白いマットのジャングルに

 拙者の友人で姓はラッキー、名はストライクというナイスガイがいる。(注:むろん本名ではございません)
 どれくらいナイスガイかというと高校時代、ミスコン優勝したクラスメイトに「黙っていればいい男、喋ってしまえばヘンな奴、ニヤっと笑うと悪魔のよう」とまで言わしめたほどである。
 その彼が昨日、ふとつぶやいた。
 「俺は長いこと生きてるが同じ名字の奴に会ったことがないな」
 たしかにちょっと珍しい名字だが、さほど、でもないと思う。誰もが知ってる歴史上の偉人と同じ名字だ。
 「あ、一人いたけど偽名だったな」
 「ぎ、偽名でござるか?;」
 そう、ペンネームでもハンドルネームでもなく偽名。
 「どーやっても日本人じゃなかったけどな、仕事であった」
 …氏の職務経歴はここではあえて伏せる。いや、伏せさせて下され。
 拙者は話題変換のためにも慎重に記憶装置を検索したーーーが、該当が一件しかなかった。
 「拙者の前の会社の同僚で一人いましたな。むろん本名で」
 「どんな人だった?」
 「さようでござるなぁ」
 拙者は遠い目をして、彼が入れてくれた苦みの効いたコーヒーを口にしてから答えた。
 「『プロレス』にことのほか思い入れのある御仁でござった」
 「…ぷろれす?」
 何を言い出すのかとストライク氏は眉をひそめる。
 「『プロレスはね、ルチャなんですよ』と宣う御仁でござった」

 ルチャ…正式にはルチャリブレ(Lucha Libre)、スペイン語で自由な戦いという意味の言葉だが、それをしてメキシコのプロレスリングを示す。
 ひいてはメヒコの華麗な空中殺法の応酬、またそのマスクマンを、スタイルをルチャという。

 ぱっと誰もが思い出せるところでタイガーマスクがある。そう、『巨人の星』でもおなじみの梶原一騎原作の昭和の名作プロレス漫画にして、本作を元にしたレスラーも実際に登場したという覆面レスラーだ。
 彼もまた、空中殺法を得意とする覆面レスラーであり、その華麗な技は多くのプロレスファンをわかせた。
 が、メヒコ(メキシコの意)のルチャはそれを遙かにしのぐという。

 これが拙者の知る、前の会社でかの御仁に聞かされた知識である。

 「まあ、有名な覆面レスラーはプロレスにより多額の資産を得て豪邸に住み、子供達のあこがれの的になっているというあたりは話の種としては面白…ん? どうしたのでござる、ストライク氏」
 ストライク氏は彫りの深い顔に影を寄せ、真剣なまなざしで静かにつぶやいた。


 「…ルチャはね、すごいんだよ」


 …はああ?!
 「メキシコにある神父がいてな」
 し、神父?
 「彼はたくさんの孤児を育てようと引き取ったが募金も思うように集まらず、神にこう、祈ったーーー」
 手を組み、空を見上げる彼。一条の光がスポットライトのように彼の顔に当たる。
 「『ーーー神様、私には力がありません。…ですから私は”ルチャ”をやります』」
 ……はいい?
 「そう、彼は孤児院の子供たちのため、覆面をかぶり、リングに上がったのだ、謎のレスラー”フライ・トルメンタ”として」
 なぜか拙者にはリング脇の観衆の声が聞こえたような気がした。
 「一度だけ、フィルムで見たことがある」
 ゴングが鳴る。白いマットのジャングルにブーツのゴムがする音、華麗なステップ、リズミカルにバウンドするマット、飛び散る汗に茹だるような熱気。
 そこはすでにリングサイドだった。
「リングの下に落ちた相手選手に向かい、リングの上で側転、バク転、ジャンプ、そしてトップロープの上からダイビングボディプレスを放つその勇姿を…」
 割れるような歓声が周囲を飲み込ーーーいやいやいやいや、ありえないでござろう、それ!
 「そしてその仮面の下に苦悩の神父の素顔があることは誰も知らないーーー事になっている」
 事になっているって、あーた;
 「ちなみに日本でのリングコールは暴走神父な」
 めっちゃばれてる! ばれてるよ神父ぅぅ!!!
 「そ、それは…対戦相手がすごく辛そうな…こう、心証的に」
 孤児を養う為に戦う神父、だれが勝てるというのだろう。 拙者の脳裏にぷるぷると震えるチワワを抱えて悪漢に立ち向かう覆面レスラーが浮かぶ。
 「ああ。だがーーー」
 そういってストライク氏は嗤う。
 「それがプロレスってモンだろ?」
 なるほど、確かに悪魔のようであった。…本人的にはイイ笑顔なんだんろうなぁ。

スポンサーサイト

今日の出来事

 あ、ありのまま今日起こったことを話すでござる!
『長いこと狙っていた課長の椅子を副部長に取られた』
な… 何を言ってるのか わからないと思うでござるが
拙者も何をされたのかわからなかった…
中央演算装置がどうにかなりそうだった…
ウィルスだとか超スピードだとかそんなチャチなものでは断じてござらん
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったでござる…

 4月、それは新生の時、四月、それは新たなるスタート!
 そこかしこで桜が咲き乱れ、若人は浮かれ、人は皆あらたな始まりに
胸をときめかせるそんな時期。拙者の勤めるD因子研究所東京三鷹支部(仮名)にも新たな風が吹いていた。

 ーーー辞令 下記の者、事務部副部長を任ずるーーー

それは拙者の直接の上司Uの課長職から副部長への昇進告知であった。
「フム、これで上司Uの苦労もすこしはへるというものでござるな」
拙者もそう思いつつ、辞令の張り出された掲示板の横を通り過ぎようとしてピタリと足を止めた。
「ーーーまてよ」
 拙者の中央演算装置が激しく活動を始める。普段職場では滅多に働かないそれはその時、実に通常の数倍の性能で稼働した。
 あれがこうなって、ああなって、フム。
 拙者はぽんと手を打つと、すたすたと職場である企画室の扉をくぐった。
 「上司U、いや副部長殿、おめでとうでござるよ」
 拙者がそう声をかけると拙者の席の対面、32インチの大型液晶モニターの向こうからのっそりと熊が顔を上げた。
 「ああ、ZANちゃん。おはよう…」
 拙者をちゃんづけで呼ぶこの熊こそ、だれあろう上司Uである。
 確か出身は樺太だったか。(注:この設定はねつ造です)
 上司Uが狭そうにからだを揺すって、また机の上をごそごそと漁る。
 別に本能から鮭を漁ろうとしてたのではなく、書類をまとめているようだ。
 「おはようでござる。察するに、やはり移動されるのでござるか?」
 「ああ、隣の部屋にね。ここはあくまで『企画室』だから」
 「なるほど、事務部長室でござるな。現在事務部長は不在。となれば上司Uがその席に座ると言うのも頷けるでござるよ。役職柄拙者に聞かせられぬ話題もあるでござろうから」
 「ああうん、まあそうなんだけどねぇ。別段ZANちゃんに聞かれてもねぇ」
 といって肩を揺らして笑う。どうやら苦笑したらしいが、牙が見えて結構いかつい。先日もお茶を入れに来た新人秘書が「食べられるかと思った」とのたもうてたほどでござる。(注:この設定はねつ造)
 「悪いんだけど、PCとか任せていいかな?」
 きた。
 「心得たでござるよ」
 拙者はつと壁の向こうにある事務部長室を見やる。企画室と違い完全に個人スペースとなってるそこには当然マカボニーの机とそれに見合う黒い合皮のチェアが据えられている。

 そこにでんと座る熊。シュールでござるな。(注:この設(ry)

 だがそうなって貰わなければ困る。拙者は高速演算を行う。
 「となると移動するのはPCだけでいいので? ああ、もちろん書類などは拙者も手をつけられないのでござるが、他にそう、たとえばーーー椅子とか」
 拙者の目が光ったのは32インチモニターの影になっていて上司Uからは見えていない。計算通り。
 「ああ、PCだけでいいよ。椅子は向こうの使うし。…あとプリンターだけお願い」
 どこぞの仮面のテロリスト風に言えば『条件はすべてクリアー』といったところか。
 拙者はすらりと刀を引き抜く。
 「承知ーーーところで副部長殿、拙者実は以前から課長の椅子を狙っておりましてな」
 きょとんとする熊。そしてすぐにそれが何を指しているかを察する。こういう頭の切れの良さが昇進の理由でござろうな。元来こうしたやりとりもお好きだし。
 「ああーー。椅子だけでいいの?」
 「さすがに机までは」
 「ん、いいんじゃない? 入れ替えといて」
 「合点承知」

 こうして拙者は課長の椅子 フレックス肘掛け付き(青)を手に入れた! 万歳。
 (なにせ拙者が使ってた椅子はガスショックがいかれて高さ調整がきかない代物だったのである)

 三日後
 「ザンちゃ~ん」
 「? どうしたでござる?」
 「やっぱ椅子返して」
 「なんと?!」
 「いや、どーも座り心地が悪くって…そっちがいい」
 「副部長が課長の椅子を?!」
 それなんてパワハラ?!なんて拙者が思う間もなくのしのしとやってきた熊がひょいひょいと椅子を入れ替える。くっ、拙者はあんなに入れ替えに苦労したというのに!
 「かわりにこの部長の椅子をあげるから」
 だあああ! 望んでないでござるうううう!

 部長の椅子は、座った感じコレジャナイ感で一杯でござった。とほほ。

ちょっとつまらなかったモノ

反逆者の月3
シリーズ完結ということで非常に楽しみにしていたのでござるが、正直ポカーンでござった。
一番美味しい所書かずにどーする! 行間で読めと?!
ダハクも出番少ないし。うん。拙者的にダメ小説決定。
と、いうわけで今日は拙者にとってのダメ小説第一位をご紹介。

「首のない鳥」

という、倉阪 鬼一郎氏のホラー小説。拙者、当時小説好きのクセにこのジャンルはほぼ未開拓でござった。本屋で平積みされてた腰巻に【ジェットコースターホラー】【菊池秀行絶賛】とか書いてあって「どれ、読んでみよう!」と喜んで購入。

…読書後、弟子のDernyに「これ読んでみ?」とおしつけて、なかったことにした。

いや、なんというか。ホラーってこういうの?って考えさせられるいい題材でござった。
やりたい放題やったら収拾つかなくなったから邪神目覚めて終了という、まさにデウスエクスマキナの世界。
はっきり言って良識のある御仁には絶対お薦めしない一品でござる。


後日、弟子は「なんざますかアレは!」と憤慨。そういやHPラブクラフト信奉者でござったな。こいつは。
でも弟子よ、「これを読むザマス!」といって差し出したのが「邪神ハンター(出雲まこと著)」というのはどうかと思うでござるよ?;

ひさびさに

最近久しぶりに小説をいくつか買ったのでご紹介。

●厭魅(まじもの)の如き憑くもの
という推理小説を購入。以前から気になっていたのだがハードカバーのため、手が
出なかった一品。
しいて言えば横溝正史の色合いのような作品で、表紙から異様に引き込まれ、
出だしの文章をちらっと読んで即購入。

内容は…推理小説ゆえあえてここでは申し上げませぬが…河から帰ってくるシーンは
かなり怖かったでござるな;

この作品は流浪の幻想小説家刀城言耶(とうじょう げんや)を語り手とした
シリーズものの第一作であり、すでにハードカバーのほうは続編が刊行されている。
早くそちらも読んでみたいものでござる。(無論単行本にならないと買えない)

●仮面ライダー 【完全版】
いわずと知れた石ノ森章太郎原作の特撮番組、仮面ライダー(初代)の小説版。
もとはマガジンノベルズというレーベルで講談社から出ていた二冊<誕生1971>
<希望1972>に、続編の<流星1973>を書き下ろした完全版がエンターブレインから
出版されていた。小説といっても見慣れたサイズではなく、海外のペーパーバックの
ようなB5変形サイズの為、刊行されていたことすら気づかなかった御仁もいたと思う;

内容は無論皆が知ってる仮面ライダーのお話なのでござるが、チョット違うのは非常に
リアルに作られている、という点だろうか。リアルなのは別段SF的な設定考証が、
というだけではなく組織や人間描写が、といったところである。よくある現代版
リニューアルなどではなく、ちゃんと設定当時の時代背景1971年から1973年までを
舞台とした所もなんとも渋い。惜しむらくはそうした時代背景を匂わす描写が
もうすこしあっても良かったと思う。が、そこは行間を脳内で埋めてぜひ読んで
もらいたい。

なによりハヤトがすごい。
主人公本郷猛より先にショッカーに改造され、失敗作として廃棄され、それでも抗い、
本郷猛に『仮面ライダー』という名を贈る男。

「天国だな、この国は」

このセリフが非常に心に残っている。自らの生い立ちを主人公、本郷猛に語るシーンだ。
日本贔屓の祖父に反発し、日本を嫌い、否定する為に渡来し、拉致された。
その国をこう断言する。かなわない。まったくかなわない。

ひさびさにすごいキャラクターを見せられた作品でござった。