拙者と電人ザボーガー その2

ドライバーをぐるぐる回すのはウォーズマンの仕事


さて二回目でござる。
このザボーガーのすごさを思い知ったのが胴体の組み立てだったんですが手足もすごいです。
ただ前述のとおりこのキット、全てネジ止めです。
これは破損、故障した際にネジを外すことで分解整備ができるというメリットもありますがその反面、組み立てる際延々とネジを絞め続けなければならないというデメリットもあります。


図を見ていただくと分かりますがこれは青い二つのパーツを灰色のネジで絞めるという断面図です。
この図のネジ穴が長いと隙間があいてしまったり、ネジ山(ネジの噛みこむ溝のことです)を捻じ切ってしまうという問題が発生してしまいます。ことにザボーガーのひざ下パーツは関節用の灰色パーツ2点を、赤いふくらはぎのパーツで挟み込む構造になっている為、非常に重要です。



そこで下の図で表した赤い部分、ネジ頭の来る方のパーツについては穴の径を気持ち大きくしてネジを回さなくても貫通するようにします。
こうすることで絞めつける相手パーツ側のネジ山を傷めず、短時間でネジの絞め外しができるようになります。

ただしそうすることで今度はネジ頭のある方のパーツを止める為の負荷はネジ頭の引っかかり一点に集中してしまいますので、十分な容積があるパーツでないと最悪割れてしまいます。ザボーガーでいうとハンドル基部がそれにあたりそうです。;

またガソリンタンク部分は赤いパーツと銀のパーツの2点構成になっており、これを裏からフロントフォークの受けパーツと合わせてネジ止めする形になっています。
ここは受け側が銀のタンク上部にある薄いパーツだけになってしまいますのでここもこの加工は避けた方が無難です。
先日バジル氏からコメントを頂いた頭部の修正のように木工ボンドでさきにタンク上銀色パーツを固定してからドリルで穴開けをした方が無難かもしれません。

ちなみに拙者はフロントフォークをタイヤ付ける前にタンクに取り付けようとしたところ、フロントフォークの外側の赤いパーツ、片方折ってしまいました。Noooo!!
タイヤを絞めつけると折れた部分は目立たなくなりました;一安心でござる。
(後日写真を入れます)

それともう一つの失敗は肩のパーツ、ボールジョイントの軸受を埋設する為ドリルで穴開けてたら勢い余って反対側に貫通orz
ここもバジル氏のHPにあったように瞬間接着剤で補修しました。。。
(ここも後日写真を入れます)


こ、こういう失敗が皆の糧になるんでござるよな! なっ!(涙
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。