拙者とPSPo2 その23

全部元ネタ分かった人、あとで職員室まで来なさい。


ストーリーミッションも終わったのでキャラ紹介を考えてみた。

ラグオルで鳴らした俺たち特攻部隊は、濡れ衣を着せられ総督府に逮捕されたが、
刑務所を脱出し亜空間に潜った。
しかし、グラールでくすぶってるような俺たちじゃあない。
筋さえ通りゃ金次第でなんでもやってのける命知らず、
不可能を可能にし、巨大な悪を粉砕する、俺たち特攻野郎リトルウィング!

斬奸「…いや、これ無理があるでござるよ。つーか、拙者逮捕されてないし」

ラグオルのZAN。職業、フォース。正しかるべき正義も、時として盲ることがある。
彼は身に覚えのないメセタ泥棒の罪で死刑を宣告され、護送の途中、列車事故に遭って
辛くも脱走した。
孤独と絶望の逃亡生活が始まる。
ボディパーツを変え、周回に耐えながら、犯行現場から走り去ったメギド使いの男を捜し求める。
彼は逃げる。
執拗なガーディアンズの追跡をかわしながら……現在を、今夜を、そして明日を生きるために。

斬奸「してないっ! そんな罪犯してないでござる!」


リトルウィング所属斬奸はヒューキャストである。
彼を改造しようとしたハカセはなにかを企む悪の天災である。
斬奸はノリとツッコミの為に理不尽と戦うのだ!

斬奸「…本編全然関係ないしっ!」


突如、斬奸を襲った哀しみのプレリュード。
涙の渇く間もなく、太陽王の悪の野望が斬奸を待ち受ける。
運命の嵐に翻弄される斬奸……まだ、Lv14であった。

斬奸「って! ちょっとまてぇっ! これはないでござろう!!」
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。