G.S.S.製1/144ストライク 22

え、えうれかーーーー!

といってもリフティングボードでテクを決めるやつじゃなくて裸族のほうでござるな。
「天災とは99%のボケと1%の宇宙意思」…あれ? ちがったかな。ハカセ的には間違ってないと思うが…。
そうそう、「天才とは99%の努力と1%のひらめきに寄る」でござったな。
今日、仕事で煮詰まって帰ってきたらなんとすごい画期的なアイデアを思いついたので早速試してみることにしたでござるよ。これ、うまくいったらチョットすごいでござるよ?
もう全国200ユーザーのG.S.S.製ストライク製作中の皆様に真似していただきたいくらい。

…え? もうとっくに組み終わってる?

そらそうでござるなorz

で、思いついたのがこれ。
メインスラスターの赤い枠をごっそり後ハメにする!
方法はいたって簡単。
まず写真の通り赤い枠をがっちり接着します。無論この前にダボへの取り付け穴位置は1.5mmのピンバイスで深さ2m程度穴を掘りまする。


そしてエンジンユニット基部の取り付けピンを写真左のように半分くらいに削り、頭を丸くします。


で、片方をピンに引っ掛けてからぐぐっと力技で開いて反対側も引っ掛ける


なんとまあ簡単な事なのでござるがこれで上手くいくからビックリでござる。
これでエンジンブロック内部の塗装も後から簡単に変更することができるようになり申した。

そして拙者はもう一つ、画期的な方法を思いついた。

タックンナイス!


上部スラスターの組み付け。ここも赤い格子と枠、それから内部のスラスターモールドが別パーツで整形されていて大変美しいのでござるが…ここも後から手を加えたくなる所。
なので分解が可能な形に出来ないかと考えていたのでござる。

で、思いついたのが普段仮止めや塗装に使ってる両面テープ。
これを幅5mmのラインで切って、短冊状にしたものを基部の裏側から貼り付け、回り込むようにして格子を止めまする。


この際、側面の内側になるほうはさらに5mm×5mmに切った両面テープを貼っておきます。
で、外枠をガバッと被せて内側を強く押して固定。そのままエール本体(黒い所)に貼り付けます。
思ってたよりもあっさりと攻略できてしまいました。うーん、ハラショー。
スポンサーサイト

いんたーみっしょんの2

浮気はばれなければいいのだ!なんて思っているからバレるんだ。どうどうとやれ!


先週末に拙者のデジタルカメラが修理に出たことにより、ストライク制作が頓挫してますが
これはまあ、これ、機会と思ってちょいと寄り道をしてみました。
いや、MS-06R2作ってすこし憂さ晴らししたんだけどどうにも物足りなくて…。

まあ、拙者の古くからのお友達ハイアームズ殿公認ということで、ここは浮気をしてみようということにしました。
で。作ったのがこちら。


デジカメが無いのでiPhoneの搭載カメラ使用。これ以上寄れぬのでござる;

久々に全塗装が出来てすっきりしたでござる。(ぁ
あとはスミ入れなのでござるが、そこは作中イメージでやろうかと思ってまだ手を付けてません。
改修箇所は以下の通り。
・肩アーマー、海老沢氏画のようにプラ板で段差を一部追加。
・フロントアーマー先端を1mm延長。


ありゃ? なんで回転してないんだ?? iPhoneの仕様か? おのれゴルゴム!
近づいたためピンぼけになっておりまする。トホホ;

・腹ブロックを後ハメ塗装にする為、胸部の分割をエッチングソーで変更。


 こっちもダメダメでござるなぁ;

土日二日間モデリングなのでアラも目立ちまする。

<失敗点>
・エナメルクリアーでセンサー、ドームパーツを塗装したが指紋が着きやすくて泣けました。
内側から塗るようにしたほうがよかったかも。(でもそうするとフチが透明になってしまう…)
・胸部の分割変更はたしかに胴を後ハメに出来た物の肩関節のポリキャップが取り外し不可能
 となってしまい、塗装の際に結局マスキングするハメになってしまいました…。

<塗装>
お手軽に缶スプレーで吹いてます。白>Gホワイト01 青>Gブルー08 関節色>忘れた(ぁ
青は本来はもっと明るい青なのですが手持ちの缶スプレーがティターンズマーク2のが残ってたので
ソレを使いました。関節色もソレにあわせて一段濃い色の物にしてありまする。

<感想>
二日間モデリングは久しぶりでしたが疲れました。そういや以前一日モデリングで作ったのは
ユニオンフラッグだったな…。やり残した点としては両肩のGNドライブのフレームを延長して
やった方が肩の動きがスムーズになったかも。あとGNドライブの3点バーニアの中身もなにか
お手軽な方法で作れないかとか、GNシールドフルスクラッチorSD版から流用とかできないかとか…。
まあ、気が向いたらまた手を入れるとするでござるよ。つか、二日間じゃこれ以上無理でござる;

今回はまさにむらむらしてやった。こうかいはしていない状態でござる。うんうん。

G.S.S.製1/144ストライク 21

デジカメよ! 私は帰ってきたー!


さぁてようやく再開でござる。とはいえ前回のスラスターユニットについてでござるが
構築を以下の方法で行うようにしました。


・極力あとから手を加えられるよう、接着を減らす。
・基本は部分塗装。気が向いたら全部塗装。
・なるようになる。
いや、正直ここは一番悩んだところなのでござるよ。
上記の現在の写真。ここまでで接着したのは翼端部の白いパーツとスラスターの格子パーツ、それから可動部分の関節技パーツのみ。
あとは真鍮線接続でござる。何でこんなことしてるかというと、あとで手を加えたりしやすいようにするためなんでござるが…。

素敵スラスター部分なんぞ絶対接着しないと組みあがらないだろうなぁ;

さて、続いては接続ステーでござるな…。コレは正直自業自得なのだがとても参りました。
一番いいのは本体側はパテで埋めて無かった事にする。
という手なのでござるがソレをやると今度は「カラーレジンのキットを部分塗装でお手軽に」という当初の目的から逸脱してしまいまする。…いや、いいんだけどね。

いんたーみっしょん

さて、ここのところG.S.S.製ストライク一色になっている拙者のブログでござるが
おかげさまで着々と訪問者カウントがたまってもうすぐ9000に届きそうな勢い;
厚く御礼申し上げまする。 m(_ _)m

さて、今回は他の近況報告。というか現在ネトゲが完全休止状態になってしまっていたので
そのへんから…。

ご存知の通り拙者のブログはもともとPSOで知り合った仲間内でいろいろとわいわい遊んでいる
日常を赤裸々に、事実だけを(ここ重要)書き連ねていった物でござった。
どんなことがあったかはまあ、バックナンバーでも読んで頂ければ御分かり頂けると思うでござる。
(遠い目)

で、まあそうしたわけでPSOに先月まで復帰してたのだが実質マキシマムアタック後、レア堀りをやったりして楽しめたかというとさほどではないという現状。

せっかく間借りとしてチームに誘って頂いたのだがこれがまた時間帯が全然あわなくなってしまい、ご無沙汰してしまったのでござるよ。

今までと同じペースでゲームが出来るかと言われると少々つらい物が有るのだが、さ、ソレはソレとして何かやらないと勿体ないと思う所も有ったり無かったり。

ECOも尻切れとんぼになってるし、なんとかせねばなぁ;;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。