拙者と2010年

=新年のお喜びを申し上げます。皆様におかれましては益々の長寿と繁栄を…=

はい、年が改まって2010年となりました。あけました、おめでとう。というところです。皆ちゃんと除夜の鐘聞いたでござるか? ご来光は拝んだ?
拙者は多摩川の橋の上からご来光を見てまいりました。寒かった・・・。
こう、昨晩は満月でその月が名残惜しそうに西の空に残っていてな。ご来光も綺麗であったがこの月も大層綺麗でござった。一緒に初日の出を待ってたのだが先に帰ってしまったのが残念でござるよ。

残月の 名残も照らせ 初日の出(詠み人:ラグオルのZAN)

今年は拙者喪中の為。年賀状は控えさせて頂いたのですが、きちんとした通達が行き届かなかった為、数点頂いてしまいました。(あとでお詫びの連絡を入れねば;;)

まあ、それはさておき2010年。2010年といえば巨匠アーサー.C.クラーク氏の『2010年宇宙の旅』を思い出すわけでござるよ。しかも映画版が好き。日本ではあまり受けなかったのだが、拙者的には2001年で消化不良だった所をしっかりと解決してくれてて大好きなのでござる。
思えばあの作品のおかげで拙者、SFというものが好きになったのかも知れんなぁ。

あの映画の公開が1985年。当然映画館になど足を運んでるわけも無く、その後TVにて放映されたのが初見となる。

今年はついに『2001年宇宙の旅』の続編の年に追いついてしまった。じつは映像化されてないので知らない人は知らないだろうがこの作品、まだ続きがある。つぎの作品は『2061年宇宙の旅』。

さて51年後、拙者はどうしているのだろう? 皆様と楽しくやれているといいのだが。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。