拙者とシンナー

人生には自分を振り返ってみたくなるときがあると思うの。べ、べつに総集編とかでスタッフが楽をしたいわけじゃないんだからね!


仕事が忙しくて模型が進められませぬ。そこで先日起こった悲劇をお話ししよう。
拙者の作業スペースは狭い。3畳分のスペースである。
そんな中、工作、塗装まで済ませる為工具塗料が散乱している。
平日、拙者は職場から戻り、食後に工作をしつつメール、WEBチェックを行っている。
土日は出かけるか、模型いじりをするか、本を漁るかの三択。根をつめてる模型に携わっているとほぼ模型一択になる。

それはそう、テッカマンブレードを作ってて行き詰まり、F2型をチマチマ作っている時のことでござった。

拙者はいわゆる無改修の「ストレート組み」をほとんどしない。が、時折無償にサクッと作ってしまいたくなることもある。
そうなるとわき目も振らず取り掛かり、パーツ数の少ないHGUCモデルだと、パーツ切り離し>組み上げ>部分塗装>トップコートを休日一日で終わらせてしまうこともある。
当初F2型もそうやって終わらせようと組み始めた。
が、組んでいくうちに欲が出て、ああ言った改造を施すことになってしまった。
この段階でシンナーの使う量はほとんどない。部分的に接着剤を使ったのと、どうしても先に塗ってしまいたいところを筆で少々塗ったくらいだ。

だというのにシンナー臭がぬけない。
先日までいじってたテッカマンブレードはまだシンナーを使う段階にないというのに。
はて?と思いつつ10分ほど窓を開けて換気をし、作業を続行。飯の時間と相成った。
作業に根を詰めすぎたのか頭もイタイ。休憩も挟んでぼーっとして、それから部屋に戻る。
戻ってみるとまだ若干シンナー臭がする。
これはおかしいのでは? と思いもう一度確認をするとなんと、

引き出しの中でタミヤ製流し込み接着剤(緑)の瓶が倒れ。中身を盛大にブチまけていた。

引き出しを開けた途端鼻をつくシンナー臭。そしてひどくなる頭痛。拙者は理解した。

あ、頭痛はコレのせいか!

どうやら作業に没頭している間は嗅覚がマヒしてたらしい。かなり尋常でないシンナー臭。
拙者はおもむろに引き出しを引き抜き、バルコニーに持ち出した。外は雨が降り始めていたがなりふり構っては居られない。中身を全部チェックし、接着剤で使い物にならなくなった部材は泣く泣くゴミ袋に入れ、そうでない物はシンナーでぬぐい、引き出しと共に一晩放置。

翌朝、雪の下にうずもれた引き出しを雑巾で拭き、戻したのでござった。

いやぁ、シンナーで気分悪くなったの初めてでござった。
教訓:嗅覚はあてにならない。…トホホ。

ちなみに拙者の使ってる溶剤でワーストスリーが
1.ガイアノーツ製ツールクリーナー
2.メッキ塗装剥離用イソプロピレンアルコール(ガソリンの水抜き剤)
3.流し込み接着剤
でござる。orz
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。