拙者とPSPo2 その19

ガンガン逝こうぜ!

えー、昨晩はインターネットマルチモードで遊ばせていただきました。
くぅ殿、ハイアームズ殿、小太郎殿、皆さんどうも有難うございました。

さて、くぅ殿は“一人一条さん祭り”の一条さんのキャラ。
ハイアームズ殿は言わずもがな、ダンディ・クールな御仁。
そして小太郎殿は昨日であった我等が先達に当たる。

その日、拙者はMSNチャットで落ち合ったくぅ殿と、ギルカを交換がてらインターネットモードを遊ぼうと部屋を建てた。

場所:ユニバース2
部屋名:惑星ラグオル繁盛記
コメント:この名前にピンときたらオトモダチでござる

しばらくするとくぅ殿がやってきて、合流。無事カードを交換後、潜ろうということに。
「・・・ムッ!」
「どうしたんです?ZANさん?」
「いや、見たことのないミッションが…」

緊急ミッション

「しかもこれ、ドロップ率300%とかなってるでござる・・・」
そう、それはインターネットマルチモードでないと出現しないといわれるレアミッションでござった。
早速拙者たちはそれを選んで“幻影の聖域B”へと向かった・・・。

ソコは間違うことなく我等ラグオルの住人にとって見慣れた遺跡であった・・・。BGMも敵も背景も!
「こ、これは負けられん!!」
さすがに不慣れなフォースで進むのは危険が大きかった為、使い慣れたブレイバーに戻してツインソードを構えて吶喊した。

拙者もLv79となっていた為、さほどくぅ殿の足を引っ張ることなく(それでも迷惑はかけた)、ミッションクリア。戦闘タイプ経験値として256を得た。
「・・・しまった」
拙者は悔やんだ。こんなことならフォースで来て一気に上げてしまうんだったとっ!
くぅ殿もLv80をこえてから経験値が稼げなかったので今回のミッションは非常に美味しかったとホクホクであった。

その後、くぅ殿が風呂落ちしたあと、しばらくぼーーーっとしていると、そこに小太郎殿がやってきた。
土方ルックで・・・。

「え、えーと・・・?」
「ちわー。ラグオルからお届けモノです」
なぜに土方が宅配便? あれはそういう制服なのでござろうか?
「総督からお届けモノです」
なんと、タレイル総督から?!
イロイロと意気投合して話してみると、なんでもドリームキャスト時代からのユーザーらしい。
また愉快な知人が出来たものだと喜んでいたところに我等が兄貴、ハイアームズ殿が到着。
三人で話し込んだ・・・PSPのあのチャットシステムで。
拙者もう入力が涙目; あれやっぱ会話しづらいでござるな。くぅ殿とはMSNチャット開きながら会話してプレイだったけど、そうしたほうがナンボからくでござる。キーボードがほしい>PSP
その後くぅ殿が復帰、一緒に潜るものの回線オチが発生しくぅ殿がリタイア。
その後新たにきたRona殿(・・・う、名前が正直きちんと覚えてない)と一緒に別ミッションへ。
だが最終ブロックへの転送時に通信障害が発生。残念ながらRona殿とはパートナーカードを交換で傷じまいになってしまった;

教訓:ミッション前にパトカは交換しよう!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。