G.S.S.製1/144ストライク 04

ディティールアップパーツってなんであんなに高いのでござろう? やっぱ需要か?

頭部の改修その2
えー、ためしにスミ入れをしてみた所頬のスジ彫りが甘く、スミ入れが上手く出来ず、またリカバリーも出来なかったので断念したと書きましたが…あっという間に思いつきました。
拙者、スジ彫り=ケガキ針という固定概念に固執していたため、もっとも単純な方法を忘れていたのでござるよ。
A.単純にデザインナイフを差し込む。
直線的なスジ彫りで、なおかつ上下から差し込むことで難なく線が入れられるため、この方法で正解でござった。はっはっはっ(汗
1/144とスケールが小さいため、この程度のラインでえらい引き締まりまする。

それから、もう一点、側頭部のダクトとバルカン砲(イーゲルシュテルン)周りでござるが…ここもキットのままスミ入れしようとするとどうしても汚くなってしまいまする。
そこで…思い切ってバルカン砲のモールドを切り落としてしまいました。
これで後からモールドを再接着。というのも考えたのですが、それではあまり芸がないので…WAVE製C-パイプNo.1という市販の真鍮パイプで新造してみました。


これが切り落とした所と差込用に用意した真鍮パイプ。外径は0.9mm。長さは5mm程度でござる。穴は深さを4mmほど掘り申した。
パイプを差し込む前にスミ入れを行います。フチのスミ入れの境界線の所もデザインナイフで切り込みを入れておいてやると、はみ出した部分を除去する時に目安になるでござる。
この大きさだとエナメル溶剤で拭き取るよりもデザインナイフの刃先ではみ出したところを削り取ってやるほうが簡単でキレイに行きます。
(下地処理をしてない為、下手に用材を使うとレジン表面にしみこんでしまうこともあります)
真鍮パイプを差し込んで、頭部をくみ上げたのが以下の写真。




どうでござる? なかなか男前でござろう?(ぇ
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。