ムスカ、素麺に死す

さて、先日告知した通り、右手に火傷をおってしまい、暫く筆を休めていました。
皆様からは色々と「どうした?」「なにした?」「ザマァミロ」などと大変温かい言葉を頂いてるわけでござるが、
その度に説明しようとするとエライ大変なので、ここで事故とその経過をお伝えするでござる。

事の起こりは晩飯時。
素麺を茹でてた拙者はいつものように片手柄の笊に麺を茹で上げようとしてた。
どばー。
いつもより余計に上がる湯煙。冬も近くなりめっきり冷え込んできたからな、と思いつつ注ぎ続けると目の前がマッシロになる。そう、眼鏡が曇ったのだ。
「眼が、眼がぁぁ!」
と、おろおろしているとそのまま
どばー。
勢い翌流れ出した麺が、湯が、勢い余って右手にぶっかかった。
「~~~~~~~~~~~!!!!」
全身の毛穴が開いた感覚があった。
人間こういう時は冷静な物で。まずすぐに手を放すことをしなかった。
きちんと全部の麺を笊にうつし、それをボールの上に置いてから、
奇声を上げることも無くそのまま洗面台まで移動。
流水に手を晒す。
火傷の時は1にも2にも流水。溜め置きの水よりも流水の方がいいのは溜め置きだと水温が上昇してしまうから。また氷など冷た過ぎる物も厳禁だ。
とにかく冷やし続けること30分。まじまじと見ると手の大きさが左右で違う。
右手の方が一回り大きい。火傷だが熱いというよりも痛い。ことに指関節がひどく痛む。雛見沢村の園崎家に伝わるというアレを思い出させる痛さだ。
とにかく冷やしまくった後、ちょっと流水から放してみる。
放した途端また痛みがひどくなる。どうやら相当深くやったらしい。
そこでさらに30分ほど流水に浸す。はは、手の感覚がおかしくなってきた。
かなりやばいなーと思いつつ取って置きの秘薬マツウラの紫雲膏を取り出す。
手首から先にべったりと塗り付けて、その上からキッチンペーパーで包み込む。
さらに冷凍庫から保冷材をとり出し、それで手のひらと甲を挟み込むようにして冷やす。保冷材が溶け切るとまた次のに取り換える。
そんなことを3,4回繰り返してると漸くひりつく痛みが耐えられる程度になったのでそのまま就寝。

翌朝。日曜。ひりつく痛みは未だ消えない。指を曲げるとひどく響く。
紫雲膏を塗り直して見てみると、薬指付け根、中指との間に一辺が12ミリ程の正三角形の火膨れが出来ている。水疱になってしまったようだ。
ライターで針を焼き、水を出す。その上からまた軟膏を塗布して保冷材で冷やす。
あれだけの熱湯を浴びてこの一ヶ所だけですんだのだから僥倖といえるだろう。
あまり深くなければいいが。

三日目、水疱になった部分以外は大分よくなった。関節の痛みも引いてきたようだ。水疱は日に何度も針で刺しては中身を逃がしている。

四日目、まだ水疱が残っているが、思い切ってデザインナイフで切り込みを入れて潰す。膿が出てきた。

五日目、すでに火傷は水疱以外は感知している。人さし指の甲が薄皮一枚駄目になったくらいだ。水疱は紫雲膏を塗布した後、ティッシュを宛てがい紙テープで巻いて固定する。絆創膏では面がたりないのだ。昨日潰した水疱からは際限なく膿が流れ出しているようなので定期的にこれを交換する必要が有る。

六日目、今日もまだ流出が止まらない。

七日目、一週間経ったので水疱の皮を切除することにした。このまま回復すると醜い皮膚の突っ張りが残ると思ったからだ。
切除したところ、2ミリ程の深さの膿汁に、再生途中の皮の切れ端が埋まっていたのでそれも切除する。これがこのまま固まるとやはり醜い形になる。
ちょっと勿体ないが、さらに下の層から奇麗な真皮が再生されるようにする為だ。
奇麗に切除した後、綿棒で紫雲膏を塗布する。激痛が走ったが顔をしかめる程度にしておく。また感染症が怖いので念のため抗生物質を飲んでおく。

八日目、まだ痛むが塗布を繰り返す。体液分泌は止まらず、まだ流れ出しているようだ。

九日目、体液分泌が緩やかになる。もう少しだ。

十日目、止まった。紫雲膏を塗るとまだ痛む。

十一日目、少しかゆい。かゆ、うま(違

十二日目、事故から二週間経った。まだかゆい。ひりつく感覚が有るが皮膚の再生は順調なようだ。包帯変わりに巻いてたティッシュと紙テープを外し、外気に晒してみる。感染症が心配だったがどうやら問題なかったようだ。

十三日目、大分肉が盛り上がってきた。切除した皮の切り口も薄く硬質化している。

十四日目、キーボードを打つ事が出来るようになった。

と、こんな感じでござった。いや、ご心配おかけして申し訳ない;

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。