拙者とPSPo2 その06

先日のマルチプレイで気がついたことがあるので記しておきます。

当日持ち寄ったPSPが以下のような構成でした。
円楽 PSP-1000
拙者 PSP-2000
ミランシャ PSP-2000
コロナ PSP-3000

この構成で最初、コロナ殿のPSP-3000をホストとしてプレイしたところ、ブルースダンジョンの最初の暗闇部屋で接続障害が発生。
円楽殿、拙者の順で落ちてしまいました。

で、これは機種間の処理速度が合わなかったのだろうと判断し、円楽殿のPSP-1000をホストにして再度プレイ。
今度は最後まで問題なく動作しました。

やはりPSPのバージョンによって接続処理がうまくできない可能性があります。ことに4人プレイにすると顕著かと。
結論としては「遅い機械に合わせる」というのが無難なようです。
インターネット接続だと、そこらへんどうなっちゃうんでしょうね??
スポンサーサイト

拙者とPSPo2 その05

苦楽は分かち合うもの


 先日は久しぶりにコロナ殿、円楽殿、ミランシャ殿と遊ぶことになった。
当然全員PSP持参である。4人でプレイとなると、いろいろと変わってくることが分かった。
 何より楽しいのがギルドカード情報である。
これはギルドカードを交換したことのある人間がネットワーク接続することにより
リアルタイムで情報が更新されるようになっていて、この情報というのがコメントは言うに
及ばず、ゲーム時間、討伐数、獲得称号数などと多岐にわたり相手の「やりこみ度」がわかる
ようになっている。

円楽「ちょっ! なんだよこのプレイ時間、俺の4倍以上じゃねーか!」(<プレイ時間最下位の人)
コロナ「うわ、ぎりぎり勝った」(<一位の人)
拙者「うーむ、あと一歩及ばず…あ、称号獲得数は勝ったな」(<二位の人)
ミランシャ「なんだかすごいですねぇ、二人とも」

 円楽殿、ミランシャ殿もともに古くからの友人でPSOプレイヤーである。
 円楽(ハンター・人間・男性)殿は対人プレイに特化してる御仁で、ソロプレイや
ストーリーモードは見向きもしない。当人曰く「一人でやってもつまんねぇ」だそうな。
 ミランシャ(ハンター・ビースト・女性)殿は当人もゲームメーカーに勤めてた生粋の
ゲーマーであり、コロナ殿のご近所さんということもあり、プレイ実績もそこそこ。

 んで、さっそく四人でブルースダンジョンに挑むことになった。作戦は策士コロナ殿。
 まず、円楽殿とコロナ殿でカギを取りに行く。
 拙者とミランシャ殿はスタート地点脇のゲート前で待機、カギを入手と同時に暗闇部屋へ。
 レオルバリアントをチャージしつつ部屋に飛び込み、黒ペンギンを討伐。終わるころには
スイッチ組と合流。
 その後水属性の武器に持ち替えて出てくる敵を討伐。オーラ付きでデカ物に出られると泣ける。
 その後は道なりに進み最後の分岐でゲートにはコロナ殿だけで特攻。
 拙者たち残り三人は最後のヒルデビア3匹が出現するステージに突貫した。
 非常に順調な段取りでござった。が、ここで―――

円楽「ここで赤オーラ付きかああっ!」

 そう、まさかの赤オーラ付きボス。
ミランシャ「そして普通オーラ付きとか。どんだけぇ」
 辛くも勝利、タイムは9分32秒。
 ランクAでのクリアと相成った。

 ランクSは10分を残さねばならない。遠い…。

 ちなみに
拙者「はて…ミランシャ殿のプレイ時間が振るわないのは一体?」
ミランシャ「あ、ごめん、ゴッドイーター体験版やってた。テヘ」
拙者「…どんなゲームで?」
ミランシャ「コナミの作ったMMORPGでねー。まんまモンハン。そして出てくるキャラがみんな美形なの!」
拙者「それは…婦女子が喜びそうでござるな」
ミランシャ「でもオープニングが長すぎなのっ! そこんとこは何とかしてほしいのっ!」
拙者「さ、さようで」

MacBookのこと その04

  • 2009.11.17 09:48
  • Cat:PC

たとえ内容がわかっていても最後まで付き合うのが「詫び寂び」というものでござる


 さて、世の中全てWindows7一色に染まっている今日この頃。
 拙者も時流に取り残されては「うわ、なにキャスト? いまどき?
キャストが許されるのはPSOBBまでだよね!」とか女子高生に陰口たたかれてしまう。

 ここは一念発起して新しい64BitOSを入れなければっ!

 ということで購入してきました。MacOSX SnowLepard(LeopardUpGrade版\3,280-)
 …はい、出落ちですね。タイトルでオチてますね。ごめんなさい。
 いや、正直Windows7は買う気ないでござる。理由としては。

・Win7専用ソフトとか、まだほしいものが一つもない。(XPで十分)
・デバイスドライバーが足りない。プリンターもへたすりゃ動かない。(XPで十分)
・バグが怖い。
・仕事で使ってるアプリの動作検証がメーカー側が終わらせてない。(AutoCADとか…)

 いや、まったくないな。うん。
 たぶん7使うとしたら7用のPCを組む形になるでござろうし、半年くらい先で。

(閑話休題)

 まあ、そんなわけで早速Instoooooool!
 MACのいいところはハードウェアまで自社製品なのでCD一枚で全てが終わってくれる
ところでござろうな。正直WindowsのドライバCDの煩雑さはちょっと疲れるものがある。
 なんてことを考えながら待つこと30分。インストールが終わり起動!OSXのデモムー
ビーが流れる。なんかこれ流れてる後ろでアップデートインストール後のメーカー登録
とかしてるっぽい。
 うーん、あんま変わった気がしないでござるな…ってムービー自体は一緒だし、デスク
トップデザインも変わらないんだからあたりまえか。
 ムービーが終わるとOSのアップデート差分導入の為に再起動を求めてきたので、了承する。
 再度立ち上がるとまた、再起動を求めてくるので了承。
 再度…
 と、三回ほど再起動を繰り返すとようやく再起動を求めなくなった。
 念のためにソフトウェア・アップデートを起動してもう一度、なにもないか確認する。
 …うむ、「お使いのソフトウェアは最新です」と言ってきた。これで安心。
 ぱっと見は全然変わらず…QuickTimePlayerのアイコンがゴツくなったくらい。
 さてはて、このアップグレードでどうなることやら…。
 
今回のMacBook対策はここまでっ

本日までの総MAC費用 \190,030-

拙者とPSPo2 その04

昨日は月霧殿をPSPoに引き込むことに成功した!


ではその一部をかいつまんで見てみよう。

<先日>
月霧(以下:女帝)「ふーん、色々楽しそう…」
拙者「うむ。楽しいぞ。(さて、もう一押しでござるな…)で、月霧殿このページをみるでござるよ」

http://phantasystar.sega.jp/psp2/world/race/cast/
PSPo2公式サイト:キャラクター紹介(キャスト)

女帝「…がんだむ?」
拙者「が…いや、そっちじゃなくて女性型キャラの方でござる;」
女帝「!!! これ、これいい! ダディ! 体験版インストール方法おしえてっ!!」
拙者「(計 画 通 り)」

<その翌日>
拙者「で、どうでござった?」
女帝「うちの子の名前がカタカナになってるんだけど
   漢字変換デキルとはしらなかtt」
拙者「ああ、文字入力して△でござるな」
女帝「いやーーーんOrz(ぐりぐり」
拙者「(気持ちは分からんでもない:)でも斬奸ってデナイノヨ…orz」

漢字変換は必要最低限の漢字しか入ってないので特殊な漢字は読み方が分からず、出てこない(出しづらい)モノがあります。入っている以上どうにかして変換できるんでしょうが…。

女帝「ぶ。ZANでまた作ったの・・・?
拙者「いや、ちゃんと斬奸になってるでござる」
女帝「?」
拙者「や、苦労したでござるよ。実は前作を始める時にーーーー」

<回想シーン>
 拙者は愛車Diggri250ccを駆り、スペースツインボールリバー大橋を爆走していた。背中のMAGFORCE社製ミルスペック準拠のディパックにPSPと一枚のメモリを携えて。
 橋を渡ればそこはもうスペース神奈川県内。都会ッ子の拙者にとっては人外魔境(嘘)。ここに命の保証は無い。(ドライバーの皆さんは安全運転を心がけましょう)
 うっそうと茂る山間にある不死鳥の名を冠する集合住宅に、彼の訪ねる人物がいた。
 ガラッ
「コロナ殿! いるか!」
 戸を開けて声をかけると部屋の中からノッソリと長身のハニューエル(ハンター・ニューマン・女性…うわ、この表記入れるのすっげー久しぶりじゃね?)が出てきた。
「いや、いいんだけどさ、ZAN、戸を開ける前に声かけるなりチャイムならそうよ」
この御仁こそ拙者にとって十数年来の友の一人にしてドリームキャストの時代からPSOのプレイヤーであるコロナ殿である。
「ちなみに某製薬メーカー勤務で経理担当でござる」
「ナニを何処に向かって説明してるの?」
「うむ、じつは大変なのでござる。ファンタシースターポータブルが発売なのでござるよ!」
「うんうん。そうだね。そうだね」
「でも拙者の名前入力できないのでござるよ!」
「うんうん。さもありなん。さもありなん」
「というわけで何とかして欲しいでござる!」
「ってボクはキミのどらえもんじゃないんだけどな…;」
<回想終わり>

拙者「ということがあってな」
女帝「・・・」
拙者「結局そこでPSUのキャラデータをパソコンで作成。パソコンなら漢字変換も楽勝だからな。そのデータをコンバートしてPSPoに取り込んだのでござる。(ぁ
女帝「なんていう(°д°)」
拙者「なんていうか?」
女帝「サスガネ・・・(°д°)」
拙者「はっはっはっ」
女帝「ウチは玖瑠刄って子つくってさー
   びーすとのハンターつくったんだけどさー
   ぷすの引継ぎ知らなくてーーー」

拙者「えーっと・・・『くるっぽー』?」

女帝「クルハって作っちゃったよびーすとハンター」
拙者「・・・」
女帝「・・・」
女帝「くるは。」
拙者「・・・OK」
女帝「だでぃ、くるは。覚えてくれたかなー(*´▽`*)?(鞭ぱしぱし」
拙者「(・・・くるっぽーでもかわいいではないか…ハトの鳴き声みたいで」
女帝「暗殺者なめんなあああああああああ(°д°)」

どうやらクルハ殿は暗殺者らしいです。
ビースト・アサシン・くるっぽー。
かわいくね?

拙者とPSPo2 その03

アイドルっぱねぇ


昨晩は久しぶりにメッセンジャーでユーグ殿とお話しをした。

拙者「あ、ユーグ殿、元気でござるか?」
ユーグ殿(以下:薄幸)「うん、でもどうしてボクの略称が薄幸なのかなっ」
拙者「PSPo2スペシャル体験版はどうでござる?」
薄幸「うわ、あっさりスルーした?!」
拙者「拙者は………という感じでござる」
薄幸「あー、ボクまだそこまでやりこんでないんだ。あきゅたんが頑張ってる…」
拙者「ほほう」
薄幸「でもドリームマスターってカード?が出ないんだって。凄い頑張ってるのに」
拙者「…あれ? 拙者持ってたなそれ。でも確かカードじゃなくて……」

ドリームマスター クバラ製・投刃
 歌って踊って戦えるあなたにぴったり
 アイドルだからって甘く見なでね☆

拙者「……これが、欲しいのか……」
薄幸「……」
拙者「……」
薄幸「そ、そだ、あきゅたんすごいんだよ! 凄いこと気がついたんだよ!」
拙者「お、おう、なんでござる?」
薄幸「PSPo2のチャットで『はこ』って打ち込んで△ボタンで変換すると凄いことになるんだ!」
拙者「どれどれ……おおお! すごい、SEGA脳すげぇ」

※ぜひ実際に変換してお確かめ下さい。

薄幸「こんなの見つけちゃうなんてすごいよね、あきゅたん」
拙者「さすがアイドル、マジパネェでござるな」
薄幸「それを言っちゃあ……」

拙者とPSPo2 その02

ファンタシースターポータブル2スペシャル体験版ってタイトルとして長すぎるでござろう?


というわけで体験版をしゃぶり尽くそうという勢いでプレイしてみました。

ベースレベルは15まで、JOBレベルは5までというのが分かりました。
…うん、やり過ぎですね。プレイ時間がすでに15時間Overですよ;

レアはまあ、ぼちぼち出てます。
・シャークパペット
バルシャークを模したパペット型クロー。見かけによらず攻撃力が高い。
つーか普段使ってる両手剣より強いってどんだけ;
・ダブルセイバー・レプカ
要するにダブルセイバー。ヘタレ青年愛用のアレ。
無属性でしかドロップしない。さすがヘタ(以下略
・ハマノコテ
…カザミノコテ、だよな、このデザイン。装備すると攻撃力Upの優れものシールド。
今回はシールドガードの概念が有るので操作頑張らねば。
いまだにジャストガードができませんorz

ここら辺は称号報酬でももらえるモノですがポロっとドロップしたりもするようです。
ええ、実際出ました。
…あとあとのレア運がすっごいこわいでござるな;

拙者とPSPo2 その01


久しぶりの更新でござる。いや、正直ここ半年ほどは仕事が多忙でござった。
今回のネタは久々にゲーム!そしてファンタシースターポータブル2でござる。

言わずもがなのSEGAの新作。原点回帰をうたってるとかで、PSOユーザーには泣ける仕様に
なっています。

拙者としてはチャレンジモードとバトルモードの復活はことのほか嬉しいでござるな。

現在特設サイトから体験版をダウンロードできるんですがこれが偉い太っ腹な仕様。

・ストーリーモードの第一章の1を丸ごとプレイ可能。
・フリーミッションモード、マルチプレイモードもLv15まで解禁。やり放題。
・レアドロップ有り。

で、やってみた。
結論
・かなり楽しい。
しかも今回はアドホック通信だけでなくWiFi経由でインターネット接続もできるとか。
文字によるチャットシステムも搭載しているのは凄いと思う。自動吹き出しとか。
(実際は音声チャットをPC側で立ち上げて、並列使用するとかはしないと駄目だと思うが)
PSOをやっていた人にはびっくりなのがダークファルスについて
「グラール太陽系の古代人がS.E.E.D.と戦い、ダークファルスを封印した」
という言及があったこと。

これでPSOとPSPoが繋がるのだろうか…。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。