空色ラプソディ

先だって、使い魔ネコマタに新色(空)が追加された。
使い魔はどれも入手するためにちょっとした(?)イベントをこなさねばならない。
正直中にはとんでもない労力を必要とするモノもある。藍とか茜とか;
拙者とよぞら殿、そしてwickedが一緒に取りに行くことになった。
※今回・以下にネタバレを含みまする。まだ空とってない、自力で取りたいという方は
読まないほうがいいかもしれないし、読んだほうがいいかもしれません(ぇ

一日目 九月二日:22時22分集合 23時42分終了
今回はアクロニアの東掲示板が出発地点であった。
貸本屋(そんなのがあるとすら知らなかった;)の依頼で古い本を調べようとすると
装備してたネコマタが騒ぎ出し…。
気がつくと拙者たちは本の世界にいた。これなんてツ●サクロニクル?
そして内容は魔王退治。主人公はもちろん拙者たち。
魔王は…なんとか退治。で、一旦本が終わり、出てくるとネコがうるさいので一旦街に戻って
例の人に話を聞くことに…。
聞き終わったあと、また貸本屋に戻って本の世界に入り、ネコ解説付で魔王を倒すと、
空げっと、となるらしい。

なるらしい、というのは実はまだとってないからでござる。

というのも実は二週目の初めにレア服として、アクロニアコートというのが手に入る。
これの色指定がじつは装備してたネコで変わるので、皆色々とネコチョイスして自分の
好みのものを模索しているのであった。
一番人気はファミリーマート限定色であるネコマタ(緑)。通称ファミマタ。
これは所有者が少ないため、数量的にも絶対数が圧倒的に少ない。
1アカウント1個しかネコマタは取れないため、一発勝負、と思われていたが、実はココに
落とし穴がある。
二週目の最初でコートを貰った所本を読むのを辞めると、別キャラで1アカウントで3着、コートを手に入れられるのである!(ネタバレの白字)

んで、それを確かめるべくまずは斬奸・wicked・よぞらがチャレンジ…成功!

しかしここでタイムアップとなり、続きは翌日へと持ち越された…。

二日目
そして翌日。こんどはアタウアルパ・IDOLA・ルチェッタが挑戦!
対魔王戦闘がきつかったが、アタウアルパはなんとかクリアした。ちなみにルチェッタ殿は余裕。
だがここで、IDOLAが痛恨の失敗! なんと魔王の魔法攻撃一撃で死亡してしまったのだ。
「どうする?;」
ということで急きょ拙者のブリーダーブローチとアイオーンを用いて戦闘をすることに。
HPを回復薬で強引に巻き上げつつ、アイオーンでなんとか魔王を撃破することに成功。

だがさすがにそこでタイムアップ。残る拙者とルチェッタ殿の分はさらに翌日、となった。

最終日…。
拙者の所は鋼屋が、ルチェッタ殿の所は黒妃殿が受けることになった。
ちなみに互いに初顔合わせ。そして黒妃殿はななんとなんと、Lv28ドミアチャ♀!!!!!!
拙者、知り合いで同族で同職で異姓って初めて出会った;

はっきり言ってドミアチャの人口数はとんでもなく少ない。まあ、VIT補正のまずさから言って
まず造らない。最初拙者がこの職を選んだのも単純に「プレイ人口が少ない」「リングにいない」と聞いてのことだった。
だからまず少ないことは判っていた。弓が過酷な職だというのも聞いていた。
実際フタを開けた所、とんでもなくきつかった。金は出て行く一方だし、非力だし、HPないし。
だがそれでもその外見もかなり気に入っているし、遠距離攻撃というのは体験したことが無かったので新鮮であった。
しかし、しかしだ。
その辛さはこのブログの随所に表れているでござる。まるでこれでは拙者、咬ませ犬ではござらんか?
そう、たとえるならギロロ伍長とか、デコーズ・ワイズメル(あ、これは第一部限定か?)とか、ロード・ブレイトゥとか、イイルクーンとか、チェスターとか…そういう役回りではござらんか?
…ちょっと感情的に書きなぐってしまったが…まあ、誰もついてこれないだろうからよしとしよう。

とにかく。まあ、そんなわけで鋼屋でINして目的地に移動しているとPTチャットで黒妃の声が聞こえた。
「ああああ!」
何事かと思って尋ねるとぽつりと一言。
「Lv30から、みたい;」
なんと、ネコマタ(空)入手イベントはLv30に達してないと発生しないというのだ。

こうして、新ネコマタ騒動はぶっつりと切れた。もしかしたらまた新しいネコマタが追加させると、コートの色が追加されるかもしれないしね。

だが問題はそこではない!それこそそんなの関係ねぇ!と叫びたくなる事が。

翌日、黒妃はアチャを辞め、エクスプローラーにて再スタートされた。
黒妃談:「いやぁ、アチャ辛過ぎてw」

拙者 ちょっとハートブレイク(おろろん)

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。