拾ってしまった…。

うーむ、アンドロイドも歩けばなんとやら…。千吏殿のブログ更新を眺めていたら
バトンを拾わさせられてしまった…。
拙者のことなどもう周知の事実なので、ここはアタウにでもやらせるか。
「……俺か?」

オリキャラ「実は…」バトン
ルールは簡単です。
回してくれた人が指定したキャラについて、
明かされていなかった「実は…」な隠されたプロフィールを明かしちゃいましょう!

「明かしたら隠してる意味が…」
はいはい、明かしちゃいましょうね。
■回してくれた方は誰ですか?
千吏さん。

■指定されたキャラをフルネームでどうぞ。
アタウアルパ(指定がなかったのでこちらで決定)

■そのキャラの生みの親暦は何年?
えーと、TRPG用キャラとして誕生したのが…げ、18年前だ。
で、小説用キャラとして起こし直したのが16年前。
ECOキャラとしては半年くらいかな。

■手、かかります?
口調が「口数が少なく、端的に物をいい、無駄話をしない」という設定でした。
その為小説内でも狂言回しが出来ず、なかなかストーリー展開を
テンポよく出来なくて苦労したおぼえがあります。
ECOではなかなかそうしたキャラというのは演じ難く、中の人の技量不足を痛感する日々です。

■では、そのキャラの基本的なプロフィールからお答え下さい。
ECOでは設定ぶち壊し状態なので、恥ずかしながら小説版から。
放浪の魔法戦士。幻属の魔法剣士にして剣技・幻王剣の使い手。
寡黙にして沈着冷静な青年だが、そのウチに抱えた懊悩は激しく、
溶きとして自分を抑えられなくなることもある。
そんな自分を弁えるている為、極力他人と関わることを極力避けている。
形容:銀細工・鋼の彫像・白刃(硬いが脆いイメージ)

■では次に、「実は…」なプロフィールを。
実は彼が使う剣技は一代一継承者しか居ない物。現在は彼が継承者になっている。
本来はその剣技と対になる器(いわゆるマジックアイテム)である剣があるのだが、それは過去に紛失してる。
継承者である彼はそれを探索する義務をもち、流れ者の戦闘士として旅を続けている。
辺境のとある町で受けた依頼から、彼は三元神の一つ、魔王と関わりあうことになる…。という設定でした。

■ではでは、このバトンで初めて明かす、キャラの「実は…」を1つどうぞ。
ECOで2nd始める時に斬奸があまりに成長率が悪い為、「強い」「金がかからない」「単独行動可能」という
ところで槍が選ばれました。「単独行動」とダークストーカーという二次職がアタウアルパのつかう
幻属の魔法に近かった為、彼が採用となりました。

■指定されたキャラの誕生秘話ってありますか?
これはテーブルトークの際の話になりますが、PTが6人で前衛のキャラが少なかった為、前衛も後衛も
できるオールラウンドタイプを目指して創造しました。
当時のシステムは魔法の概念はあっても、細かい術自体は自分たちで創造しなければならず、
彼とセットで魔法も山ほど作らされました。
幻属性の為、物理ダメージ系の魔法はほとんどなく、音を捉え、再生したり、姿を消したりと
かなりトリッキーな物をわんさか思いついてはGM(ゲームマスター)を苦しめた覚えがあります。

■お疲れ様でした。最後に次に回す人と、その方のキャラさんで隠されたプロフィールを
知りたい人を指定しちゃって下さい。

ではまだ指定が入っていないようなのでハカセ。『ウィケッド爆誕秘話・ズバリ隠し子は何人?』でお願いしまするw

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。