拙者とインフィニティ その07

内容的には三週間も前の内容だけど漸く更新でござる;

さて、今週末もフェニックスで集まることとなり、フルメンバーでのMA参戦となりました。
「その為に用意したのがこれだよ」
コロナ殿が取り出したのはスマートホンよりも小さな黒い機械。なんでござる、これ?
「ふふーん。無線ルーター」
胸を張るコロナ殿。
「えええ! こんな小さいの?」
驚きのniyo殿。
「「でもお高いんでしょう?」」
お約束の拙者とミランシャ殿。

そんなやり取りの後、WEPキーを登録し、通信環境を整えると…立った!電波(アンテナ)が立った!

バリバリと3本、しっかり安定しています。
心なしかサーバーへのアクセスも早いでござるな。
「キャラ飛びも少ないねぇ」

当然ログオンして進めるは前回挑めなかったマキシマムアタック∞2-2∞。

全 滅 !!

な、なんでござるこの難易度は!! 前回やった1の比じゃないぞ;

あまりの難易度に全員愕然とした。
そらそーである。道中で見えないシノワ、ギャランゾの大群にいいようにあしらわれメイトを浪費。
とどめにオルガフロウでコテンパンにやられてしまう。10分内に倒せるかどうかも怪しい;
しかしそれで諦める拙者たちじゃあござらん。
なんといっても、SEGAのハムスターはよく訓練されたハムスターなのだから!!

「基本はチェインね。最低30ってとこかしら」
「ギャランゾには50位必要かも」
「よし、それでいこう」

そしてもう一度全滅!

「き、気を取り直してAからやってみよう」
「そうね」
「ううう」

で、A。こちらはサクッとクリア―。
「なんとあっさり…」
「歯ごたえが無い」
「楽すぎ」

ああ、なんと業が深いのでしょう。
彼らはクリアできたことにちっとも満足できない身体になっていたのです。

と、そんな中、niyo殿が疲れの為一次退避。
そして颯爽と銀河美少年・・・じゃなかったエリートハムスター・ミスター・ハイアームズが参上!
なんというタイミングでしょう。
きっとロビーの柱の影で今か今かと出番を待ちわびていたに違いありません。

再び四人態勢で進み、途中のスイッチがBP回復用の物だという事を教わります。
「盲点だったわ…orz」
ドンマイ、ミランシャ殿。そういうこともあらぁね。
ガンガン進んで最後のオルガ・フロウ戦! これを10分以内にクリアできれば!

そう、最終形態との戦闘である。

ちょ、拙者聞いてないでござるよ?! あれでクリアじゃないの?!
「さっきはここまでこれなかったからねぇ」
何という事でしょう。オジイチャンはやる気満々だったのです。
その後は踏まれるわふっ飛ばされるわ、潰されるは生贄になるわで「町はもう大騒ぎさ!」状態。

結局この日はクリアすることかなわず終わってしまいました。おのれマキシマムアタック!!

-つづく-
スポンサーサイト

拙者とiPhone その12

たんすの角に足の小指をぶつけて生爪がはがれた事があるだろう? それが今だ


えー、というわけでとっても痛いでござる;
こんな大ごとになってるとは思わず出勤してから妙に痛むなと思って見てみたらすごい事になっていた。。。


さて、Appleが新しいOS、iOS5を秋に出すと発表し、一部MACユーザーはAppleStoreは新しいOSX Lionからでないとアプリがダウンロードできないという脅しにあったりと楽しい日々が続いておりますが、そんな中、拙者もOSをアップグレードしました。
iOS4.1からiOS4.3に。

ええ、もちろんクラック済みでござる

今回もPwangeToolを用いてMACでCFWを作成し、DFUモードでインストールします。

もうだいぶこの作業にも慣れました。サクサク進めて20分くらいで終わります。

苦労したのはこの後、Cydiaアプリのリカバリでござる。
通常AptBackUpというソフトを使ってCydiaでインストールしたアプリはリカバリが出来るのでござるが、一部ソフトがどうにもうまくいかなかった為、手入力。
リポジトリも真っ白なので手入力でござった。


え、4.3使った感想でござるか?
うん、Safariが早くなったのがよかったかなぁ。地味だけど。

拙者とインフィニティ その06

天災は忘れたころにやってくる

えー、いろいろ。ホンット色々ありました;
ここで書くような事でないので割愛しますが。よやっと休みが。。。
今回いつにもましてかなり文章が拙いです。何度書いて消してを繰り返しても
今のすさんだ拙者にはこれ以上の推敲が難しい為そのままアップします。

気に入らなかったので全面改修でござる。

多分後から画像は追加すると思う。

<2011/06/06>
前日の晩、拙者はホクホク顔で職場を後にした。
長くつらい日々であったが漸く日曜・月曜と連休を手に入れたのだ!
その前の週も日曜一日。そのさらに前は週の中日で一日。すでに体内時計は狂い始め、拙者の週末の予定は潰れっぱなしでござった。
それが、ようやく人並みの連休を手に入れたのだっ!
こんなにうれしい事はない…と浮かれて帰途に就いた。
そして、今朝。拙者はいつもより早い時間に目が覚めた。
おかしいな、昨晩は遅くまで『Finding Neverland Online -聖境伝説-』(以下FNO)をやり込んでいたというのに…。
あれか、久しぶりにチームフェニックスの集まりに顔を出して皆でマキシマムアタックができるんでそのせいでござるか…って子供か拙者は!

などとセルフ突っ込みしつつ起床したわけでござるよ。
まあ、目が覚めてしまったものは仕方ない。パソコンをつけてFNOにサインイン。でもって寝る前に出店したアイテムの販売状況を確認しつつコーヒーを入れてちびちびやってたのでござるが…不意に携帯が震えだした。

こんな時間に? どこから? と思いつつ画面に映る着信情報は勤め先!

いやぁな予感を胸に電話を取ると、慌てた警備担当者の声が
『姉さん事件です!』
いや、それ違うから。つーか誰がROSE殿でござるか。
『いや、ZANさん実はですね…』

日曜7:45 障害発生

orz

電話を切ってひとしきり頭を抱えた拙者は対応策を検討する。
だめだ、どう考えても拙者現場に行かないわけにいかない;

システムメーカーに連絡を取り、とにかくこれから現場に向かう旨を伝え、
先方からも遠隔操作で状況確認をしてもらうよう依頼する。
それから食パンを一枚焼き、その間にスケジュールをもう一度確認。
うん、半日は潰れた; グッバイッ拙者の休暇…人並な幸せ。

それから愛車パジェロminiを駆り一路職場へ。小一時間かけて到着する。
運転中、システムメーカーから30分後にリモートアクセスできる旨を聞き、
まずは連絡をくれた警備担当に話を聞く。
「カクカクシカジカ」
マルマルウマウマでござるな。承知した。とりあえず現状維持で頼みます。
拙者がそういうとなにやら言いたそうな眼を向けてくる警備担当。
何だろうと思い尋ねてみると、今日は事務員が来て問題のシステムを用いた
作業をやる予定があったとか! なんたることだ!;

対応をせかさねばならないことを考えつつ、拙者は状況を確認する。問題のシステムは
たしかに接続を拒否している。が、通信状況は確立している。
となると原因はまずシステム側にあるはず…。

拙者はいくつかの原因を想定しつつ遠隔操作の端末を確認に行く。
すでにリモートアクセスが始まっており、先方でも先ほどと同様の手順でアクセス不能を確認していた。
その後、サーバーへとアクセスし…拙者と遥か遠方にいるメーカーのシステムエンジニアは見た。障害の原因を…。
その原因についてはあえてここでは言明を避けたいと思う。
それは決して有ってはならない事だからだ。これを書いた事により読者諸兄が大変気分を害されること、また専門的な知識もなくその点を言及することへの拙者なりの畏怖もある。
とにかく、障害は排除され、システムは復旧した。

時間はすでに昼に迫っていたが…。

拙者は今日見たことを決して口外しない…わけにはいかないな、うん、少なくとも職場では報告書上げなきゃならんし(ぁ。

とまあ、そんなこんなでカタがついた為、愛車に乗り込み深いため息とともにコロナ殿に連絡を取った。すでにPSP等を持参していた為、そのままフェニックスに向かうことに。

乗り込んだ時点ですでに昼前、昼食はどうしようかと相談した処、集まるメンバーの一人、niyo殿から「マクドナルド!」という声が上がるがコロナ殿からは「平日のお得感がないのでちょっと」という敬遠の声も。拙者もそれもそうかと同調し、ついてから考えようという事にした。
電話を終え、車をスタートさせる。
何の気なしにラジオのスイッチをひねる。が、それがいけなかった。
『というわけで、そこのハンバーガーが美味いんですよ』
なんだ? 何の番組だこれ? 日曜天国??
『で、つぎのハンバーガーですが○○にある××バーガーさんの…』
どうやらずばりハンバーガー特集のようである。あるいはゲストがその道の大家とか、か? どんな大家だそれ?
『つまり、それは―――』
延々とつづくハンバーガー談義。なんだなんだ? ゴルゴムの仕業か?
『ええ、ソースからパティからすべてその店オリジナルで―――』
いやいやいや、なんでこんなにとつとつとハンバーガーの話題なのでござる? 全然曲にいかないし。ラジオ番組としてどうなのだ?
『いやぁ、昼前にこういう話をするとなんだかハンバーガーが食べたくなりますねぇ』
そらそーだろーよっ!!
ああ、チキショウ、拙者も食べたくなってきたぞ。
『で、そこのハンバーガーは確か…1500円くらいかなぁ』
ごめん、拙者マックでいいや。
右折の信号待ちの最中にぱぱっとメールを送る。

ZAN:MACで

『というわけで今日のゲストはハンバーガーブログのウエノケンゴさんでした』
大家でござった!!!(爆)


さて、フェニックスにてコロナ殿、niyo殿と合流後、つれだってMACへいくことに。
「んじゃあ、車だすね」
といってコロナ殿の真っ赤な車でGo!
ミランシャ殿との合流もあるのでイートインはせずテイクアウトで。
…なんというか車の中フライドポテト臭でみたしてごめんなさい;

フェニックスに戻るとそこにはミランシャ殿が。これでメンツがそろった!という処で重大事件発覚。
「オンライン接続できない; プロダクトコード忘れた」
niyo殿がまさかのオンライン接続用プロダクトコード不所持。
そのままniyo殿はドナドナされてコロナ殿のPCでFindingNeverOnlineへ…。

気を取り直して三人でオンライン接続MA2∞を!!
だがここでも様々な困難が拙者たちの前に立ちはだかったのだ!!

1.アクセスポイント電波強度
コロナ殿の所のアクセスポイントはPCに繋ぐUSBタイプの簡易版。
三人でシェアしているせいであろうか、電波強度がかなり心配。
アンテナ表示が赤・黄アイコンというのがざら。
しまいには三人でアクセスポイントの近くに陣どりプレイすることに。
…ちょっとシュールでござるな。

2.さらにダメダメなサーバー回線強度
AP⇔PSP間だけでなく、オンライン側のネットワーク環境もどうにも不安定で
蹴られまくり。一度は繋がった!と思ってもロビー移動で切断。パーティ作成で切断などという泣ける自体が続出。

3.彷徨う拙者たち。PTが見つからない!
作成してるのに検索してもPTが出てこない。⇒合流できない。⇒回線ダウン。
このコンボを食らってかなりヘロヘロ。

だが拙者たちは諦めず、なんとか合流することが出来た!!

どうでもいい事でござるが、ロビーのカンバン…リトルウィングの広告の出来はすごいでござるなJAROに訴えられるレベルで

そんなこんなで合流を果たし、MA2∞1∞を開始。(こう書くとわけわかめでござるな)

さて、今回の拙者たちの内訳はこうでござる。
コロナ殿(女-キャスト-レイマー)
ミランシャ殿(女-ビースト-ブレイバー)
拙者(男-キャスト-ハンター)

まずは小手調べ。なんの事前情報も持たずにいつも通りの装備でGo!
途中キャラクターが飛んだり、何もない所で戦闘してたりしたけど、それはオンラインのご愛嬌。
確かに敵も手ごわいが、それなりの殲滅速度で進んだのでござるよ。
しかし、そんな陽気な道行もボーナスステージ愛鳥まででござった…。

いやぁ状態異常とかどんだけーー!でござる。
ラブラッピーにピヨらされる⇒死亡⇒起こされる。
ラブラッピーに混乱させられる⇒死亡⇒起こされる。
暴走ビーストミランシャ殿に殴られる⇒死亡⇒起こされる。

…結果、初回のスコアは死亡14回という凄まじいものでござった。

しかしドロップはおいしいし、経験値はウハウハだしこれはすごいでござるよ。
さすがSEGA。太っ腹でござる。
さらに今ならラピコの部屋でエクステンドコードまでもらえるとか!!

気を取り直して2回目。
拙者たちもごそごそと装備を変更する。
拙者は最近使っているエクスシアフリューゲを火鎧に。光鎧にはスターライトクラスターを装着。
コロナ殿もスターライトクラスター装備。
後は言わなくても分かるでござろう? そう、フィーバータイムでござる。

PBチャージャーなんか出されたらもう誰も何も言わずにそれ連発でござる。
もう交互と云わず同時と云わずガンガン行こうぜ状態。
あ、ミランシャ殿は一生懸命ザルア唱えてました。
そんなわけでPBチャージャーのあるステージはまさに瞬殺。
それが無い所は終わった途端に拙者が鎧を変えてシフデバ。そしてPBチャージして次ステージへという流れでござった。

で、三回、四回と着実にノウハウを積んだ拙者たちはついに死亡1回(拙者;)でクリア、Sランククリアを達成する。
レアアイテムもウハウハでミランシャ殿は念願のフウマヒケンを手に入れた!
拙者もエレクシオン2本とか確変してたでござるな。

そしてここで拙者にメールが!!

んん?! これは?! アム殿! ハイアームズ殿ではないか!!

慌てて返事を返して合流して頂くことに。
残念なことに時間が限られていた為(ミランシャ殿の門限等、いろいろあるのでござる)、一回しか一緒に潜れなかったけど大変楽しく遊ばせて頂きましたw


オマケ
ところで今回いいとこなしのniyo殿でござるが。
「アグレッサー叩いたら防具箱が2個でた♪」
と、るんるんでござった。オノレェェ。(`皿´)


※防具箱…かなりレア。拙者50回叩いて1個も出ないとか(涙
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。