拙者とマイホーム その10

オシマイリアリティショック




えー、またブツっと更新が途絶えて「返事がない、ただの屍のようだ」になりかけたZANでござる。
いや、住宅ローンのこととかつらつら書こうと思って調べてたらこれが思いの外量が多くなってしまい、
編集に苦労しておりました。

で、そんな中、実際の契約を行おうとしてるのですが担当営業のあまりの対応の悪さに腹立てておりまして
更新が途絶えておりました。

そも事の起こりは先週の火曜でござる。その週の土曜日に銀行の方に来て欲しいと言われ、
上司に頼み込んでA勤をもぎ取り、すわ契約!と意気込んで向かったわけでござるよ。ゴウランガ!

ところが、ついた先では住宅ローン担当者は他の予定があるからと3分でドロン。窓口担当が普通口座作っておしまい。

アイエエエエ! オシマイ!? オシマイナンデ!?

ってなものでござる。なんでも住宅ローンの利率引き下げ条件として口座開設があり、それをするのに2,3日かかるとか。前もって説明しとけ!! こっちは契約だと思って行ったのにとんだ肩すかしでござる。ここまでされる謂われはない!

聞いたところに拠ると住宅ローンは現在あまりにも利率が低いため銀行業務でもあまり力を入れてないとか。
そのため出世コースの行員の腰掛け的な面もあり、今回の担当もそういう輩なのでは?という話。
なんだそのサンシタっぷりは! 
いや、確かに利率低いし、むこうにとってはチャメシインシデントだろうけど、こっちにとっては大事なのでござるよ?
一生涯で一番大きな買い物の一つで、そのための借金なのでござる。
さればこそ、ワンミートワンチャンス。互いにセイジツに向かい合うべきなのでござる。

というわけで提携先である不動産経由で思いっきり突っ込んでもらうことにした。ジヒハナイ。
明日、住宅ローンについての説明の時間をとってもらったのでそのときにどのような対応をしてくれるか
今から楽しみでござるよ。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。