PSO食いしん坊万歳(マンセー)01

その日、拙者が部屋を整理していると古いアーカイバの中からあるものを見つけた。
「ふむ、これは…」
そう、それは過ぎ去りし遠い過去の思い出。はるかな記憶の断片。途絶えることない千年紀のーーーとと、なんか別の電波を拾いそうになったぞ?
しかしこれがあればハカセたちに拙者のことを証明できるな…。
そう考えて、拙者はそれを手にしたまま、行きつけの喫茶店ハイランドへ向かった。

「で、そのファイルがなんだって?」
ハカセが怪訝そうに尋ねる。
「いや、だからこれが、拙者がフードハンターだったということを証明する品なのでござるよ」
拙者がふふん、と鼻を鳴らすと、ラファエルとアスバルがひょいとそのファイルを持ち上げる。
「じゃ、なんか食材の詰め合わせでもはいってんの?」
「あれだ、きっとレシピかなにかが詰まってるとか」
「…ラフ、アス、そうではござらん。ええい、とにかくみればわかるのでござるよ!」

■第一回 ヒルデベア鍋

皆さんこんばんわラグオルの郷土料理を紹介するPSO食いしん坊万歳(マンセー)。
本日は森の栄養満点のヒルデベア鍋です。では、講師のTatsu@先生、よろしくお願いします。

「よろしくお願いします」

では早速料理に入りましょう。

「…AYUさん」

はい?

「その大剣は料理には向かないのでは…?」

そんなことないよー。

「…そうですかー」(基本的に女にアマイ(爆))

では、まず材料の確保ですね。

「はい。ヒルデベアは種としての個体数も少なく、生息域も限られている貴重な食材です」

では、現地調達員のZANさん?

『ZANでござる。 ガフ』

がふ?

『た、ただいまヒルデベアと交戦中出ござる世』

「誤変換w」

もしもーし、誤変換が多いですよー。

『・・・・・・』

あ、あれはショートカットだから問題ないみたいですね。

「いや、それはいいんですが」

『ふううう』

あ、チャンネルが回復したようです。ZANさん?

『こ、こちら材料調達班』

ああ、ZANさん、ヒルデベアは取れました?

『・・・・・・』

あれ?

『やっぱり無理でござるよ』

ええー。そんなー。ZANさんが材料持ってきてくれなきゃ。この番組成り立たないじゃないですか。

「そうですよ。ラグオルの森の王様といわれるヒルデベア、その中でも特に首の味は絶品なんですからここはそう簡単にあきらめてもらいたくないですね」

え? ヒルデベアの鍋って、首で作るんですか?

「天然のダシが効いてますからね。おいしいですよ」

はー、それはZANさんにはぜひともがんばってもらわないといけませんね。

『…そんなこといわれてもでござるな』



『Lv.91で一人でUltってのはちょっと…無理が』

「OKOK」

あ、これもショートカットですね?

「なんとかなりますから、がんばってください」

がんばってくださーい。

『そうかー』(基本的に女にアマイ(爆))

そうそう

「OKOK」

『では、参る!』

「ごー」

『(ガツンっ「ぐおぉお」グシャ)』

……

「……」

『…シクシク』

えー、ではPSO食いしん坊万歳(マンセー)。また来週もみてくださいねー

「んっが、くっくっ」



「「「「……」」」」
「ああ! なぜ皆無言なのでござる?!?!」

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定