G.S.S.製1/144ストライク 14

アグニを組む!




ランチャー本体。こちらのデザインは電撃ホビー、ホビージャパンの共同企画?で1/60PG作例に採用されたデザイン準拠となっております。
このデザインが秀逸で、伸縮ギミックがデザインの中に生かされており、このキットでもソレを再現する為に一部差し替えパーツが付属しています。
まずバックパックと支持アームです。
こちらも長大な砲身を支えるためしっかりした作りになっています。ほぼマニュアル通りに組んでみて
気になった両端のジョイント部分を改修しました。



1.バックパック側
マニュアルでは関節技(小)となっていましたがパラベラムに変えました。見栄えと保持力UP、そしてボールジョイントの受け軸をアーム側につける事によって軸側の伸展を可能にし、若干引き出し間接風にする事で可動域の拡張をはかったのでござるが
はっきり言ってあまり効果なかった
でござるな、うん;

2.アグニ側
アグニ基部の回転軸がキャスト製だったため、2mmABS軸に置換ました。
 こう、キャストのままだといつ捻切れるかという音が聞こえてたので精神衛生上ちょっと…。

アグニの伸展


上が伸展時、下が縮小時の写真。差し替えパーツは縮小時の下のパーツの取り外しとレールパーツの差し替え。
写真のように伸縮してかっこいいのでござるが…、左右のガイドレールがどうにもダボが微妙にずれてしまったようで収まりが悪いのでござる;
ここはもとから刻印されているダボに頼るだけではなく、精度を出す為にじっくり位置合わせをしてからピンバイスで穴をあけるようにするといいでござるよ。…拙者は間に合いませんでした!

なのでリカバリー
ガイドレールパーツの後方のダボ穴のみ利用することにしました。
方法は単純に後方の真鍮線を残して、前方のものを撤去しただけ。
ぐらつくのがイヤなのでガイドレール側の穴を瞬間接着剤で多少渋目に調整してあります。

はい、完成! お粗末様でした。


って、よく見たら砲身の赤いパーツ落ちてる?! どこいったでござるーーーっ!!!
(後日見つかりました;)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定