G.S.S.製1/144ストライク 16

対艦刀は漢の浪漫


えー、とりあえず前回のオチは投げっぱなしにしておいてソードストライカーパックの作成に入りまする。
パンツァーアイゼン


この小ささで色分けを再現する為に青色の部分が別パーツになっておりまする。
こういったパーツはあえてランナーから外さず、細かい修正を行います。



写真は裏面のダボを残してランナーを削り落としてる所。こうやって繋いだまま作業できる所は
そのままでやった方がパーツの保持が楽になりまする。
で、ある程度修正が終わった物をランナーから切り離し、ヤスリを当てた後、瞬間接着剤(ゼリー状)を少量、爪楊枝で盛りつけてやって接着します。
液状を使わなかったのは溝にそって流れ出してしまうのを嫌った為でござる。
爪側はダボが生えていて本体に3mm穴をあけるとそのまま保持できますがワイヤーアクションを追加するため下穴をあけた後、切り落とし、2mmドリルで穴をあけます。ポリランナーで接続できれば完成でござる。

対艦刀シュペルトゲペール


こちらもアグニ同様伸縮ギミックを差し替えで再現しています。
刃先の差し替えはキャスト製のダボを使ってやるように出来ていますがポロポロ落ちそうで不安なので真鍮線に交換しました。

肩アーマー・マイダスメッサー


手を加えてるパーツは無いのでござるがここで一工夫!
肩アーマーとマイダスメッサー基部の接続ははめ込みで、腕の可動を邪魔しないようになってるのでござるがこのはめ込み部分がえらい渋いという方!
無理してはめ込もうとするとパーツを割ってしまうのでぜひ
ぬるま湯に着けて柔らかくしてから
差し込んで下され。そうすると苦もなくくみ上げる事ができるでござるよ。
・アナザーソードストライク用パーツ
…ここで本日のオチ発生!
G.S.S.製ストライクに接続する時は'G.S.S.製ストライクに付属の'シールドマウントパーツで接続するようです…。
そして、
拙者の左用シールドマウントパーツは06回目の更新で見せたようにすでに改造済み
…ああああ;

なので苦肉の策!


軸をパラベラムのボールジョイント軸で延長しました。(ボールジョイントBJ03のポリ部品だと粘り気が足りないのかポロリと落ちてしまった為。ちなみにボールが肌色なのは肌色が余っていたから)

これでがっちり保持できるようになりました。…右側は…元のままでもいいでござるよな? ダメ? やっぱり?
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。