G.S.S.製1/144ストライク 05

ビバ! スパチュラー!!!

先日の写真でもUpしたのですが、重要なリカバリー箇所がありまして…それをどうしようかとずいぶん悩んでSCYTHE様にパーツを請求させて頂けないかどうかまで相談差し上げた所、残念ながらこのパーツに余剰が無いとの事!orz
でもいろいろとリカバリー方法について指南頂けたので早速試してみる事にしました。

そのパーツとは足首アーマー! このアーマー、足首のポリ軸に引っ掛ける形で固定するのでござるがその為にこちらのパーツには内側に軸受けのくぼみがある…のでござるが、これは逆に見事に盛り上がってる。


こちらがその写真。右のパーツの内側、くぼんでるはずの所が膨らんでるのが分かるでござろうか?

御教え頂いた方法としてはまず、外周をまるっとデザインナイフの刃でスジを堀り、しかる後に平ノミ(細)で内側から掘りこんでいく。そうやって軸受けの外側を作った後、平ノミで底を彫り込んで平にしていく。

まあ、書いてしまうと単純な作業だが結構手間のかかる作業ではあります。
しかしコレをやらねば完成しないとなれば孤軍奮闘するのもやむなしなのでござるよ。




で、がんばって外周を彫り込んだ状態がコレ。
このあと平のみでザクザクと穴を彫り込んで底面を作っていくのでござる。
が、不器用な拙者の事、どうにもこの外周の円のフチが巧い事垂直に削れぬのでござる。
そのうえあまり大きくあけすぎるとぐらぐらになってしまう。何度も途中で3mmポリランナーをあてがって径を確認しつつ作業を進める。
…飽きた(ぁ
なんかこう、簡単にできる方法が無いかなーと視線を上げるとそこにパテ細工で使っているスパチュラ-が…。


つ、使える! すっごい楽でござる!
あっという間に垂直なフチが完成しました。悩んだ時間なんだったんだか;


なんでもSCYTHE様曰く、結構この手の不具合は起こりうるとの事。
皆様もよかったら試してみて下され。

あ、そうそう、この穴の内側も白を塗っておくと組み上がった時ダボの部分が目立たなくなっていい感じでござるよ。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。