G.S.S.製1/144ストライク 06

シールドの攻防




G.S.S.製ストライクの特徴ともいえるこのシールド、完全に打突武器と言った感じの先端が映える、ケレン味の効いた一品である。(鑑定団風)
カラーキャストで完全分割されているため組むだけでとてもきれいに出来上がります。問題は重量と固定方法。
固定方法は接着しちゃうとあとあと修正が利かなくなるので今回は秘密兵器両面テープで組んであります!
真鍮線を通すと保持面が薄いためどうしても裏側に貫通してしまうのでこの仕様となりました。
また腕部への接続ステーですが、キットの物はとてもかっこいいのですが薄すぎてシールドの重さに負けて横に傾いてしまうという点と、肩アーマーに干渉しやすいという点が難点です。
非常に薄いシールドなので中に仕込めるボールジョイントは少ないのですが
ここはWAVEのBJ-03Aを使用することにします。
まず裏側のマウント基部パーツ(G-01)を組んでピンバイスで穴をあけます。




この穴を中心に白いフチパーツ(W-30)にポリキャップを埋める穴を掘ります。
白いフチパーツにある裏側のくぼみの深さをゲージにしてその周辺を四角くマスキングを施し、内側を彫り込みます。こちらだけで深さを稼ごうとすると難しいので
反対側の赤い方(R-02)も少し削り込みます。
キャストはプラスチックよりも柔らかく、彫り込みも刺して力を入れずにサクサクいきますので勢い余って削りすぎないように注意しながら掘っていき、最後にフチを馬鹿の一つ覚えのスパチュラーでかりかりけずって微調整しました。




腕側のステー基部は一旦湯につけて軟質化させ、若干挟み込み角度を深めにしてみました。これでがっちり保持してくれればいいんですが。(真鍮線を埋め込むほうが無難です)
軸受けもBJ-03Dにするため2m径の穴をあけた後、先端を3mmほど切ってジョイントを仕込みました。


今回デジカメの写真が黄色がかってしまったのに撮りなおしもなかったのでカラー調整で赤-20、緑-20、青+40にて調整しました。トホホ。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。