拙者と最低野郎 その02

  • 2013.06.05 21:38
  • Cat:MODEL
さて、HDD故障とかいろいろ合ったのでござるがそんなことは綺麗さっぱりほっといて模型工作の続きでござる。

…そこ、現実逃避とか言わない!


■肩
今回の肝。WAVEから発売されたディティールアップキットは狭まった本体と合わせて、肩にスライド式間接を仕込むことで武器両手持ちを再現することを可能としていました。

これは本体側にボールジョイントを仕込んだりするとそのスペースでコクピットの収まりが悪くなるために取られた措置と思われますが大変画期的でした。ですがこれを再現するとなると工作精度が高くても部品強度的に不安になります。まあ、工作精度もないんですが…。
そこでもっと簡単に再現できないかと工夫してみました。
IMG_051621.jpg

これはその検証用に作ってみた肩ブロックの概念実証モデルです。
ご覧のとおりイエローサブマリンの関節技ダブルジョイント(中)を仕込むことで若干だが肩軸を移動できるようにしてみました。
本体を2mmしか詰めてないのでこれだけでマシンガンが両手持ちできるとは思いませんが、まあ、その一助ということで。
具体的な工作は以下のとおり。
 1.肩側は1mmプラ板3枚を積層し、内部に接着。肩の外側から3mmの穴で貫通する。
 2.胴体側はエバグリの9.5mmプラパイプ[232番]と0.5mmプラ板で間接カバーを作成。
   軸受けには今回関節技軸受けを内側に仕込んだがこれが思いのほか内部を圧迫したため、
   次回はやらないで単純なプラ板積層を内部に貼り付けて薄く作ろうと思います。
 2.上の方式を改めました。コトブキヤの丸ノズル(L)10mm幅を本体側に接着。
   真ん中に穴を開けることでこれと本体側のプラスチックの厚みで十分ボールジョイントを保持できます。
IMG_05192.png

また次の写真で分りますが、肩アーマーの接続方式も検討しています。手前側はよくある後ハメ式。
奥側はフック基部を切り離し、肩の可動軸を新造したタイプ。
この二つを試してみましたが、後ハメ式のほうが楽だし可動粋も広いと言うオチでございました。

■上腕
IMG_0521.png

上下に分割して2mm幅詰め。コレも定番。このさい、肘のポリキャップは瞬間接着剤でがっちり固定しておきますと前腕があとハメした際にぐらつきません。

■前腕
WABEのポリキャップ、PC-02の四角を用いてアームパンチ部分であとハメできるようにした。
ポリキャップを仕込む際に肘あてのあるほうのパーツを若干タガネで削りこんで
やる必要があるが、これが一番楽だと思う。ポリキャップは瞬着で固めてある。
瞬着はしっかり固まるまでアームを差し込まないようにしないと、
軸が白化したり最悪スライドできなくなるので注意。orz

■手首
IMG_052411.png

このキット、手首はタカラ純正のモッサリ版とWAVE新造のスッキリ版がついています。
せっかくですので両方ともいじってみましょう。
WAVEスッキリ版は手首にコトブキヤの球体間接(小)をいれています。
手首側の受け軸が4mmなので3>4変換にエバグリーンのプラパイプを使ってます。

右側二つ、タカラ純正はモナカ仕様なのでヒートペンなどで指モールドを再現してみました。
イエローサブマリン関節技(小)を用いて稼動するように改造してみました。
銃持ち手も指をぐりぐりまげて作ってますが…きれいじゃありませんな;
なにか流用できるものでもあればいいのですが;

■股間ブロック(新造)
WAVEのアップデートパーツが上半身に集中してたため、下半身に手を加えた『拙者版アップデートパーツ』を作ろうという目論見がございました。
で、最初の要となるのが台形になっている股間ブロックの作り直しだったのでござるが。正直最初に作ったものは台形を直しただけで関節技の接続にも手間がかかり、量産には向きませんでした。
そこでプラ板で一から作り直しました。
IMG_05201.png

厚みを8mmで統一し、後部もキットパーツを使わずブロック状にしてます。
股関節ブロックにPC-06とBJ-06の四角い基部を用いるように設計を改めました。
IMG_05251.png

固定は3mmプラ棒を頭頂部に突き立てるとプラモの腰基部にあるダボと合うようにしてあります。
写真のコレはプラ材で作った原型。これを複製します…。

というわけで今日はここまで!
スポンサーサイト

Comment

肩関節、股関節はやはりポーズの幅を広げるには
重要ですな!しかしながらあの二重関節は
強度が怖くて迂闊にさわれませんw

拙者は一向に構わん!(烈 海皇風)

先日見せた際ですなw
いやまあ、壊れることも前提とした概念実証モデルなのでその点は一向に構わないのでござるよw
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。