拙者とテッカマンブレード その04

この斬奸が許せないことは、豚角煮のゆで卵を大皿の中で割ることだ!


さて、胴体の組み立てに行く前に太ももの黄色いパーツを忘れてました。
ここも左右を間違えずに組み込む必要があります。要注意です。


で、取付は接着でもいいのですが今回はもっと手軽な方法を使いました。

その名は両面テープ!!

保持力も高くこうした小さいパーツを固定するのにもばっちりです。
(※ちょいと厚みがあるので場所によっては使えません)

そう、くるぶしの黄色いパーツもこれ使って固定してやればよかったんじゃん…orz

弟作る時は絶対そうしよう、ウン;

で、胴体の組み立て。


ここも黄色い楔パーツが多いです。胸に4個、背に2個。
胸はさすがに両面テープでは保持力が心もとないのと、テープの厚みで浮いてしまいそうなので瞬間接着剤を使って保持します。
胸の赤いパーツは2mmのポリランナーを用いて白い胴体パーツに接続しました。


写真はチョット分かりにくいですが白い部分が胴体パーツで、手前が上(首のつく所)になります。
胴体と腹の接続は関節技を使いますが、この軸受穴が貫通して首の軸受にもなるわけです。
首の軸はキャスト一体成型でボールジョイントが付いてますが、これをカットして市販の3mmボールジョイント棒(WAVEのBJ-03だったとおもいます)を用いています。こうすることで保持力を高めるようにしています。

とりあえず今回はここまで。仮面の下の涙をぬぐえッ
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定