倒せ! 魔獣フェニックスっ!

その日、出番のない拙者が剣の聖刻年代記・蒼天の聖王3『双天の王者』を読んでいるとフラフラになったアタウアルパがかえってきた。
見慣れない黒い鎧姿の彼は無言のまま畳の上にあぐらをかくと、がっくりと肩を落としてため息をついた。
「どうしたのでござる、珍しい」
拙者がそう声をかけるといつもよりきつい目つきで拙者を横にらみにする。
だがその眼光には普段の力強さがなく、むしろ曇ガラスの様でもあった。
拙者の顔色を伺いつつ、アタウアルパが口を開く。
「…今日、この75職服を購入してきた」
「その服か…。はて、75っていうとどんなイベントだったっけ?」
「千姫だ」
そう言って、アタウアルパは事の次第を話し始めた。
千姫のクエストをクリアすると初めて入手可能になるLv75職服。
だがそのクエストを受ける為にはJOBを30以上にあげる必要がある。
その為彼はここ数日、拙者の出番も削って海賊の島でLvあげにいそしんでいた。
おかげで血判状も160枚たまったらしい。タイニークラウンも手に入るようだし、拙者としてもホクホクである。
で、なんとか昨日までにLv30まで達したため、今日、ユリウス殿と一緒にクエストを受けに向かったという。
クエストはなんでもいいから敵を1000匹倒せ、というものだったため、彼らは湧きのいい廃炭坑へと向かった。ベア殴りまくりツアーである。
そして勢いに任せて千匹撃破を達成し、千姫に報告に向かったのである。
「そこまでは、いい」
彼はため息をつく。
その後、もう一つのクエストとしてフェニックスとのタイマン勝負をさせられることになったアタウアルパは回復薬をしこたま用意してこれに挑んだ。
「が、出てきたのはコッケだった」
「は?」
「魔鳥フェニックスと書かれていたが、あれは間違いなくコッコーだった。」
「バジリコッケとか?」
「いや、ただのピンク色の、海岸にたくさんいるあれだ。それがこう、後ろにココッコーをつれていてな」
「…うわぁ、それ倒したのか?」
「…いや、あまりにあまりで倒せなかった。そうしたら…」
そうした所、声高に勝利宣言する千姫の後頭部を激しく叩くじじいが現れた。
「このバカチンがーーー!」
一喝するやじじいのショータイム。お説教モード突入。そのまま数時間。
「…数時間?」
「ああ、数時間だ」
「…それ、つきあったのか?」
「…帰るに帰れなくてな…。まだ鎧も入手してなかった」
「…で、ソレでござるか」
「で、これだ」
拙者たちは何ともいたたまれない気持ちでいっぱいになりつつ、言葉を発しあぐねた。
明日からはまた拙者の出番らしい。

スポンサーサイト

実は…バトン Ver.ZAN

先日ようやくWEB復帰していろいろ皆様のブログも拝見してた所…
バトンが回っていたのでそれを行うことにした。
…このバトン、以前アタウアルパがやってたな;


■回してくれた方は誰ですか?
ユリア殿。なんで拙者のPSO時代を振り返ってということで
今回書庫がちゃんとPSOになっているというオチでござる。

■指定されたキャラをフルネームでどうぞ。
ZAN、名乗りとしてはラグオルのZANとすることがある。
號があるのだが、それはPSO時代にはつかないので割愛するでござる。

■そのキャラの生みの親暦は何年?
旧PSO(PC版)からだなええと、たしか2004年、いや、2003年からだから
あしかけ5年か。

■手、かかります?
最初のうちこそかかったが今ではすっかり(ぇ


■では、そのキャラの基本的なプロフィールからお答え下さい。
パイオニア2の食卓に新鮮な食料を調達するフードハンター。
今のモンハンの5年先をいくキャラクターでござった。
またそのため過酷なフィールドを縦横無尽に駆け回るべく
研鑽を積むためチャレンジモードをやり込み、おかげで
ある程度のサポートプレイができる程度にはなったのでござる。


■では次に、「実は…」なプロフィールを。
元々オンラインゲーム用に生まれた身、ゆえに誰からも
認識しやすいよう、名前を短くして英語三文字に。
口調もあえてござる口調で印象に残りやすくしたのでござる。

■ではでは、このバトンで初めて明かす、キャラの「実は…」を1つどうぞ。
すまぬ、…SEGAのゲームなのにゲームパットはプレステのものを使ってました。
m(_ _)m


■指定されたキャラの誕生秘話ってありますか?
テクニック(魔法)を使うキャラってのがまず無理だという理由から
拙者が選抜された。中の人が敵ごとに属性なんて覚えてられない。
っていう理由でござる。

■お疲れ様でした。最後に次に回す人と、その方のキャラさんで隠されたプロフィールを知りたい人を指定しちゃって下さい。
メギちゃ…いや、触らぬ神になんとやら、やめておこう(ぁ

ブツンと途切れるのはいつものこと

人間の皆さん今晩わ。ゲゲゲの鬼太…ゲフンゲフン。斬奸でござる。
先月からご無沙汰となってしまったのはほかでもない。拙者の中の人が不幸に見舞われて、
更新どころかECOすら入れなかったのでござる。
一体どれほどの不幸が訪れたのか、それを検証してみよう。

1.PCが停止した。
3月某日、拙者は軽い気持ちで請け合ったHDDのチェックのため、軽い気持ちで自宅PCの
HDDコネクターに挙動不審だといわれるHDDを軽く接続して安易に電源をONにした。
するとどうであろう? 
電源装置の駆動音はするものの、いつまでたってもBIOS画面が立ち上がってこないのである。
しかもなにやらほのかに基盤の焼ける香ばしい匂いが鼻を突く。
すわなにごと?! と電源をカット。怪しいHDDを取っ払い、おそるおそる電源を投入すると…
画面応答なし。BIOS起動音なし。キーボード無反応。
合掌。

2.ノートPCが停止した。
3月某日それは客先でいつものように作業をしている時のこと。
IDとパスワードを確認するため、情報の入っているノートPCを立ち上げる。
サスペンド状態から復旧したノートでEXCELシートを開き、ユーザー名で検索をかける。
手慣れた手つきで以上の入力を画面表示よりも早く、いわゆる先攻入力でぶち込む。
あとは待つだけ、という状態になり、…十秒。…二十秒。…三十秒。あれぇ?
これはあれだ、コケたな? と思い耳を澄ますとHDDの回転音だけがむなしく響く。
おもむろに電源ボタン長押しで強制終了をかけ、再度電源ON
画面が出てきません。クラッシュ音もなし。
翌日泣きながら修理センターに駆け込みチェックしてもらう。
二日後、HDD容量が60GBから80GBになって戻ってきた。
当然データは何も残ってなかった。
合掌。

3.UBUNTUが動かなかった。
LINUX OSであるUBUNTUを別ノートPCにインストールしようという計画があった。
これは古いノートでとてもではないがXPは動かない代物である。
そのため、軽いといわれるLINUXのテストベットにしようということで前々から
考えていた品である。
パーティーションをいぢり、別領域を確保。インストール。
四苦八苦しながらインストールを終えたそれは限りなく遅かった。
どうやら現在のバージョンはVGA周りの作りがかわったらしく、その為に
遅くなってしまったらしい。新しいばかりがいいものではないという端緒な例である。
無論このままでは使ってられないので、仕方なく元の環境に戻そうとしてはたと気がつく。
多くのWEB文献でインストール方法は照会されているものの、
アンインストールに関してはほとんどなにも触れられていないのである。

仕方がないのであっさりばっさり拡張領域を消去してしまうことにした。
が、ここで問題が発生。ブートセクタを間違えて吹っ飛ばしてしまったのである。
これは既存OSとUBUNTUの起動を切り替える為の部分なのだが、これがないと
全てのOSが立ち上がらなくなるのである。
合掌。

以上、とりあえずPCに関わる部分だけを抜粋してみた。
…なにやってるんだ、拙者の中の人は;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。