拙者とPSPo2 その25

念願の×××を手に入れた!


えーと、忘れられているようですが、拙者はHucastのZANでござる。
最近仕事と模型工作にかまけすぎて全然オンラインできてませんが
ちょっと空いた時間を使ってコソコソとレベル稼ぎやアイテム探しをしていました。

そして先日…ついにLv140に到達!
これで一部高難易度Sランクミッションも参加可能でござるな…長かった。

そしてさらにそんな拙者にご褒美が!!
エクストラミッション/ゲーマガ 天守閣の乱!のことでござった。

 「…というわけで私はここで待機、バスクは裏口を…どうした斬奸?」
 「いや。大したことではないのでござるがな」
 拙者はそう前置きしてもう一度後ろを見やり、前を見やる。視点は相変わらずだ。
 「この昔懐かしい横スクロールアクションはいかがなものかと」
 「…キミは時々そうだな。正直私にはなにを言っているのかわからないのだが?」
 クノー殿が痛いものを見るような眼をしてため息をつく。ホント、この男、状況が分かっているのか?と言いたげだ。
 うむ、分かっているでござるよ。ゲーマガとやらの組織がインヘルト社から開発中の亜空間発生装置を盗んだことも。でもってそれを追っかけてったシズル殿も行方不明になってることも。ついでに只の社屋だったはずの建物がなんか見たことのあるお城に浸食されていることも。

 ちなみにエミリアはインヘルト社のシステム復旧作業中。ユートは里帰り。ウルスラ・クラウチ夫妻はハネムーン中で不在。
 「拙者一人でこの地獄に突貫せいってのは一体なんの罰ゲームでござる?」
 「それも言っただろう。クライアントからのご指名だ。随分と信頼されているじゃないか」
 いい人なんだけどなぁ、社長。薄幸だけど。
 「さあ、ここで時間をつぶしていてもしょうがないだろう。状況を開始しよう」
 「了解、少佐殿」

 さて、突入…拙者こう見えてもアーケード版ストライダー飛竜ワンコインクリア世代。横スクロールは得意でござるよ。

<オウトリ城:城郭>
 「く、こいつ、ぜんぜん近づいてこない!」
 フフフ、鉄則その1! 画面スクロールしなければ敵は出てこれない!!

<オウトリ城:城内>
 「こいつ、か、壁ごしにっ うわあああ!」
 鉄則その2!遮蔽物は有効活用!! そぉら、ブレードデストラクションを3段全部御馳走してやるでござるよ!

※まともな攻略はある遠き地球から等、まっとうなサイトをご参照ください。

<オウトリ城:天守閣>
 「フハハハハ! この太陽王に楯つこうとは!!」
 高らかに嗤うシズル殿。その足元にはけちょんけちょんにされたゲーマガ編集部のみなさんが目を回していた。
 「うわぁ…」
 「むぅ? 貴様…貴様貴様貴様…………誰だ?」
 ちょっとこけた。そういやこいつ、自分と対立した伴侶の名前もすぐに思い出せないボケ老人でござった。
 「つーかシズル殿、正気に戻るでござるよ」
 「フン、無駄だな。今のこやつは意識がない…なにせ」
 「なにせ?」
 「三日徹夜でデバック作業。今日も朝から会議づくめ、ちなみに三食カロリートリメイトだ!」
 「太るぞ。(汗)」
 「いうな! この服装をする以上体型保持は重要な問題だ。そのためにも私が君臨するのだ!!」
 「…そんな理由で。太陽王…」
 「問答無用! この私と分身2体! 以前のようにはいかんぞ!!」
 「…フム、まだ分かってないようでござるな。今回は横スクロールアクション。ゆえに」

 拙者はライフルを構え、撃つ!

 「ぶおっ?!」

 撃つ!

 「ガフッ?!」
 「こうやってスタート地点からライフルで攻撃する分には後ろにいる分身は出てこない! 太陽王破れたり!」

 撃つ! 撃つ! 撃つ! 撃つ! 撃つ! 撃つ! 撃つ!!

 「ちょっ おまっ くあっ わせっ ふじこっ!」
 「オラオラオラオラオラ!! 倒すのは―――」
 ようやくおさまる銃声、そして銃口にフォトンの光が集まり、二度瞬く。
 「―――拙者の30cheinフルチャージショットでござる!」
 「卑怯なーーーーーっ!!」
 「フッ。闇に抱かれて、眠れ…」
 拙者は決め台詞を呟き、彼の倒れ伏したところをみると、ポロリと赤い箱が落ちた。
 「を?!」


<レンゴクトウ・エンサをてにいれた>
 「ありがとう、太陽王。次はサイカヒョウリを所望するでござる」
スポンサーサイト

拙者とテッカマンブレード その08

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥!

さて、最後のパーツ、クリアグリーンのセンサーパーツでござる。

前回でカミングアウトした紛失したのがこのパーツでござる(;w;)

パーツチェックの段階ではあったし、両面テープで固定して表面処理しようとするときまでは
あったのでござるが…。拙者の机周辺の因果地平に飲み込まれてしまったようです。orz
<無くしてしまったパーツ。センサーパーツが奇数になってしまっているorz>


で、大捜索&掃除を行ったところ…出てきませんでした(涙
仕方ないので自作する方向で…と以下の方法を試しました。

1・透明プラ板切りぬき計画
 …この厚みの透明プラ板が手に入らず積層でやろうとするも接着剤で透明度が薄れ、断念。
2・カラーエポキシ造形計画
 …予算Over。断念。
3.ヒートペン工作
 透明ランナーをヒートペンでこねくり回して四角くして、必要なパーツを作成。
 これがいけそうだということで早速やってみました。
 幸いダブルオー関連のキットで透明ランナーはいくらかございました。
 それをこう、ヒートペンで…ええええ?!
 大失敗でござる。透明部分がグズグズになってしまい、プラスチックのように
 うまくはいきません!そして余りの異臭に作業断念。トホホ。

で、最後の最後。拙者は最終手段に出ました。

『ディーラー様のヒゲゾルビー・ロバート氏に相談しよう』

正直、恥ずかしい行為です。
今回に関してははっきり言って拙者の落ち度。ここをディーラー様に相談するというのは買った品に自分で傷を付けてクレームを付ける客と変わりありません。
ですがここまで作ってきた品をこれで画竜点睛を欠く状態にしてしまうのもあまりにも惜しくてたまりません。

本来、ディーラー様がストックしているパーツは購入時の欠品、破損パーツ対策の品であり、こうした作ってる最中に壊した物、無くした物に保証するものではありません。

今回は購入からある程度時間がたち、こうしたパーツチェック時に足りない、壊れてたといった事態に対応した後であろうこと。そのうえで、もしも余っていたら、という期待で相談のメールを差し上げました。

ヒゲゾルビー・ロバート氏は快くパーツを送って下さいました! それもクリアパーツ一式!! もう気分は最高にハイってやつでござるよ!

じつは拙者が購入したキットのクリアパーツは一部気泡が入ってしまっており、外周も一部欠けているものでした。一式送って頂けたおかげでこの問題も解消しました!!!
<気泡の入ってるパーツの比較写真>



ヒゲゾルビー・ロバート氏、ありがとうぅっっ!!!!
なんて紳士な方なんだろう!きっとこんな感じに違いない。
                              /.|
                              / |
                                /  |
                            /   |
                        _,,,r‐- '、     i_
                      , -'´r'´ |  ヽ     ヽ
                    //`"   |  |       ヽ
                   //_ i´|   |  |         ヽ   <ヒゲゾルビー・ロバート氏想像図>
                  r''.ri | |_ l | /  |          `ヽ
                   | | |. i. |_ |. |´|   | |ヽ            i
                   | | | i_i  ´. ,!、_  `' 'ー-、_   /l   |
                 卜、´- , -‐'i´;;;;;;;;i` ‐- 、_   ー‐'  /    |
                   |, ´--一';;;;;;_ `ー‐--'`゙、  ヽ     |
                  〕_,,.;;-‐i;;;;;;;;/ `"''‐ォ 、;;;;;;;;;;;;;||  |    l
                  i、   /;;;;;;;;ヽ    l/、 ``//| |  |    !
                  _ |´  );;;;;;;;/``   ト   | | | | 、 |    |
                  | |`|   ゝ/|      ,__| ||/  ヽ     |
                  | | |  /|.   |      | lヽ_ ll |     |
                  | |_/|     / |  |  |i  | |/   ll |     |
                 ´/ヽ 、 ,  |  ヽ | |. | lr─、 lll/     |
                 /___ヽ// ヽ|    ヽヽ/ ヽ、`~        |
            _, -‐//   /'ヾ__|_   , - 'ニ 、_/ /'i'ー- 、,__  |
       _, -‐''´  //    / ,rー─- 、二,r'´   | ヽ / |    l l ` ー- 、 _
   _, -‐' ´     //     / /    /   |    | ヽ |    l l      ` ー- 、_
-‐''´        //       |/      /  |      |  |/      l l         ` ー- 、_
          //       /    / /   |     |   |       l l

拙者とテッカマンブレード その07

俺は仕事を休むぞジョジョォォォッ!


だいぶご無沙汰でござったテッカマンブレードですが、天候に恵まれず、更新が止まってしまっておりました。

嘘です。パーツなくしてしまって右往左往してましたorz

…しかし拙者はバレンタイン宣言をした身。
ここで立ち消えするわけにはまいりませぬ。
そんなわけで無くしたパーツについては次回詳しく報告します。

今回の作業は表面処理でござる。
まあ、ここのところお仕事が忙しく、週休1日状態。
その一日も雨が降ったり、花見にいったりでツブレておりました。
これが普通の塗装なら、まだなんとかなったんですが今回の作業はクリア―塗布作業の為、日中でないと分かりづらいという難点もございました…。

で、先日要約晴れ間に見舞われたわけでござるよ。太陽の恵み万歳! 
(野菜も値下げしてほしいでござるよ)

さて、ほとんどのガレージキットはレジンキャスト製。この素材は塗膜の食い付きが悪く、ほとんどの塗料を弾いてしまうのでござる。
拙者が愛用しているラッカー系塗料もほぼ全滅。前回のザボーガーでは部分塗装の為メタルプライマーを筆塗りで済ませたが、今回は全塗装。
とはいえ色を塗るのではなく表面処理として光沢にしたいからというコトなのですが。
…甲冑のイメージが強い為、やはりテカテカにしたいではござらんか(こだわり)
できることならウレタン塗装で厚い光沢層を作りたいところでござるが、残念ながらそこまでのスキルが拙者にはござらん;
そんなわけで今回は下地>UVカット光沢スプレー(厚塗り)という流れで行こうと思いまする。

さて、下地でござる。
通常下地処理だとサーフェイサーという下地塗料(灰色)を用います。
ですがあれはその上から色を塗ることを前提としている為、今回の目的には適しませぬ。
なにかないかと探したところ、ちゃんとクリアコートなるものを発見!
いくつかのメーカーが出しているようですが、どれも使ったことが…。
なのでWEBでの紹介を…ってこれも少ない!「ググル先生、調べ物がしたいです…」
が、無い袖はふれませぬ。ここは諦めて試合終了してしまいました。

今回拙者の8bitCPUをフル回転させて適当に購入したのが『造形村』製のクリア下地スプレー、
『造形村GKサーフェイサー・透明』
残念なのはこのスプレー自体が半光沢なこと。いっそ光沢だったらこれ一本で終われたのに…。

使用してみたところ、匂いはラッカ―系とは違う若干強めの刺激臭がします。
乾燥はラッカ―系と比べ早いでござるな。
出来上がるとちゃんと半光沢になっています。そこで今度はMr.スーパークリアーUVカット 光沢を用いて光沢仕上げを行い、最後に若干のスミ入れをシャーペンで行います。

今回「スミ入れペン」「ガンダムマーカー(細)」「エナメルクリアーブルー」などを試してみたのでござるが
どれも太すぎたりしっくり来なかったり。最終的にシャーペン(0.3mmのB)で行うことに落ち着きました。
で、いろいろやった結果がこちらっ!(途中写真がなかったのでござるよ;)




ではまた次回!仮面の下の涙をぬぐえっ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。