拙者と車検orz

えー、先日、久しぶりに車にて外出しようとしたところ、…ミラー角度直してて気がついた。
車検きれとる…。
そんなわけで車検を通すために色々と調べた。
まず、車検が切れた車は動かすことが出来ない。もし発覚した場合、6点。…一発免停でござるな;
仕事柄バイク移動が緊急手段な拙者として免停は困るのでござる;(いや、そうでなくても困るんだが)

なもんで、まず、車両をレッカーで車検申請出さなきゃならなくなる…わけではござらん。
ここで奥の手として存在するのが仮ナンバーでござる。
仮ナンバーを申請する事で数日間その車を運転することが出来るようになる。
費用はたった750円。

で、仮ナンバーを申請するには自動車税の納付証明書が必要になる。

…どこにあるのだorz;

幸い納付証明書は再交付が可能。調べたところ軽自動車の場合区役所が担当とのこと。
当然、お役所仕事だから平日日中に行かなければならない;

幸い来週月曜をバイク整備の為フリーにしてあったのでそこでやるしかないか…。

んで、仮ナンバー取ったら車検整備かけて…というわけで、事前に行きつけの整備工場に電話した。
この工場、町中にある一見普通の工場だが実は…ということはなく、ホント普通の工場である。
ええ、ホント、普通ですよ? 某ガソリンスタンド直結チェーン店なんかと違ってちゃんと板金でへこみ直すし、表面ゆがみ取るのにお湯掛けて調整するし。純正パーツ中古でいいって言ったら廃車から手配してくれるし、フツーフツー。

で、事情を話したところ預かるのは構わないがちょいと事情があって、しばらく時間がかかるとのこと。
こうなると仮ナンバーは申請日から数日しか持たないので月曜に全部手配するのは難しい。
工場長殿、一体何があったのでござる?
「ぎっくり腰やっちゃって…」
それはもう、お大事にとしか言いようがない。
「車は準備が出来次第、若いのに取りに行かせるから、車検証とか納付証明とか、全部突っ込んどいて」
言われた拙者は頷くしかない。
うう、しばらく車使えない日が続くのか…。
「あ、車検整備どこまでやっとく?」
最低限でけっこうでござる。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定