戦場の狼

ファイナルゾーンウルフとか誰も覚えちゃいないだろう(意味不明)


そこは戦場だった
いたるところに煙が満ち、方々で火の手が上がる。
人々は声を荒げることもなく、黙々と手を動かす。

そこは戦場だった。
たなびく焼煙に時折あがる火の粉。ぐったりと横たわった肉塊。

戦場には時に、その場を支配する存在がいる。
決戦的存在と言い換えてもいい。明らかに他の者と一線を画するもの。
熱気と狂気と欲望の渦巻くこの地でただ一人、全てを俯瞰し、
吹きあがるマグマのような狂気の行く末を決めるもの。
「---と、---と、---。それから----を三人前お願いします」

彼らは戦場の作法を守り、より良い戦場を提供する。
時には仲間ですら叱責し、時には敵にさえ敬意を払う。
「だから肉ばっか食うな! 野菜くえ、野菜!」

そこは戦場だった。
「おばちゃーーーーん! カルビ追加ーーーー!」
そう、焼き肉屋という、戦場だった。

決戦的存在。多くの戦場にはそうしたものがいる。
鉄板大名
鍋奉行
ジンギスカン大酋長
円卓の担い手(中華料理屋のターンテーブルね)
フォンデュマイスター



そして、炭奉行
鍋奉行とならぶ二代奉行。無法の地にてトング(神の手)を振るい、全ての者に食を与えし者。
今宵、我らはその一端を目撃する。

ファーストオーダー
牛タン、塩コショウのみ。タレなしで。
焼き肉の定番。これをまず、淡白な味のタン塩から味わってほしい。
レモン汁を付けて食べるのが普通だ。
塩ダレではなく、あくまで塩コショウのみ。
それで網を汚さず、網にタレを付けることなく、焼く。
片面だけを焼き、赤みがかった身が灰白色に濁ったあたり、
肉汁が染み出した辺りで食べるのが通だ。

セカンドオーダー
ライス大
何はなくともコメを食え。コメはいい。全てをリセットしてくれる。キムチの辛さ、ナムルの酸っぱさ、そして焼き肉のたれ。
全ての食材の合間にかっこむコメは最大の戦力であり、食費の味方だ。うまく使え。

サードオーダー

長きにわたりよく耐えた。さあ、戦闘の開始だ。
カルビ、ロース、ハラミ、ツラミ、好きなだけむさぼるがいい。だが飲み物を忘れるな。
そしてロースは切り札だ。少し取っておけ。

サイドオーダー

ビールを頼まず茶をたしなむ。黒烏龍茶でなくていい。とにかく茶だ。
舌をリセットし、次の一噛みを一段と素晴らしいものにしてくれる。
また茶の成分で胃腸をいたわることも忘れてはならない。
ビールは心強い味方だが、控えた方がいい。

第四の刺客
ホルモン
網はすでに焼け野原、そこかしこにタレと油がこびりつき、悲惨なことになっているだろう。
だがここでもうひと働き、最後の奉公をしてもらおう。
レバー・ミノ・ホルモン・てっちゃん
味噌だれベースのこってりとした連中だ。しっかりじっくり火を通してやれ。
油が落ちて炎が勢いよく踊ることもあるだろう。
そこで切り札。ロースだ。燃えあがる網の上に投下したそれは素早く鎮火の役目を果たしてくれる。
また時間のかかるレバーたちの出番までしっかりと時間を稼いでくれる。
大切なことを言っておこう。レバーの皿を下げさせるな。タレは二度づけて焼いてもうまいものだ。

さて諸君。まだ戦えるか? 戦えるな? よし! ならば網交換だ!コチジャンも用意しろ!
(以下エンドレス)
スポンサーサイト

拙者とPSPo2 その24

グラール写真館


以前掲載したとおり、拙者の使ってるPSPはCFW導入モデルのため、スクリーンキャプチャが可能となっている。だがせっかくの機能だというのにこれまでは最初の一回以来、何も載せてないのでは?


というわけで選りすぐりの写真を載せてみた。

これがチームフェニックスの面々の最新画像でござるな。この面子で新年会・・・ゲフンゲフン、チャレンジとか行ったりしてるのでござるよ。


新年会風景(違 踊り子さんには手を触れないで下され。


これも踊り子さん・・・じゃなくて下っ端戦闘員でござるな。うん。orz


ついに出た!! 虹色に輝くコンテナ!!!
…でもドロップ音が赤箱よりショボく感じるのは拙者だけでござろうか?


このナゾの三頭身物体は・・・?


答え:法撃仕様ボディの拙者にマグが被ってました。

…ネタ写真ばかりでござるな…いや、コレではいかん。真面目な写真も撮らねば…。


    作品タイトル「ラグオルより永久に」

    作品タイトル「物言わぬ衛士」

    作品タイトル「最終回:グラールのZAN」

なんだか後ろからの写真ばかり。いやいや、男は背中で語るもの。…ん? なんだこの写真は?

    作品タイトル「狙い撃つぜっ」

    作品タイトル「ごめんなさい」

拙者と読書

ひさびさにハードカバー小説を読了した。
アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風
神林 長平(著)
読了感がすごかった。
しょっぱなの「私はJAMである」から始まる所にしびれた。
ついになされたJAMから人間への宣戦布告、これが前作の「グッドラック」からちゃんと繋がっている。
その時、フェアリィ星では、だれが、なにと戦っていたのか?
機械と、人間と、JAM。この三つ巴の戦いがどこへ収斂していくのか。
自分とは? 勝つとはどういうことなのか? なにに負けたくないのか?
JAMの目的、雪風の考え、人の意思の在り処。
誰が撃つのか、何を撃つのか、己を撃つのか。
巷で言われる「戦闘哲学SF」度がさらにアップしてます。
かなり硬派な文体がそれに拍車をかけて難解にしていますが、
それでいて人を引きつけて止みません。
まさに[考えさせられるSF]と言えるでしょう。

とはいえ拙者の中央演算装置では一気に読み切ることができず、
ゆっくりと、1ページ1ページを噛み砕き、飲み込むようにして理解していく
感覚で読み進めていきました。おかげで読み切るのに1カ月もかかりました;

最近はラノベも食傷気味で活字に全然触れてなかったのに
いきなりこんな重い作品を読むのもどうかと思いましたが(苦笑)

職場行き帰りの電車でもう一度「戦闘妖精・雪風 改」から読み直すか…。


で、もうひとつびっくりしたものがある。
メディアファクトリーの雑誌、コミックフラッパーで連載中のコチラ。
復活の地
みずきたつ(原作:小川一水)(著)
そう、知る人ぞ知る和製震災SFの傑作、復活の地のコミカライズ作品。
小川一水氏は上記の神林長平氏と並べて拙者大好きSF作家のトップなのだが
その作品がよもやコミカライズするとは思わなかった。
漫画家のみずきたつ氏は聞いたことがない…いやまてよでもこれは…。
と、記憶のログをあさったらびっくり、アドバンスド・オブ・Zのコミック版を執筆された方でござった。
無論ガツっと購入して帰りました。
小説版とは幾分異なった設定が垣間見えています。これが今後の展開にどうつながるのか。楽しみでござるな。
そして読み終わってはたと気がつく。

おかしいな、拙者たしか八房氏のスーパーロボット大戦の新刊買いに行ったはずなんだが…

拙者と2010年

=新年のお喜びを申し上げます。皆様におかれましては益々の長寿と繁栄を…=

はい、年が改まって2010年となりました。あけました、おめでとう。というところです。皆ちゃんと除夜の鐘聞いたでござるか? ご来光は拝んだ?
拙者は多摩川の橋の上からご来光を見てまいりました。寒かった・・・。
こう、昨晩は満月でその月が名残惜しそうに西の空に残っていてな。ご来光も綺麗であったがこの月も大層綺麗でござった。一緒に初日の出を待ってたのだが先に帰ってしまったのが残念でござるよ。

残月の 名残も照らせ 初日の出(詠み人:ラグオルのZAN)

今年は拙者喪中の為。年賀状は控えさせて頂いたのですが、きちんとした通達が行き届かなかった為、数点頂いてしまいました。(あとでお詫びの連絡を入れねば;;)

まあ、それはさておき2010年。2010年といえば巨匠アーサー.C.クラーク氏の『2010年宇宙の旅』を思い出すわけでござるよ。しかも映画版が好き。日本ではあまり受けなかったのだが、拙者的には2001年で消化不良だった所をしっかりと解決してくれてて大好きなのでござる。
思えばあの作品のおかげで拙者、SFというものが好きになったのかも知れんなぁ。

あの映画の公開が1985年。当然映画館になど足を運んでるわけも無く、その後TVにて放映されたのが初見となる。

今年はついに『2001年宇宙の旅』の続編の年に追いついてしまった。じつは映像化されてないので知らない人は知らないだろうがこの作品、まだ続きがある。つぎの作品は『2061年宇宙の旅』。

さて51年後、拙者はどうしているのだろう? 皆様と楽しくやれているといいのだが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。