拙者とマイホーム その08

流れ流れて



今回拙者の辿っている物件購入の流れはこんな感じでござる。

購入申し込み  まずは申し込み。この時点でほかの人が申し込んでいればOUT

住宅ローン事前審査 ここで借りられるお金、金利などがわかる。拙者の場合、別物件で事前審査してて、
              その結果がそのまま適応ということでした。

不動産売買契約 手付金(金額の10%)を支払う。結構でかい。

住宅ローン契約 事前審査を元にローン契約を締結。お金を借りて売主に支払う。
           印鑑証明だとか住民票とかいろいろ必要。

物件確認 引渡しの前に内覧して、壊れているところを直してもらう。他の人が内覧しているときに
       壊してたり工務店の不手際でダメ出ししなきゃいけないところとかもあったりする。

引渡し ここがお前のゴールだ。仲介不動産へのお支払いもこちらで行う。



拙者の場合別物件で事前審査通ってたので事前審査をかけつつ契約という流れでござった。
とりあえず借りられるお金がわかってるので、あとはそれを価格から差っぴいて考えるわけでござる。

ここで物件金額に対して値引いてほしいとかあれば、この時にその旨を伝えて自分が支払える額
(指値【さしね】)をつける。

指値がついた物件は内覧を停止して先方で金額について協議される。

その間に他のお客さんからもう少し高い値段で指されると、そちらに流れてしまうのでござるが、
そこは時の運。刺(指)されない程度の金額で入れるわけでござるな。

指値が通れば売買契約を結び、その金額の10%程度で手付金を支払います。
たかが10%と侮ることなかれ、ン百万でござるよ? 束でござるよ? 
正直持ち歩くの心臓に悪いでござる;

売買契約までこぎ着けたらたらもうこっちのモンでござる。

この後諸々準備に入ります。
住宅ローンの申請、それに付随する団体信用保険、登記の手配、地震、火災保険などなどなど。
戸籍謄本用意したり、印鑑証明が必要だったり、委任状書きまくりで大変なのでござるよ。

大切なのは保険もそうでござるな。
建物のための地震保険と、ローン加入時に入ることになる団体信用生命保険。
コレに合わせて今自分にかかっている生命保険の見直しも必要となったりする。
また、住む場所が決まることによって子供の診療にかかるお金も特定出来る。
たとえば大田区だと中学卒業までは通院/入院医療費は免除になる。
学費保険にて診療費込みのプランだったので、そこは見直してしまおうと思う。
また、遺族年金も子供がいると偉い増える。なので死亡時保険金を見直し…。
やること多いなぁ;

利率計算と、返済プランについてはまた後日でござる!
スポンサーサイト

Comment

ちゃくちゃくと進んでますな!
記事を読んでると、家を建てた時のことが思い出されるよ。

住宅ローン審査とかは、ほぼ一瞬だった記憶が。
ウチの会社のメインバンクでローン組もうとしてたら
「あっ、○○様の社員さんですか! なら問題ないですよ!」とか。
少々とまどったけど万事OKだった(笑

Re: タイトルなし

> ちゃくちゃくと進んでますな!
着々と進んでますが、結構行き当たりバッタリでござる。(ぉぃ

いや、今回もどうなることかと。未だに実感わかないところもあったり。
まー、なるよーになるでござるよ、うん;
Comment Form
公開設定