G.S.S.製1/144ストライク 20

前回の補足ー。
スリットファン部分の接着方法でござるが部品があまりにも小さすぎて持てません。
そこで以下の方法でやると楽だったのでメモっておきます。

1.本体側(黒い方ね)の取り付け位置に瞬間接着剤(ゼリータイプ)を爪楊枝で一滴おとしておく。
2.スリットパーツ(赤い方)をひっくり返して両面テープでカッティングシートに固定
3.はんこを押すようにポンとやる。




これで巧く行きまする。

んでもって今日の御代

エンジンブロックを考えよう!(組み立てようでないところがミソ)


自由可動型のスラスターユニット、ここが十数点にも及ぶパーツで構成されています。
コレはその主要部分の写真。




上下に挟んだ平ノミの先端部分、赤いパーツにLRという刻印がそれぞれ有るのが分かるでござろうか?
これで一対ということらしい。
なおこのスラスターの赤枠パーツ、内側に四角い取り付け溝があるが潰れてたため平ノミ(細)で再生してあります。




エンジン部分。基部とファン部品が別になっていて大変加工しやすくなっています。
これがスリットからチラっと覗く事を考えるとワクワクするでござるな。
取り付け軸はそのまま生かす事を考えて1.6mmで穴をあけてしまいましたが、この取り付け軸は真鍮線に置き換えて着脱できるようにした方が、あとあと便利だったと後悔しました。
(その場合、1.6mmでは太すぎるのでござるよ。トホホ)
スラスタースリット部分はこれも左右から張り合わせる形。ここも取り付けの四角い溝を平ノミ(細)で再生してあります。

また、黒いユニット本体もパーティングラインが気になったので全体をヤスリで削って整えました。
整形色を生かそうとするとパテ盛りができないのが難点でござるなぁ。

さて、これをがっちり接着してしまうと後々修正、メンテをするのが大変でござる。何かいい案を考えなければ。

と、ここまでやった所でデジカメが、デジカメがああああ;
修理出しまする(涙
スポンサーサイト

G.S.S.製1/144ストライク 19

ドキ! SUNチェックだらけの模型工作! ポロリもあるでござるよー(爆)


さて、前回に続きエールストライカーパックの工作でござる。
一番小さいパーツ…それはコレ!


これはエールストライカーのビームサーベルラックの付け根、その先端部のダクトノズルの赤いスリットでござる。
ここが別パーツであるが為に、無塗装でも映えるのでござるなぁ。

De,
KoReWo
....NaKuShiTa


orz

あーもう! 作ればいいのでござろう! 作ればっ!!


ということでくすり指に引き続き第二回、なくしたパーツを新造しよう、のコーナーでござる。


材料はこんなこともあろうかと残しておいたパーツランナー。比較的四角い部分を選んで加工します。

加工方法、チマチマ平ノミ(細)でけずる。それだけ。




出来たっ。
というわけで比較写真。



左が新造。右が元パーツ。後ろが嵌めた状態でござる。…ってあれぇぇ?!

見つかりました。

                                 …せっかく作ったのに(涙)


はっきり言って拙者の「集中」「精密工作」「現物合わせ」スキルでは製作時間が60ターンくらい掛かりまする。
なので今日はここまでっ!!!(パタリ)

G.S.S.製1/144ストライク 18

キャストブロック積み木地獄

さて、ついに本命のエールユニットでござる。このキット、エールの細部ディティールに惹かれて購入したと言っても過言ではないほど精密な部品構成でエンジン部分などが再現されているのでござる。そこをどう攻略するのかが見せ場でござるな。

正直じっくり腰をすえて作らなければならない部分なので更新は遅めだと思割れますが、お付き合いくださいませ。

まずはユニット機部、および上部ウィングユニット


ウィングは3パーツにより構成され、色分けをしっかり再現している素晴らしいできでござる。
くみ上げはLRの区別があるので注意して行って下され。ちゃんと接着面にLRが書いてあるのでご確認を。


この写真はLRを手書きで咥えたもの。ここなら目立たない?

三カ所のダボ位置に0.5mmの真鍮線を通して接着してあります。このとき必ず
ダボに0.9mmのザグリを入れる
ようにすると、接続時に多少真鍮線の軸方向がずれてもまがって吸収してくれまする。

ウィング基部は可動軸になっていますがキットのままだと軸が細すぎて角度を着けて保持することが出来ません。マニュアルでは軸を太らせるなどして対応となっていますが、
それだと接着後にブーン、ドドドをやってる最中、ポッキリ逝ってしまうのが怖かったため市販のパーツで代用しました。


これはコトブキヤのHジョイントグレーでござる。
これのB-3とB-6を組み立てたものを二つ張り合わせて基部を作成しました。
当然接着するのはB-3同士。B-6のほうは独立してまする。
また接着面はヤスリで削り微調整をしてキットのダボ穴とあわせてみました。
そこらへんは拙者の得意技、現物あわせというヤツでござる。
…最初からこのジョイント使うつもりならこんなことせずにすんだのに…トホホ。

下部エンジンブロックは難関が一杯なので次回に!

G.S.S.製1/144ストライク 17

浮気してました



や、ココの所更新をサボってはいましたが手は動かしていたのでござるが…ストライカーパックは細かいパーツが多くて大変。というわけであまりのSUNチェックの多さにイヤ気がさしたので、リフレッシュするために1/100MGザクⅡ(ジョニー=ライデン専用機)さんでござる。
ま、見てのとおりイヂったところはモノアイとビーズ埋め込み(20箇所)位なのでござるが・・・。

閑話休題(そんなことはさておき)



ソード取り付けステー部分。
軸の太さが若干足りないため、ソードが自重に負けて空回りしてしまうので、0.25mmプラ板を貼って調整。基部側はマニュアル通り3mmポリランナーに置き換えました。
本体との接続ステーは未だに3mmのまま…こっちは隙間が無いのでまだ見れるでござるな;ランチャーのほうは見れたものではないという…orz


さて、これでソードストライカーの部品組は終了でござる。
ソードのレーザー歯はB社製1/144ソードインパルスの物を使用となっていたのでござるが持ってなかったので往年のテクニック、クリア下敷き(赤)を切り出してエッジを作成…予定。ウウ、在庫どこいっちゃったのでござるー;


あとでランチャーとあわせて塗装でござるな。

G.S.S.製1/144ストライク 16

対艦刀は漢の浪漫


えー、とりあえず前回のオチは投げっぱなしにしておいてソードストライカーパックの作成に入りまする。
パンツァーアイゼン


この小ささで色分けを再現する為に青色の部分が別パーツになっておりまする。
こういったパーツはあえてランナーから外さず、細かい修正を行います。



写真は裏面のダボを残してランナーを削り落としてる所。こうやって繋いだまま作業できる所は
そのままでやった方がパーツの保持が楽になりまする。
で、ある程度修正が終わった物をランナーから切り離し、ヤスリを当てた後、瞬間接着剤(ゼリー状)を少量、爪楊枝で盛りつけてやって接着します。
液状を使わなかったのは溝にそって流れ出してしまうのを嫌った為でござる。
爪側はダボが生えていて本体に3mm穴をあけるとそのまま保持できますがワイヤーアクションを追加するため下穴をあけた後、切り落とし、2mmドリルで穴をあけます。ポリランナーで接続できれば完成でござる。

対艦刀シュペルトゲペール


こちらもアグニ同様伸縮ギミックを差し替えで再現しています。
刃先の差し替えはキャスト製のダボを使ってやるように出来ていますがポロポロ落ちそうで不安なので真鍮線に交換しました。

肩アーマー・マイダスメッサー


手を加えてるパーツは無いのでござるがここで一工夫!
肩アーマーとマイダスメッサー基部の接続ははめ込みで、腕の可動を邪魔しないようになってるのでござるがこのはめ込み部分がえらい渋いという方!
無理してはめ込もうとするとパーツを割ってしまうのでぜひ
ぬるま湯に着けて柔らかくしてから
差し込んで下され。そうすると苦もなくくみ上げる事ができるでござるよ。
・アナザーソードストライク用パーツ
…ここで本日のオチ発生!
G.S.S.製ストライクに接続する時は'G.S.S.製ストライクに付属の'シールドマウントパーツで接続するようです…。
そして、
拙者の左用シールドマウントパーツは06回目の更新で見せたようにすでに改造済み
…ああああ;

なので苦肉の策!


軸をパラベラムのボールジョイント軸で延長しました。(ボールジョイントBJ03のポリ部品だと粘り気が足りないのかポロリと落ちてしまった為。ちなみにボールが肌色なのは肌色が余っていたから)

これでがっちり保持できるようになりました。…右側は…元のままでもいいでござるよな? ダメ? やっぱり?

G.S.S.製1/144ストライク 15

ルルーシュぅぅぅ!!!(ブリタニア皇帝の声で)


えーと、何があったかと申しますとここ数週間某アニメ番組をとりためるだけとりためててぜんぜん見る暇がなかったのでござるな。
なのに放送は毎週あるもんだから公式サイトの人物相関図を見るたびにマスオさん的驚きかたを連発してたのでござるよ。
さすがに4話みてないだけでこんなに人物相関図に×がついたりきえたりするとは思わなかったぞ;

閑話休題

で、そんないろいろと目の離せないアニメなんぞ見ながら作業をしてれば当然手元がおろそかになったりする訳で…。


写真はアナザーランチャーパック用のコンポジットウェポン取り付け用パーツなのでござるが…
か、貫通してしまった;;
コトブキヤのメカニカルモールドでリカバリしました;


そしてもう一カ所。あとから気がつくことになるのでござるがコレ。

背部取り付けステー


拙者、何の疑いもなく3mmポリランナー使う物だと思って3mm穴あけたのでござるよ!
そしたら、そうしたら……。
2mmだったっぽい(ぁ

エールユニット組み始めて気がついたのでござるが、こちらの接続用ステー(写真左下のランナーについている部品)が2mmのキャスト製なのでござるよ!

つまり拙者、大きさ間違えた??? 
不覚! ソードユニットの取り付けステーも3mmで穴あけちゃったでござるよ?!
もちろんストライク本体側も!!!

もう経済特区日本開設記念式典なみの大惨事でござる。

おちつけ、落ち着くでござる。こんな時は落ち着いて考えるのでござる!
3択-ひとつだけ選びなさい
答え1 ハンサムの斬奸は突如リカバリーのアイデアがひらめく
答え2 親切なブログ読者の方がきてコメントで助言してくれる
答え3 なおせない。現実は非情である

せ、拙者としては答え2に丸を付けたいと事なのでござるが正直言ってこんなしょぼい(はっきり言って日本で一番しょぼいと言い切れる自信が有る)ぱっと出のガレキ攻略ブログに都合よくあらわれてアメリカン・コミックのようにジャジャーンと登場して「まってました!」と間一髪助けてくれるってわけには……いかないでござろうなぁ、やっぱり;
   答え3!答え3! 答え3!
Nooooo!!!

……to be Continued

G.S.S.製1/144ストライク 14

アグニを組む!




ランチャー本体。こちらのデザインは電撃ホビー、ホビージャパンの共同企画?で1/60PG作例に採用されたデザイン準拠となっております。
このデザインが秀逸で、伸縮ギミックがデザインの中に生かされており、このキットでもソレを再現する為に一部差し替えパーツが付属しています。
まずバックパックと支持アームです。
こちらも長大な砲身を支えるためしっかりした作りになっています。ほぼマニュアル通りに組んでみて
気になった両端のジョイント部分を改修しました。



1.バックパック側
マニュアルでは関節技(小)となっていましたがパラベラムに変えました。見栄えと保持力UP、そしてボールジョイントの受け軸をアーム側につける事によって軸側の伸展を可能にし、若干引き出し間接風にする事で可動域の拡張をはかったのでござるが
はっきり言ってあまり効果なかった
でござるな、うん;

2.アグニ側
アグニ基部の回転軸がキャスト製だったため、2mmABS軸に置換ました。
 こう、キャストのままだといつ捻切れるかという音が聞こえてたので精神衛生上ちょっと…。

アグニの伸展


上が伸展時、下が縮小時の写真。差し替えパーツは縮小時の下のパーツの取り外しとレールパーツの差し替え。
写真のように伸縮してかっこいいのでござるが…、左右のガイドレールがどうにもダボが微妙にずれてしまったようで収まりが悪いのでござる;
ここはもとから刻印されているダボに頼るだけではなく、精度を出す為にじっくり位置合わせをしてからピンバイスで穴をあけるようにするといいでござるよ。…拙者は間に合いませんでした!

なのでリカバリー
ガイドレールパーツの後方のダボ穴のみ利用することにしました。
方法は単純に後方の真鍮線を残して、前方のものを撤去しただけ。
ぐらつくのがイヤなのでガイドレール側の穴を瞬間接着剤で多少渋目に調整してあります。

はい、完成! お粗末様でした。


って、よく見たら砲身の赤いパーツ落ちてる?! どこいったでござるーーーっ!!!
(後日見つかりました;)

G.S.S.製1/144ストライク 13

武器だ!武器をくれ!

ストライカーパック、まず最初は比較的簡単なランチャーから手を付けてみることにしました。
まず最初にパーツを確認…多い; 本体側への取り付け部品で似たようなのが3組もある;
これはG.S.S.製品、B社プラモデルストライク、同ストライクノワール、同ダガーに取り付けられるようにと設計されている為、取り付け基部が3種類梱包されているからでした。うーん、うれしい設計!
(つまり他のストライカーも各アタッチメントが付属してるという事ですね)
パーツはセットごとに目印をもうけてあります。これやっとかないと本当にどれがどれと組合わさるのか
分からなくなる…。ちなみに写真の部分に印を付けておく分には外から見えません。



で、ランチャーユニットの右肩につくコンボウェポンポッドの作成なのでござるが…いきなりやられた。肩背部につくドラムマガジンにでっかい気泡が隠れていて、それに気づかずにぎったら、めきょっと凹みました。(ついでに拙者も凹んだorz)


なのでまず最初にすること。アルテコ~~!
つめて乾燥させて削りました。オリーブグリーンであとで塗りまする。



で、組む時の注意なのでござるがガトリングユニットの砲身と本体の緑色の間にある黄色い部分、真鍮線で繋ぐのでござるがこの黄色のリングは貫通させるため2mmで穴をあけてあります。中心出しいくつもするの面倒だし(ぁ
あと、組み替えをして遊ぶ事が前提の拙者は何度も組み替えると真鍮線接続ではへたってしまうのでコンポウェポンの側の接続を2mmポリランナーに置き換えました。(最後の写真参照)

ミサイルの先端である赤いぽっち、拙者のキットは気泡が入ってしまっていました…目立つ部分なのでHアイズを赤く塗った物に置き換えました。右側の若干大きめのがHアイズで作った代用品でござる。


あと、バルカンのドラムから伸びる赤い弾帯については、背部のドラムユニット側のみ真鍮線で接続としました。
バルカン側にもダボはありましたがあえて刺してません。組み替えるときその方が簡単なので。

最後にブレードアンテナ。
こちらは前後から貫通穴を0.5mmで設けて真鍮線により若干ですが稼動するようにしました。真鍮線は穴の全長より短めにして差込み、終端はピンバイスに0.5mmドリルを反対側から刺したもので押し込みます。こうすることで、穴は見えてしまいますが真鍮線自体は見えなくなるのでござるよ。
(分解する時はまた逆側からドリルの尻で押し出しまする。ピンポンチとかの代わりにするわけでござるな)
固定でも構わなかったのでござるが、まあ、ここまでやったら…というやつでござる。



G.S.S.製1/144ストライク 12

そんな歪み、修正してや(同ネタ多数のため以下略)

本体がようやく紹介終わったのでストライカーパックに。
まずはゆがみ修正から。
ガレージキットはキャスト整形の都合、細いパーツ、長いパーツは歪みやすく、
取り出してみたらこんな感じにまがっている事も多々ありまする。




そんな時は慌てず騒がす適当な容器にポットのお湯をいれて部品を沈めます。




ポイントは、直接火にかけないこと。湯がある程度で冷めてくれるのが理想的でござる。

冷めた所で取り出すと、ご覧の通り、ゆがみがとれているのが分かると思いまする。



G.S.S.製1/144ストライク 11

さて、本体をトップコートかけます。この上からスミ入れをしていくようにします。
ですのでトップコートはラッカーカラー、スミ入れはエナメル/アルコールペンでいきたいと思いまする。

プシュー。

完成(ぁ


コレでようやく本体が完成。
そして右手親指が一本行方不明;
えぐえぐえぐ。


G.S.S.製1/144ストライク 10

巧く行ったらオメデトウってやつだな!

えー、墨入れ失敗をどうリカバリーしたものかと悩んでいるZANでござる。
ホンットーにいろいろ考え申した、そらもう地上の星がBGMで流れてしまい、最後に缶コーヒーのBOSSで締めたいくらいに。
まず、見て頂きたいのがコレ。




この写真はガンダムマーカー(極細)でスミ入れ後、消しペンを使った状態。
先日も書いた通り表面が吸着しやすかったらしく見事ににじんだ状態になってしまっておりまする。

サイドアーマーと違ってツライチではないのでヤスリをあてがう事も巧く出来そうに有りません。
いっその事全塗装?いやいや、今回はカラーキャストの色を生かしてと決めているし今から方向転換するのも癪でござる。

で、最終的に行き着いたのがコレ


ツールウォッシャーで部品丸ごとドボン洗浄!
※危険ですから絶対にまねしないで下さい。

何が危険かっていうと匂いが危険、パーツ破損が危険、後始末が危険。ついでにご近所の視線も危険という代物でござる。

でもやる(ぁ

そぉれえええいっ


結果
こうなり申した。


結論。予想以上ににおいがっっ!!! 臭気センサーが死ぬ!!!

二度とやらない。orz

G.S.S.製1/144ストライク 09

後悔は大分先で

さて、本体も一応一区切りが着いたのでござるがここまで上げてこなかった改修点をまとめておくでござる

胴体
胴体はマニュアルどうり真鍮線でつないで作ってあります。気を使った所は以下の点
・腹部フレームパーツは0.5mm真鍮線で接続。
・下腹部白パーツ(W-11)は貫通穴を大きめにあけてある。
 (稼動範囲と腰フレームへの密着性を上げるため)

・肩アーマーの遊びが大きかったので軸受けの裏側に0.5mmプラ板を接着。ピンバイスで3mm穴をあけなおしした。



大きく失敗した点
スミ入れ
マーカーでやろうとしたところ、キャスト表面がおもった以上に荒く、スミがぼやけてしまいふき取りも上手く出来なかった。リカバリー方法としては削るしかなく、苦労した。
次は絶対クリアスプレーでコーティングしてからやろう;

G.S.S.製1/144ストライク 08

…PS装甲って汚れないんだよな(ぁ



本体の部分塗装、スミ入れ
えー、フェイズシフト装甲に塗装をするとはじかれるというのが公式見解なため、各部ディティールに対して色をおいていくことにしました。
マーキングデカール貼るとSCYTHE様の作例みたいにかっこ良くなるかなと思ったのでござるが予算とPS装甲設定のヂレンマでこれもオミット。
なのでグレーのフレーム部分にガンダムマーカーのブラウンでスミ入れをしてみましたが…ちょっと
薄すぎるようでござるな;全然目立たない。
するのと、シリンダーなど一部をファインシルバーで塗るのにとどめました。
あと各部モールドにはアクセントとして赤を置いています。これでようやく本体が一旦組み上がりました。そう、まだまだ完成ではないのでござるよ…。




マニュアルに沿ってできるだけ接着する事無くくみ上げた状態。
この段階で接着してるのは以下の部分です。
・頭部アンテナ(白いアンテナと赤い中央部のみ接着)
・肩アーマーフレーム部分(ここは接着しなくてもいいのですがぶらぶら動いてしまうので接着)
・肘関節部分(ここは接着しないと組めませんw 2液混合でがっちりやってます)
・股間部青パーツ
・太もも側膝関節(がっちり接着)
・すね側膝関節(膝アーマーとあわせてがっちり接着。真鍮線で繋ごうとしたら失敗>w<)
・ふくらはぎ、足首ボールジョイント軸受け(がっちり接着)
・踵内ボールジョイント受け(がっちり接着)
…あれ? 多いような?(ぁ

G.S.S.製1/144ストライク 07

会場展示の作例に勝るお手本なし!



シールドに続いて今日はビームライフルをいぢろうとおもいまする。
ビームライフルは1mm真鍮線で組み立ててあり、センサー以外は接着してません。
センサーはWAVE HアイズMINIの2.8mm径の物を使っています。(推奨は2.5でしたが在庫が無かったため)で、発色をよくする為に背面をヤスリ当てた後にガイアカラーのブライトシルバーを塗布してあります。


両手持ちさせてみてこんな感じ。


これだけだと拍子抜けなのでもう一点。

手首について。

手首は右の武器持手首(その3で指を作り直したアレ)があるので、そのうちの一方を銃専用に調整しました。写真左がビームライフル用、右が無加工でござる。





具体的には以下の通り。
・親指の受け軸の位置をダボ位置から変更
・手のひらの段差でグリップと鑑賞する部分を一部削除。
となっています。

このあたりはマニュアルには掲載されていないのですが、こうしないと銃を持たせる事が非常に困難でござった。
多分指を中指・薬指・小指のパーツを真鍮線で繋ぐ形にしておけば楽だったのかと思われまするが
ついうっかり強固に接着してしまって…そう、2液混合のエポキシでがっちり;

こんなことならもっと真面目に会場で作例をみておくべきでござった…。トホホ。

G.S.S.製1/144ストライク 06

シールドの攻防




G.S.S.製ストライクの特徴ともいえるこのシールド、完全に打突武器と言った感じの先端が映える、ケレン味の効いた一品である。(鑑定団風)
カラーキャストで完全分割されているため組むだけでとてもきれいに出来上がります。問題は重量と固定方法。
固定方法は接着しちゃうとあとあと修正が利かなくなるので今回は秘密兵器両面テープで組んであります!
真鍮線を通すと保持面が薄いためどうしても裏側に貫通してしまうのでこの仕様となりました。
また腕部への接続ステーですが、キットの物はとてもかっこいいのですが薄すぎてシールドの重さに負けて横に傾いてしまうという点と、肩アーマーに干渉しやすいという点が難点です。
非常に薄いシールドなので中に仕込めるボールジョイントは少ないのですが
ここはWAVEのBJ-03Aを使用することにします。
まず裏側のマウント基部パーツ(G-01)を組んでピンバイスで穴をあけます。




この穴を中心に白いフチパーツ(W-30)にポリキャップを埋める穴を掘ります。
白いフチパーツにある裏側のくぼみの深さをゲージにしてその周辺を四角くマスキングを施し、内側を彫り込みます。こちらだけで深さを稼ごうとすると難しいので
反対側の赤い方(R-02)も少し削り込みます。
キャストはプラスチックよりも柔らかく、彫り込みも刺して力を入れずにサクサクいきますので勢い余って削りすぎないように注意しながら掘っていき、最後にフチを馬鹿の一つ覚えのスパチュラーでかりかりけずって微調整しました。




腕側のステー基部は一旦湯につけて軟質化させ、若干挟み込み角度を深めにしてみました。これでがっちり保持してくれればいいんですが。(真鍮線を埋め込むほうが無難です)
軸受けもBJ-03Dにするため2m径の穴をあけた後、先端を3mmほど切ってジョイントを仕込みました。


今回デジカメの写真が黄色がかってしまったのに撮りなおしもなかったのでカラー調整で赤-20、緑-20、青+40にて調整しました。トホホ。

G.S.S.製1/144ストライク 05

ビバ! スパチュラー!!!

先日の写真でもUpしたのですが、重要なリカバリー箇所がありまして…それをどうしようかとずいぶん悩んでSCYTHE様にパーツを請求させて頂けないかどうかまで相談差し上げた所、残念ながらこのパーツに余剰が無いとの事!orz
でもいろいろとリカバリー方法について指南頂けたので早速試してみる事にしました。

そのパーツとは足首アーマー! このアーマー、足首のポリ軸に引っ掛ける形で固定するのでござるがその為にこちらのパーツには内側に軸受けのくぼみがある…のでござるが、これは逆に見事に盛り上がってる。


こちらがその写真。右のパーツの内側、くぼんでるはずの所が膨らんでるのが分かるでござろうか?

御教え頂いた方法としてはまず、外周をまるっとデザインナイフの刃でスジを堀り、しかる後に平ノミ(細)で内側から掘りこんでいく。そうやって軸受けの外側を作った後、平ノミで底を彫り込んで平にしていく。

まあ、書いてしまうと単純な作業だが結構手間のかかる作業ではあります。
しかしコレをやらねば完成しないとなれば孤軍奮闘するのもやむなしなのでござるよ。




で、がんばって外周を彫り込んだ状態がコレ。
このあと平のみでザクザクと穴を彫り込んで底面を作っていくのでござる。
が、不器用な拙者の事、どうにもこの外周の円のフチが巧い事垂直に削れぬのでござる。
そのうえあまり大きくあけすぎるとぐらぐらになってしまう。何度も途中で3mmポリランナーをあてがって径を確認しつつ作業を進める。
…飽きた(ぁ
なんかこう、簡単にできる方法が無いかなーと視線を上げるとそこにパテ細工で使っているスパチュラ-が…。


つ、使える! すっごい楽でござる!
あっという間に垂直なフチが完成しました。悩んだ時間なんだったんだか;


なんでもSCYTHE様曰く、結構この手の不具合は起こりうるとの事。
皆様もよかったら試してみて下され。

あ、そうそう、この穴の内側も白を塗っておくと組み上がった時ダボの部分が目立たなくなっていい感じでござるよ。

G.S.S.製1/144ストライク 04

ディティールアップパーツってなんであんなに高いのでござろう? やっぱ需要か?

頭部の改修その2
えー、ためしにスミ入れをしてみた所頬のスジ彫りが甘く、スミ入れが上手く出来ず、またリカバリーも出来なかったので断念したと書きましたが…あっという間に思いつきました。
拙者、スジ彫り=ケガキ針という固定概念に固執していたため、もっとも単純な方法を忘れていたのでござるよ。
A.単純にデザインナイフを差し込む。
直線的なスジ彫りで、なおかつ上下から差し込むことで難なく線が入れられるため、この方法で正解でござった。はっはっはっ(汗
1/144とスケールが小さいため、この程度のラインでえらい引き締まりまする。

それから、もう一点、側頭部のダクトとバルカン砲(イーゲルシュテルン)周りでござるが…ここもキットのままスミ入れしようとするとどうしても汚くなってしまいまする。
そこで…思い切ってバルカン砲のモールドを切り落としてしまいました。
これで後からモールドを再接着。というのも考えたのですが、それではあまり芸がないので…WAVE製C-パイプNo.1という市販の真鍮パイプで新造してみました。


これが切り落とした所と差込用に用意した真鍮パイプ。外径は0.9mm。長さは5mm程度でござる。穴は深さを4mmほど掘り申した。
パイプを差し込む前にスミ入れを行います。フチのスミ入れの境界線の所もデザインナイフで切り込みを入れておいてやると、はみ出した部分を除去する時に目安になるでござる。
この大きさだとエナメル溶剤で拭き取るよりもデザインナイフの刃先ではみ出したところを削り取ってやるほうが簡単でキレイに行きます。
(下地処理をしてない為、下手に用材を使うとレジン表面にしみこんでしまうこともあります)
真鍮パイプを差し込んで、頭部をくみ上げたのが以下の写真。




どうでござる? なかなか男前でござろう?(ぇ

G.S.S.製1/144ストライク 03

ガンダムは顔が命!

頭部は非常に精度の高いバーツの集合体でござる。


アンテナ中央の赤いパーツ(R-05)のみ接着してあります。あとは接着してません。
顔部分の塗装は以下の通り
デュアルセンサー:ガイアノーツ025橙黄色で塗装。
縁取り:タミヤエナメルブラックにて塗装。
フェイスパーツ縁取り:タミヤエナメルブラックにて塗装。
フェイスパーツは右頬のスジ彫りが薄くて塗料が残りませんでした。ここは拙者の腕では修正が難しいため、断念(涙



組み上げたのがこの状態。

実は頭部はマニュアルにあるのとは一部違った作り方をしてまする。それは首間接。
マニュアルでは関節技(小)を使うとなっていましたがデュアルカメラのパーツ(R-04)との干渉を考え、ラウンドのしっかりしたボールジョイントの方が好ましいと考え、同じコトブキヤのパラベラムを用いております。またR-04の軸穴は2mmであけた後、ドリルでしごいて若干ゆるくし、下からの圧着で頭部パーツと密着させ、水平がずれないようにしてあります。かっちり組みあがるのでお勧めでござるよ。

頭部(W-07)のアンテナ(W-06)接続の穴は1mmではなく0.9mmであけてあります。これは拙者真鍮線の穴を開けるときいつもやるのでござるが若干きつめにすることにより、接合強度を高める狙いがあるのでござるよ。

今回ストライクを組に当たって使ったのは0.5mmと1mm真鍮線。普通の結合点には1mmを、手首と指の接合、アーマーシュナイダーの接合には0.5mmを用いました。

1mmの穴は全て0.9mmであけてあります。(0.5mmはそのまま0.5でないと真鍮線が刺さらなくなりまする)

G.S.S.製1/144ストライク 02

魂を削れ! ミクロの戦い!!

今回はパーツ修正のお話でござる。
キャストは流し込みの性質上、どうしても末端部分への注入が上手くいかないことがあります。シリコンの型のスミ、どうしても空気が残ってしまう所で気泡となり、キャストの妨げとなってしまうのでござるな。
そのため、どうなるかというと…こうなる。


写真左、指のパーツ(G-31)でござる。右手のひとさし指、くすり指、小指の三本の真ん中、くすり指の先端が気泡でごっそりえぐれてるのが分かるでござろうか?
これがまあ、痛い所なのでござるがどうやって直すか…。
今回はカラーキャストの地の色を生かした形で仕上げたいと考えているのでそのまま王道のカラーキャストランナーを用いた修正をすることにしました。


この写真下のグレーのキャスト棒の先端を、くすり指の頭に見立ててヤスリで削っていきます。今回は目立てヤスリを用いて加工しました。
指パーツ側もこれを接着するためくすり指の頭を削り落とします。
ちなみに写真で指が握っている白い棒はどこの家庭にもある綿棒でござる。つまりそれだけ小さいパーツということで…や、これを作られたSCYTHE殿にはホント頭が下がるでござるな; 拙者このくすり指二個作るだけで何度発狂しかけたことか…。


で、出来上がったパーツを接着したものがこの写真でござる。若干いびつだが、まあ、なんとか見れる程度にはなったでござるな;;

…実は2個目を削りだしてる際に弾き飛ばしてしまい3個目を作ることになったのは内緒でござるつwT)

G.S.S.製1/144ストライク 01

カラーキャストのお約束

さて、購入してから一週間で大分出来上がってしまっています。その間に色々と試行錯誤があったので、その中で成功したものを中心に取り上げていきませう。
…失敗もあったでござるよ(遠い目)

で、このストライク、カラーキャストと呼ばれ品で、そのまま組むだけで、ほとんどの
色分けがされた状態で完成する品なのでござる。塗装も部分塗装ですむので非常に
お手軽。
だがソレを生かそうとするとどうしても気になる点が出てくるのでそのリカバリーを
今回はやってみたいとおもいまする。

手甲カバー(W-20,W-21)


見ていただくと分かるとおり、左のパーツは薄くて下地が透けてしまっています。
右のパーツは色が透けることなく白くなってまする。これは実は…


この通り、裏から発色させたい色を塗ってあるわけでござる。
今回はガイアノーツのEx-01Ex-ホワイトを使用してみました。
こうしてやることでカラーキャストの本体色を生かして組み立てられるわけでござるな。

C3xHobby行ってきた!


また更新をサボりまくってた斬奸でござる;

えー、先週幕張でホビーイベントがあり、久しぶりに行ってきました。
お目当ては版権ガレージキットなのでござるがまあ、それ以外も色々と楽しめました。
で、数回にわたり購入してきたガレージキットのことなどつらつらとまとめようかと思うので、興味のある方はお付き合いくだされ。

今回購入したのはこちら
http://www3.ocn.ne.jp/~seraphim/etc/ban-mokei3.jpg
SCYTHE様が作られた3アイテム。

・1/144ストライクガンダム(\12,000)
・1/144A/L/Sストライカーセット(\16,000)
・1/144ロングダガー(\12,000)
清水の舞台から飛び降りる覚悟での購入でござる。なにせガレージキットはそれなりのお値段がするのでござるよ;

さて、ガレージキットとはなんぞや?と思われる御仁も多いと思うので少々説明をば…
元来ガレージキットとは、メーカーではなく個人が自宅(ガレージ)で製造した模型キット、という意味合いでござった。メーカーの製品とはことなり個人の意匠、趣味が色濃く反映したモノでござる。また完成品ではなく、部品ごとに分割した状態で配布するのが
一般で、それゆえ~キットと呼ばれるようになった。
当然それを配布、販売しようとすると複数作る必要があるため、シリコンゴムで型を作り、レジンキャストという素材を用いて複製したのが今日のガレージキットでござる。
今も昔と同じく個人が手作業で複製をしているものもあるし、業者に頼んで複製を行っている所もある。(これを「業者抜き」といわれる)
業者によって複製されたものの方が全般的に精度が高く、品質も均一になります。

まあ、そうしたキットの販売には、その作品の版権を持っている企業の承認がないと販売ができないとなっているのでござる。(拙者としては個人が作成する分にはこのような版権などというものが関与すべきではないと思うのだが)

そのため、こうした企業主体のイベントでないと購入が出来ない、というのが現状なのでござる。ことにガンダムの版権は現在1年を通じてこのイベントでしか下りないため、購入できるチャンスは非常に少ないわけでござる。


で、写真は購入してきたストライクの部品なのでござるが…すまん、最初に撮るの忘れてもう半分くらい組みあがってる;