だ。
今日、漸く、拙者の家にクーラーが着いたのだ!!
これでようやく段ボールクエストⅡ~3階の魔境~が再開できる。


思えば引越しをしてからのこの18日間。……約半月か、長かった。
拙者は瞼を閉じるとその感慨にふける。
今回拙者はフリーランスのポンプ屋、ウォルフガング・ゴージ(偽名)にエアコンを発注した。
奴はLGのDVDドライブからLEGOの限定品まで、金さえ出せばなんでも引っ張ってくる凄腕のバイヤーだ。
この男との取引にはルールがある。

一つ、待ち合わせは神田ドトールであること。
一つ、奴の持つ携帯端末に突っ込まないこと。
一つ、えさを与えないこと。


6月某日、拙者は宵闇も迫りつつある神田のドトールに足を踏み入れた。
店内は驚くほど狭い。紫煙がくすぶる喫煙コーナーの壁際に、年代物のエアクリーナーがか細い悲鳴のような駆動音を上げている。
「ありゃあだめだな、もう中のコンプレッサーがイカれてやがる」
背中越しにかけられた声に振り向くと奴がいた。互いに目配せをして席を探る。喫煙コーナーの反対側、壁際の席が空いていた。拙者が目線で問う。
『コーヒーで?』
『ホットは止めろよ?』
拙者は肩をすくめて了解すると、奴はさっさと奥の席に陣取った。
「久しぶり、でござるな」
「ああ、前の仕事からこっちご無沙汰だったな。どうだい調子は?」
「まあまあ、でござるな」
そんな他愛ない会話をしつつ、アイスコーヒーを手に取る。冷たいもので咽を潤すと、漸く本題を切り出す気になった。
「エアコンが欲しい」
拙者の言葉に奴はわざとらしく眉を上げる。
「数は?」
「4つ」
「型は?」
「まだこれからでござる」
「そうか…」
奴はそう言うとストローを口にし、一気に中身を飲み干す。なんか”ずごっ”ってすごい音が聞こえた。
「明日の晩、またここで」
「承知」


翌日、拙者が席でまつと、5分とせずに奴がきた。手には一冊のカタログを持っている。
「またせたな」
「なに、いま来たところでござるよ」
アイスコーヒーをテーブルに置き、パンフレットを差し出した。
拙者が表を確かめるとそこにはM社製のエアコンが写っていた。厚みは、通常の店頭に置かれてるものの倍近くある。
「これは…」
ぱらりとページをめくり、中を確かめる。
「ああ、そいつは一般流通用のじゃない、集合住宅用のパンフレットだ」
エアコンは一般販売モデルと集合住宅用の二種類が存在する。前者はいわゆる家電量販店などで扱われる多機能なモデル。後者は必要最低限な機能を持たせた、いわゆるアパート向け一括卸し販売モデルだ。
「こいつなら普通の奴よりワンランク上の性能が安く---」
奴が口上を述べる前に、拙者はパサリとそれを机に落とす。
「ゴージ、これじゃない。これじゃあ、ないんだ」
拙者がかみ砕くようにそう言うと奴は最初怪訝な顔を---そして次に大きく目をむいた。
「おま、まさか---マルチエアコンを?」
マルチエアコン---それはいくつかの室内機に対し、大型の室外機を1つ接続するいわゆるn:1のシステムエアコンだ。
拙者はゆっくりと頷くと、奴の目がきつくこちらを睨み付けた。
「やめとけ、リスクが高すぎる。値引率だって大して良くはない」
マルチエアコンは一般流通モデルではない分、受注生産が殆どで、利益率が低い。
「だが室外機は少なくてすむ。なあ、ゴージ。拙者の家はな」
言いつつコップの水をあおる。
「狭いのでござるよ」
「馬鹿が、それこそ架台を---ええい、しらねえぞ? んで、壁は? 木造か? コンクリか?」
そのまま細かい打ち合わせをして、拙者の家にあうタイプを絞り込んだ。


それから二日後、日中だというのに拙者の携帯が鳴った。着信番号を見て首をかしげつつも、外に出て電話を取る。
「珍しいでござるな、こんな時間に」
「仕事中にワリィな。だがヤバいことになった」
「どうした?」
「M社が生産調整に失敗した。納期が全然見えなくなっている」
なんだと?
「今年は冷夏になるって予測をお立ってたんだ。だが実際は気温は馬鹿みたいに上がっている。工場のラインは今最大稼働で増産をかけているがとてもじゃないが追いつかないらしい」
おい、ってことはおい。
「当然これから受注するマルチエアコンの納期なんざカナリア諸島の向こう側だ。下手すりゃ秋になるぞ」
冗談ではござらん。拙者は急遽頭を巡らす。
「予定を変更、シングルエアコンで再構成するでござる」
こうした判断がすぐに付かなければ戦場では生き残れない。もっとも今回の判断が速かったとはとても言い切れないが。
「分かった、じゃあ---チッ、ヤバい。切るぞ」


三日後、夜。いつものようにドトールに向かうと奴はすでに席に着き、携帯端末で電話をしていた。
今日のストラップはアンチョビ---ガルパンである。
「よう、まってたぜ」
「ご機嫌だな」
「ああ、先日仕入れたツクモパソコンが高値で売れてな。おかげでウハウハだぜ」
「そいつは何よりでござるな。---で、拙者のエアコンは?」
そう尋ねると何とも言えない難しい顔つきになり、レザーバックから取り出した新しいパンフレットを投げて寄こした。先日のとは違い、一般用だ。
「そいつの中から選びな」
「おすすめは?」
フンと鼻を鳴らす。
「分かってんだろうが。自動掃除機能つき。それ以外の機能は無視してくれていい。逆にいやぁ自動掃除機能が付いてりゃ、それ以外の必要な機能もそろってる。それ以外なんざ蛇足だ蛇足」
「するとこいつでござるな」
拙者はミドルクラスのモデルを指さす。
「BXVか…妥当だな。だが…売れ筋なだけに弾(たま)がない」
「納期が厳しいと?」
「ああ、たぶんこりゃ早めに手配しないとマジィな。ちょっとまってろ」
そう言うと今度はレザーケースから別の端末を取り出す。裏面にはでかでかとカッティングマットで自作したとおぼしい「はちゅねミク」が貼られている。

「…あ、もしもしぃ、どーも、ゴージです。 ---ええ、ええ。そりゃもう---ハッハッハッ」
奴は電話口でにこやかに先方と話しつつ、カタログに目を落とす。
「いや実は専務のお力でどうにか都合頂きたいものがありましてね? ええ、先日お話しした件。今ちょうど決まりまして。---ええ、そうそう、そうなんです。型番申し上げますね---」
すらすらと2種類の型番---6畳用と18畳用だ---をそらんじる。
「---はい。どうぞ宜しくお願いします」
にこにこ顔で電話を切ると、一息ついてこちらを向く。もう顔は笑ってなかった。
「まずいな」
「そうか」
拙者はそう言って天を仰いだ。なにせこうなっては拙者に出来ることはない。あとはメーカー側の生産が間に合うのを祈るだけだ。


それから三日後、また仕事中に電話がなった。今度はちょうど外に出たところだったのですぐさま出ることが出来た。
「拙者でござる」
「あー、ZAN、悪い知らせと良い知らせがある。どっちからに?」
「たまには良い知らせからにしよう」
「あっそ。んじゃ伝える。例のブツの値段、交渉がうまくいった。思ったより安く済みそうだ」
「ほう」
「あ、だがこれ以降はダメだ。生産調整の件もあり、今後は定価は変えないが仕切り率を切替えるそうだ」
「そうか、発注が間に合って何よりでござる」
「で、悪い方の知らせだがな…すまんが、納期が見えねぇ。今言ったとおり生産調整かけて工場も倍近い時間稼働してるがそれでも追いつかないらしい。最悪8月末を覚悟して欲しいとよ」
「…それは、死ぬな」
「ああ、俺もそう思う」
すでにこのとき、拙者の脳裏には借金して購入した家に殺されそうになるという昼のワイドショーネタになるような一家のむごたらしい光景しか浮かばなかった。


事態が好転したのはそれから一週間もたった頃。
すでに台風がさり、熱気が立ち上るアスファルトを踏む季節となっていた。
「で、どうなったのでござる?」
アイスコーヒーを前に拙者が尋ねる。
「喜べ、納期が短くなった」
ふんぞり返ったゴージがどうだとばかりに言い放った。胸元にはデフォルメキャラのストラップが揺れている。今日は「魔法科高校の劣等生」の「深雪」であった。
「ほう」
「8月頭には納品が可能になった」
「それは素晴らしいでござるな」
拙者は内心胸をなで下ろした。どうやらお昼のニュースのネタになることだけは避けられたようだ。
「なあ、ZAN、今回俺は結構苦労したんだぜ?」
「フムン?」
「あっちの専務には以前あった貸しでネゴしてさぁ。在庫状況の確認から価格交渉まで」
「うむ、感謝してるでござる」
「で、で、でだな。ここらで一つ未婚のナースさんをご紹介---」
「あ、拙者そろそろ仕事なんで戻らなければ」
「まてっ! てか嘘つけお前もう仕事はねてなきゃここまでこれないだろうが!」
「店の中で叫ぶな! つか二次元だったらいくらでも紹介してやると言ってるでござろう!」

狭い店の中、エアクリーナーのか細い駆動音がかき消されるような男たちの罵声が響き合った。
スポンサーサイト

Comment

引越しお疲れさまでした!
エアコン無しでの搬入は考えただけでクラッときそうですが、無事でなによりです^^

今回はSSにより力がはいっててよかったです~

噂の豪邸に最新型()のクーラーが!!

面白い読み物でしたぞ(・w・)流石です☆


・・・

と・こ・ろ・で


ステキナースさん達のSSが見当たらないのだが・・・はて(・∀・)??

Re: タイトルなし

> 引越しお疲れさまでした!
> エアコン無しでの搬入は考えただけでクラッときそうですが、無事でなによりです^^
>
> 今回はSSにより力がはいっててよかったです~

はっはっはっ。WEBにアクセスできないんでテキスト制作が捗る不思議!orz
これからもごひいきに

…でもこれ、SSって言われてるけど九割くらい実話なのでござるよ?

Re: タイトルなし

ええい、なんでこうナースだと食いつきがいいかな皆w
言っておくが拙者の職場には750ccのバイクを乗り回す長身スレンダーナースさんとか、
眼鏡がかわいいどじっ娘ナースさんとか、バツイチだけどやたらグラマラスなナースさんとかは
いないのでござる。
Comment Form
公開設定