拙者と12/22のできごと

今は亡き、故ハイアームズ殿に捧ぐ(※死んでません)


いやさ聞いて下され。一昨日ある遠き地球からを読んで、拙者の熱いチキンハートに火がついてしまったのでござる。
これはあれだ、チキンだよチキン。チキン竜田でもローストチキンでもなくケンタって気分だ。だがただのケンタじゃ飽き足らない。ここはレッドホットチキンだ。そうだ、たしかクーポンが、携帯サイトのWEBクーポンがあったじゃないか。あれでどうだ?なにかないか?あるじゃないか「チキン4ピース+レッドホットチキン2ピースでチキン4ピースのお値段」が。これだ、これにしよう。そうしよう。
よし、そうとなったら仕事をさっさと終えていこう。なに?残業?こんな日にそんなことができるか。拙者は今チキンが食べたいんだ。あの14種類の香辛料をすり込んで圧力釜を使って揚げるガソリンスタンドオーナー直伝のあのチキンが食べたいんだ。む? 内線? 
俺は今チキンとの関係を完成させるのに忙しい。邪魔をするな。
よし、タイムカード打刻。ここから俺はフリーマン。何人たりとも我が震えるチキンハートを止めることなどできはしない。さて何処で食うかそれが問題だ。やはり熱々をがぶりとやるのがいい。この時期にテイクアウトは死の予感。それに最寄りのケンタは隣駅だ。むしろ買って帰って食うなんてまどろっこしくてできない。とにかくすぐに食べたい。食べてとって返して家であったかいコーヒーでも飲んで一息つきたい。やはり職場近くじゃなくて家の近くの店がいい。ああ食べたい。今行くぞ。ついたぞ。頼むぞ。
「すいません、この『チキン4ピース+レッドホットチキン2ピースでチキン4ピースのお値段』くだされ」
「申し訳ありません。本在庫分がレッドホットチキン終わってしまいました。明日からクリスマス用になってしまいますので今期のレッドホットチキンは当店では終了となっております」
「……」
「………」
「レ…………」
「レ?」
「レッドホットチキンーーッ!!ヽ(´Д`*)ノ」

これは、彼の呪いであろうか?
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。