さて、どうしたものか

今日はちょっとだけ、まじめな話でござる。
先日、PSOBBのEP4でID別レアアイテムドロップテーブルが期間限定で変更になっていた。と書いたのだが、それが永続になった、というアナウンスがあった。
様々なところに衝撃を与えた形になったようである。そらそうだ。いままで全然でなかったレアが一挙大放出状態。それが期間限定であれば「このときこそは!」と皆でこぞって参加するイベントにもなる。
が、それが永続となると話は変わってこよう。
そこらへんの憤りについてはELD殿のページに詳しい。彼の御仁のおっしゃるとおりなのでござる。
(トラックバックはELD殿のブログから頂いてます)
冷却期間をおかれるというのももっともな話だと思う。
そこで拙者はどうするか? 自分のことを考えてみた。
結論は「なにも変わらない」ということだ。

お祭り騒ぎだったあの14日間、あれはアレで楽しかったではないか。
祭りは終わった。永続になる、といわれても魅力を感じる部分とそうでない部分があるのは否めない。
もともとのテーブルのドロップ率は余りにも悪すぎたと思うし。

まあ、個人的には「どうでもいい」「むしろマシになった」程度かも。というのが実際のところ。
さすがに限定期間ほどはドロップ自体の確率がないようだし。

今回の一件はたしかにユーザーを裏切る羽目になってしまったと思う。いままで血道を上げてレアに挑み、玉砕していた日々。艱難辛苦を乗り越えてようやくレアを手に入れた時の感激。そういった思いを踏みにじった。失望したユーザーのPSO離れ、コレが一番の問題だと思う。
最初の告知の段階で。ああした期間限定のイベントとせずにおけば、また話は変わったのではないだろうか?
「以前から問題視されていたドロップ率を見直すため、テーブル自体を更新したい。ついてはユーザー感謝の為、変更後一定期間のみ、ドロップ率をさらにアップする。」そのような告知で最初からなされていれば、ここまでの拒否反応は起こらなかったのではないだろうか?

PSUの発売時期延期も絡んでるのではないかという憶測もある。
とかく後発のゲームのためにないがしろにされるのではたまったものではないと思う。
そうした思いからPSOに対して醒めてしまうユーザーが出ても全く不思議ではない。つか、おこってるし(汗。

真実はわからない。だが事実としては、そうした事態が起こった、ということだ。
だがそれは拙者自身にはどうでもいいこと。なのである。なぜか? 拙者自身がそうしたIDを狙って作ってないキャラだというのが一点。RPGとしてござる口調のHucastを楽しめればいいというのが一点。
なにより楽しい仲間たちがあそこには居るというのが一番の点だ。

だから、不満に毒を吐きつつ、同調したり、なだめたり、傍観したり、あおったり、それでいいのである。
まあ、レアドロップはおいしくなったのだ。頂けるものは頂いておこう。(ちゃっかりと)


あ、あと、ドロップ別IDでキャラ作ったって憤慨話もあるけど、PSOの場合、その目的IDのキャラで部屋さえ作れば、その後キャラクター交代で入れ替わっても問題ないので、最悪トモダチに部屋作ってもらって…という手は使えたりするんだよな(爆



なに? 友達が居ない? それはおぬし、オンラインゲームの楽しみ方を間違ってると思うぞ?(汗

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定