拙者とマイホーム その13

さらば優しき日々よ



えー、昨日、不動産売買契約を無事締結。晴れて不動産が拙者の物になりました。
ふはははっ 始まる、始まるぜっ! ガンダムファイ…借金生活が!!

で、そんな契約の一コマ
仲(仲介不動産)「では、これで契約締結になりま---」
銀(銀行マン)「ちょっと待ったーーーっ!(ガシャーン)」
仲「な、何事です?!」
銀「これを…(ピラッ)」
仲「こ、これは…ZANさん!」
拙(拙者)「な、なんでござる?」
仲「50万足りません(ボソ)」
拙「えええ?!?!」
慌てて計算する拙者。
拙「えーと、不動産の金額がコレでござろう。で、コレに固定資産税の清算金足して、すでに払ってる「内金」引いて、この金額でここから銀行からの借り入れ分を引いて、…この金額でござろう?」
銀「チッチッチッ、足りまへん、足りまへんなぁ旦那はん」
拙「な、なんだと?! 一体ナニが足りないと言うのでござる!?」
銀「あんさん、銀行(ウチ)から金借りといて、<保証料><保証取り扱い手数料>が抜けてまんなぁ」
拙「ゲゲェ?!

銀行から住宅ローンでお金を借りると、連帯保証人がいらない代わりに信用保証会社を付ける必要があります。
この費用が信用保証会社の保証料金、いわゆる<保証料>になります。
この保証ですが、銀行に対しての保証で有り、債務者への保証ではないというのがミソです。


つまり、拙者が銀行に住宅ローンが支払えなくなったりすると、この信用保証会社から請求をされる形になる、ということでござるな。ガクブル

やあ、最後の最後で勉強になったでござるなぁ。
え? このあと? 
もちろん慌ててATMで50万下ろしてきたでござるよ。限度額ギリギリでござった;;
スポンサーサイト

Comment

おお・・・13回目にてついに夢のマイホームが!
色々と楽しく勉強させていただきました^^
あとはもうお宅探訪の日取りが決まるのを待つのみですな?

Re: タイトルなし

> あとはもうお宅探訪の日取りが決まるのを待つのみですな?
い、いや、あともうちょっと続くんじゃよ?
つか、まだ色々手を加えないと引っ越しできないのでござるよ;
でも引っ越ししたら是非っ!!
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。