拙者と最低野郎 その01

  • 2013.05.25 12:36
  • Cat:MODEL
ガンダム:アムロとシャアがたたかう話
  エヴァ:パチンコ
  マクロス:歌う
  ギアス:知らん
  Zガンダム:主人公がキレっぱなしの話
  逆シャア:シャアがアムロにストーカーする話
  ガンダムW:ヒイロ=宇宙の心
  ∀ガンダム:シャアがアムロにストーカーする話が黒歴史になった話
  ガンダムSEED DESTINY:キラさんが主役寝とる話
  ガンダムOO:俺達がガンダムだ
  ザンボット3:ほとんどが死ぬ
  ダイターン3:主人公が強い
  トライダーG7:小学生が社長する話
  ザブングル:は男の子
  ゴッドシグマ:ワイリーがが裏切る話、あとキラケンかわいい
  バルディオス:明日を救う
  ゴッドマーズ:動かない
  ダンクーガ:シャピロが裏切る話
  ダンクーガノヴァ:ジョニーとエイーダがちゅっちゅっする話
  オーガス:爆弾を爆発させた話
  ビッグオー:交渉してショータイム
  アクエリオン:一万年と二千年前から愛してる
  チェンゲ:虚無る
  マクロスF:姫とランカとシェリルの3P百合アニメ
  ダイ・ガード:サラリーマンが平和を守る話
  グレンラガン:掘る
  真マジンガー:打ち切り
  グラヴィオン:サンドマンが主人公
  キングゲイナー:サラ大好き
  ガンダムX:ティファ大好き
  エウレカセブン:エウレカ大好き
  ボトムズ:アストラギウス銀河を二分するギルガメスとバララントの陣営は互いに軍を形成し、
       もはや開戦の理由など誰もわからなくなった銀河規模の戦争を100年間継続していた。
       その“百年戦争”の末期、ギルガメス軍の一兵士だった主人公「キリコ・キュービィー」は、
       味方の基地を強襲するという不可解な作戦に参加させられる。
       作戦中キリコは「素体」と呼ばれるギルガメス軍最高機密を目にした為、軍から追われる身となり
       町から町へ、星から星へと幾多の「戦場」を放浪する。
       逃走と戦いの中、陰謀の闇を突きとめ、やがては自身の出生に関わる謎の核心に迫っていく。

                                 (2ch:一般人のスパロボ知識より)


というわけで一般人に聞いてもこう返ってくるボトムズよりスコープドッグでござる。

このキットじつはすごいキットなのでござる。

なんと本体設計は30年前(2013年6月現在)。とんでもなく古いキットなのでござる。
放送当時はこのキット、トランスフォマーやZOIDでおなじみの玩具メーカーTAKARAが作っていました。
その後タカラが版権を手放し、ユニオン>WAVEへと版権が移り変わったのでござる。
版権に伴い、金型も渡っていきました。そして30年たった今現在も、WAVEはこの金型+αを用いて派生機を生み出しているのでござる!
そしてその間、恐ろしいことに本体部分の設計は当時から一切変わっていないのでござるよ!

このスコープドッグというロボット、ギルガメス軍用の一般的な兵器であり、量産品であるという設定でした。(一説には総生産台数1億台とか…)
さらにこれをベースにしてさまざまな機体が生み出されています。
昨今のOVAでも派生機が大活躍なのですが、その外観は本体部分はまずほとんど変わることなく、背面の兵装が追加されてたり、せいぜい行っても手足が特殊だったりするくらい。
この設定のおかげでこのキットは非常に長いこと愛されるキットとなりました。
無論それは、元の設計がすばらしかったからに他なりません。(あ、あと最低野郎どもの業が深すぎたってのもあるでござるな)
2007年6月、ついにこのキットから脱却した1/20のキットがバンダイより発売されましたが、それでこのキットが廃版になるわけではありません。
今後も1/24というスケールにおいて派生機を生み出していくに違いないでしょう…。


って、ここで終わっちゃだめでござろう;


そんなキットをなぜいまさら作ろうと思ったか。それは秋葉原でボトムズ放映30周年を記念して行われたイベントの会場限定販売だったガレージキットの発売がきっかけでござった。
このキットですが拙者が行った時にはとっくに売り切れ…。まあ買えなかったけどとにかくスコープドッグはいいキットだから作ってみよう。どうせ作るならこのキットのいいところを拙者なりに取り込んでみようと思ったのでござる。

後日、このキットはWAVEが直販WEBサイトBe-Jで1/24 スコープドッグ用アップデートパーツセット【コンプリートVer.】として発売されてしまいましたorz



なお、今回の作成に関し以下のサイトを参考にさせて頂きました。
ファンタムクラブ
皆様の作例、製作記事
ここはホントボトムズモデリングの大御所で大変お世話になってます。基本的なあとハメポリキャップ化や、幅詰めなどの定番改造を踏襲させて頂きました。いつか自分の作品も投稿したいものでござる。

フィギュアコミュニティサイトfg
皆様の作品
いくつものヒントを頂きました。ことにmagedrive様のボディ攻略は拙者的に理想の方法でした。
これを見たから、スコープドッグを作ろうと思ったのです。

ジャパン・モデラーズ・プレス:線香亭無暗様のやたら模型工作室:WAVE スコープドッグ・アップデートパーツセット編
最後の最後にとんでもなくピンポイントなブログを見つけ、大変参考になりました。ことに足首の構造はそのまま使わせて頂きましたが、新しいことに挑戦できて楽しかったです。

ではそんな先人達に敬意を表しつつ製作を開始しませう。

■頭部
IMG_0468.png

WAVE頭部にバイザーはタカラ製を使っております。
両サイドで1mmづつ、中央接着面で2mをけずりサイズ調整。
両サイドを切り詰めることで頭部とバイザーの隙間をなくすことができますが、これを行うとバイザーがあがらなくなります;微調整必須なのでござるよ。
今回両サイドのモールドが死に掛けたため0.3mmプラ板で新造したが次回はやらないようにしたいと思います。顔が真正面からみるとどうもイビツで;
アンテナは虫ピン+コイルスプリングで作成。
ちなみに基部は横からノコでスリットを入れて、その溝に沿うようにしてピンバイスで穴あけしてから虫ピンを貫通させている。こうすることでナナメにずれる事を防げます。溝は穴あけ後、プラ板(0.2mm)を差し込んで埋めました。

■ボディ
IMG_0509.png

今回最初に躓いた部分でござる;
写真右の何も入ってないほうがキットそのままの幅。左のパイロット付が今回作った改造版でござる。
このキット、仮組みした時ボディの幅が広すぎてすごい箱っぽく映ったので、コレを改善できないかといろいろWEBを漁って見ました。そしたらまあ、出てくること出てくること…皆様イロイロなアプローチでこれの改善を試みられていました。ながでも多かったのは中央の接着面で2mmから4mm幅詰めすると言うものでしたが、これをやると
  1.胸部のみならず腹部も狭くなりすぎる。そのため腰下のアーマーまで切り詰める必要が出てきて
    全体的に胴体ガリガリ君・手足マッチョとなる。
  2.ボディが狭すぎるとコクピットが入らなくなる。
といった弊害があります。これをクリアするため、fgのmagedrive様のアプローチを採用しました。
工作は以下のとおりです。
  1.胸部・腹部を上下にカットして腹部はそのままに胸部のみ左右で1mmづつ幅詰め。
    (本体強度が著しく損なわれるため接着時には補強が必要。)
  2.ハッチの開閉ステーはプラ製からプラサポPC02の軸受けを用いて変更。
    (ここは後日詰める必要がありますな)
    シャフト部分は本体付属のポリパーツ用ランナーがちょうど2mmなので採用。
  3.腹部ハッチはあとハメにするために真鍮線を渡したが、考えてみれば
    内側からはめてやれば必要のない工作だったと気づく。orz

この加工でギリギリですがパイロットも乗せることができました。
左右の内装パーツは肩関節軸の辺りだけ切り落として新造してます。
これは腕の加工のせいなのですが…次回はやらなくてすむかと;

また今回腹部正面パーツも下の写真で分かるとおり、接合部が悪く切り落として新造しました。

IMG_05272.png


いや、それというのもパーツの合いが悪くて…
お湯で煮たら縮んでしまったのでござる!…さ、30年前のキット恐るべし;
腹のラインモールドはエバグリーンの1mmハーフラウンド[240番]で新造しました。


■腰
IMG_0512.png

股部分形状が正面から見ると逆台形だったのでこれを長方形とするべくプラ板で新造。
股間側は関節技(大)の受けの軸側をできるだけ削り落としたものを貼り合わせてる。
6mmのプラ板積層で股間ブロックを新造。既存のものは切り落とし、
腰ブロック天頂から3mmで貫通させ固定している。
装甲版の軸受けは1mmプラ板で作成。軸部分の隙間は1.3mm。
ここはモデラーズ・プレス・ジャパン様の製作記事を参考に作成させて頂きました。


■太もも
IMG_0510.png

関節技(大)の受けをこちらも仕込んであります。
基部にはポリキャップを配したが次はやらないと思う。
コレをやったために返って間接が弱体化しました;
次回はBJ-06プラサポ1の四角い台とポリ製のBJ06を用いて股関節を作る予定。
受け軸はダブルボールジョイントだが既製品ではリーチが長すぎるため、通常の片側のみのジョイントの軸を3.5mmにカットし、プラサポBJ6のボールを接着。

後日、作ったんだけど納得いかなくてもう一度作り直しをすることになります…。orz

■脛(標準版)


膝ブロックを一旦切り落とし、フィンをプラ板で新造。
1mmプラ板の間に05mmを挟んだんだが…全然見えない;
間接は定番のポリジョイント化をしてあります。
ポリジョイントの向きを逆にして差し込むことで左右の遊び幅を殺しています。
ここもファンタムクラブ様の製作指南のおかげでございます。
使用したポリジョイントはWAVEやコトブキヤではなく、別メーカーのもの。ポリの内径があうのがコレしかなかったんだが…
コレどこのメーカーだろう?; 先端が丸いヤツなんですが。

■足首(標準版)
IMG_0511.png

モデラーズプレスジャパンの記事を参考にスライド軸受けを作成してみた。
当初はスライド部分の渋みなど、不安もあったのですが思ったよりもイイ感じ。
ただこの格子が破損した際にメンテナンスが難しそう…。そのときは諦めて脛分解でござるな;

接着面での2mm幅詰めはもはや定番。とのこと。
つま先もポリキャップ化。プラサポの3mm軸を用いて延長し、コトブキヤローリングジョイントを用いている。
つま先の受け軸は若干長めにして引き出すことでより大きく曲げられるようにした。
が、足首カバー(茶色のプラ板で作ったくるぶしから上の部分)を作ったところこれが干渉してほとんど曲がらなかった。orz

あと、足首のアーマーはフチがナナメに切れているので一旦切り落として1mmプラ板を貼り付け、加工してあります。
IMG_0473.png

とりあえずココまでの製作でこうなりました。
IMG_0501t.jpg
左腕が白いのは間違えてデザインナイフで傷つけちゃったので綺麗なパーツを複製してあるだけでござる。


ボディの写真を更新しました。
各項目の頭に■をつけました。
スポンサーサイト

Comment

ボトムズだけ優遇しすぎ(笑

というか・・・
途中で何がなんだか分からなくなったでござる(爆

だいぶ進みましたね~^^
ほぼ組みあがってきました!
さすがなのでし^^

それにしてもすさまGボトムズ愛・・・
愛があふれております^^
どうりで最近あまりみかけないと・・・・w

あまり知らない話だったんですが・・・プラモデル?を組み立ててたんですね(^∀^)
いつかZANさん自身のキャラのプラモデルを・・・・

後は装甲版の裏打ちやモールの追加、ショルダーのディティールUP、手の新造etc..それに搭乗する1/24スケールリアルZAN兄の作成っと・・・。拘ると際限なくなっちゃうけど、元がホントいいキットですから、あんまりいじりたくもない(活かしたい!)って言うのもありますなぁ( ´∀`)

PSO2内でも言いましたが私は湿地帯用改修機「マーシィドック」LOVE☆ですw

コメントありがとうございまする

こんな更新たどえまくりなブログにコメントありがとうございます;
リードマン殿
そんなに優遇してないでござるよー。
模型工作記事なので用語とか名称とかってわかりづらいですな;
もっと分りやすく見やすい記事を心がけます;

まやみん殿
や、やだなぁそんなに愛してませんって…まだまだ…クックックッ。

裏漆殿
ええ、子供の面倒も見ずにこんなことばっかでござる。
せ、拙者のプラモデル!?  …いいかも(ぁ

しあ殿
さすがわかってらっしゃる。次の更新はたぶん腕から攻めるでござるよー。
マーシィもいつか組みたいでござるな。
個人的にはショートマシンガン大好きなのです。

はじめまして足跡からきました
PSO2ブログかと思ったら素敵な1/24スコープドッグがあってビックリw
24タコは自分の理想像つくるのが楽しくて未だに色あせないキットですよね!
これからも製作頑張ってください!

Ship7で遊んでたりするのですが時間がなくて全然育ちませんw
いつかShip3に遊びいきますので色々教えてください!

ひ、ひええええ;

べ、紅緒さま???
ま、まままさかあの紅緒さま?!
なんという感激ガクブル。

> PSO2ブログかと思ったら素敵な1/24スコープドッグがあってビックリw
> 24タコは自分の理想像つくるのが楽しくて未だに色あせないキットですよね!
> これからも製作頑張ってください!

がんばりますっ もう超がんばりますともっ。
ぢつはちょっとだけ進めてたんですが、マイホームのほうに注力するためPSOと共に封印してました。
これから漸く再開です。
あ、ラビのソリッドシューター送って頂きありがとうございました(爆

> Ship7で遊んでたりするのですが時間がなくて全然育ちませんw
> いつかShip3に遊びいきますので色々教えてください!
こちらも最近全然ご無沙汰してますがよろしければご一緒させて下さい。
7月末には復帰予定です;w;
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。