拙者とガレキと宣言と

吾思う、ゆえに、ガレキあり

えー、昨日、ハイアームズ殿にレスを頂き、イロイロと思うところあったのですがレス返しするとえらい長文になってしまう為、あえてブログに書き記したいと思います。

今現在、ガレージキット製作レビューを展開していますが、以前にもこのブログではM.S.G.様のストライクガンダムの製作記をUpさせて頂いておりました。

あちらは途中までやらせて頂いたのですが、尻切れトンボになってしまっています。当時引越しが重なったこともあるのですが、その主な理由はガレキ作成レビューに反応があまりにも薄かったからです。

ガレージキットは一般流通と違い手に入れられる所が限られます。そういう意味では万人向けの記事ではないしこのブログ自体模型を扱う頻度が少なく、もっぱらゲームのお話が中心です。(そのはずだよな?? 決して拙者の恥ずかしい体験記ということではござらんよ?)

そういう意味では反応が薄いのはある意味当然のことかもしれません。また製作記事内容自体、稚拙で大して他の人に役に立つようなモノではなかったというのもあります。それなのに、当方としては模型方面の交友層が広がれば嬉しいという思いもあったりしました。

しかしこれらはあまりにも独善的な理由といえましょう。あんな尻切れトンボで辞める理由としては最低だったと猛省する所です。

今一度、ガレージキットの製作レビューを書くことにした理由は、ズバリ「それがガレージキットであるゆえ」です。

前述のとおりガレージキットは一般流通の量産品ではありません。ディーラーの方が、個人で、丹精込めて作られた品です。彼らがそれを作り、量産をかけ、配布してくれることを当然と受け止めてはいけないと思います。
ディーラーの方は自分達が作った作品がどう作られるか、どう評価されるか、どう楽しんでもらえるかというのが一番の感心事なのだと思うのです。

ならば購入させてもらった拙者は、あなたの配布した作品を購入させていただきました、そしてこうして組み立てました。とか、こんなに楽しく遊ばせていただきましたということを伝えていくべきではないかと考えたのです。そうすることが、次の作品に繋げていただくディーラーさんへの恩返しであるだろうと。たとえそれが、どんなに稚拙な作り手だとしても、です。

インターネットが普及した今、情報発信はいくらでも可能です。
ブログなら、購入させてもらったものがどうなったのか、どう工夫して組み立てたか、どう苦悩したかを写真や図を交えて発信していけます。ディーラーさんにもソレを見てもらえれば、と考えました。

また、このブログを見てそのディーラーさんのことを知る人々もいるに違いありません。
それでまた同好の志が増えてくれるのであればガレージキット業界の拡大、安定にも繋がるという・・・遠大な計画だったんだよ!(キバヤシ調)

・・・すいません、やっぱりシリアスだけだと拙者はダメなようでござる。。。

もう一つ、ブログにした理由に拙者なりの転売屋、コピー屋への反抗があります。
ガレージキットは組んで楽しむものであり、転売してコロがすものじゃない。という思いがあります。
販売当日にオークションに倍額で登場とかありえないでござろう…。
そのために拙者は率先して(?)これからも「買ったガレキは必ず組む!」というスタンスを取っ
て行きます。(なかにはどうしても組めず、お蔵入りするくらいなら・・・ということで友人に譲ってしまうものもあるかと思いますが…)

以上、拙者のバレンタイン宣言でござる。(ぉ
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。