ディアゴスティーニ式飛空庭改造計画

「庭を移動できるようにしようと思ったんですが、トンカ庁舎がわからないんです!」
そうクルセ殿が言い出した為、拙者はトンカへと同行することにした。

可愛い後輩の為、一肌脱ぐことになった拙者は物知り顔で(その実Wikiとうろ覚えな記憶を頼りに)トンカ庁舎を
案内してやった。
で、聞いてみた所様々な資材が欠損していることが判明。
それならば、と鋼屋がため込んでた鉄ナゲから鉄板を作り、
ギルド倉庫でほこりを被ってた大きな丸太を引っ張り出し、
またまた庭に転がっていた丸太を下ろしたりしたので、多少は素材をそろえることが出来た。

あと、忘れていけないのは毎週金曜に更新され、週代わりで配布される改造部品である。

その日はちょうど木曜日。まずは一発目がどこかと尋ねると、パイレーツタイニーだという。
早速ファーイーストへと向かい、一個目のパーツをゲットする。
さらに東Dでは頑丈な布と足りなかった固い木材を狩り入れる事が出来た。
あれよあれよという間にパーツがそろっていく。
あとは丈夫なひもの為に糸とロウが必要でそれを狩りに大陸Dもいったりもした。
その日一日で随分とかき集めたものである。
クルセ殿も大層感謝してくれて、彼女の中の拙者の株も急上昇となったことであろう。
最近Lv的には色々追いつかれていて、既にセカンドキャラのドルイドクルセにアタウアルパは抜かれている;
ここで一つ先輩らしくしておかねば。

とやったのが先週のお話。

あ、あれ? 今日って確か金曜日…。
今週分のトンカ配布の庭改造パーツ取り忘れ?!

ば、バックナンバーの販売はござらんのか?;;

拙者の株が下落することは言うまでもなかった。orz

スポンサーサイト

豹変バトン

サーフしててみっけたバトン。
フィロ殿の所から変なものが回ってきた。さて、どうしよう?
え、拙者が解答するの、これ?

キャラの好きな人と嫌いな人への対応を書いてください。

【1:みつめられる】
好>>とりあえず。気付かぬふりをしておく。内心意識しまくり。
嫌>>とりあえず。気付かぬふりをしておく。内心無視しまくり。
 
【2:頭をなでられる】
好>>システムエラーです。システムを再起動して下さい。
嫌>>なでようとした手の範囲から一歩引いて、「や、撫でなくて結構」
 
【3:甘えられる】
好>>できるだけ相手の意向に沿うように対応。
嫌>>できるだけ拙者に被害の無いように対応。

【4:二人きりのディナーに誘われる】
好>>「では美味いものでも食いに行こう。何がくいたい?
   おっと、拙者の財布の予算はこれくらいなのでそこで収まる範囲で頼むでござる」
   
嫌>>「や、済まぬが最近食が細くてな。乾電池一本で腹一杯なのでござる」と言って断る。

【5:煙草の煙かけられる】
好>>「タバコはやめた方がいい。それに他人に煙をかけるのも、感心しないでござる」と優しくたしなめる。
嫌>>「タバコはやめた方がいい。それに他人に煙をかけるのも、感心しないでござる」と静かに恫喝する。

【6:抱きつかれる】
好>>システムエラーです。管理者に連絡をしてください。
嫌>>何気なく足を踏み、腰が引けた所で首に手を回し、締め固めて「やあ、いたずらは良くないでござるよ」

【7:突然キスされる】
好>>システムエラーです。システムエラーです。システムエラーです。お爺ちゃんよけてーーー!!!
嫌>>消去する。
 
【8:「今日は帰さない」】
好>>「や、それは困ったでござるな」とあまり困ってない顔で優しく言う。
嫌>>「や、それは困ったでござるな」とあまり困ってない顔で不敵に言う。

【9:「消えて」】
好>>「さらばでござる」といって素直に居なくなる。そしてあとからすっげぇ後悔する。
嫌>>「さらばでござる」といって素直に居なくなる。そしてあとからすっげぇ清々する。

【10:手を握られる】
好>>「おう?」システムエラー寸前。
嫌>>「おう!」と答えて腕を振り上げ中をくぐるように一回転。その後腕を下ろすとあいての腕に激痛が走る為、外れる。

【11:急に殴られる】
好>>「や、拙者が悪かった。で、なにが?」と言って小首をかしげる。
嫌>>「や、拙者が悪かった。で、なにが?」と言って報復する。

 【12:「おごってあげる」】
好>>「む、かたじけない。では後日は拙者がおごろう」といっておごってもらう。
嫌>>「いや結構。おごってもらう由縁がござらん」といって断る。


まわすひと
大抵の御仁にはフィロ殿の所から回ってるので、普段見に来て下さってる貴殿、いかがでござろう?

ガンナーの傾向と対策

さて、今回の話を書くに当たり最初に一言。
これは拙者の主観であり、必ずしもECO世界のガンナーすべてがこうというわけではありませぬ。
そのことをゆめゆめお忘れなく。

では本題!

先日、といっても12月の末、拙者はついにガンナーに転職した!

うん、弱いでござるな!(フィロ殿ブログ風に)

まずJOBレベルの補正がなくなった。これはまあ、予想の範囲内。
だがストライカーズ・ボウ属性つきが使えなくなり、一気に攻撃力が低下した!
ーーーこれまでそう、拙者が地獄のマラソンと呼んでいる光の塔ファーニス狩り。
たしかにあれは美味い。JOBEXPもいい、ドロップアイテムの売却価格もいい、
何と言っても矢の消費が少なくて済む!
だが難点を挙げるとすれば交通費が馬鹿にならない。
アクロ出発で考えるとまずモーグ済み5個消費+モーグ入国証。そしてさらに塔への旅費がかかる。
結構な出費だし、移動時間もかかり、手軽にほいほい行けるわけでもない。
だが、レベルの上がってきた拙者に、実は結構うま味のある狩り場ができた。
そう喜んでいた。その場所はーーー遺跡ーーー。
そういうと皆がクエストの「遺跡荒しを追い出せ」を思い浮かべるが、実は拙者がソロで行くのは「超兵器破壊」の方。

なぜか。
それはストライカーズボウ(風)のおかげ。これを装備することで、フォックスハウンド相手なら、なんとかソロ狩りが出来たのである。それもスキルを使わずに行うため、詠唱反応の傘は全くの無害。INTとJOB補正のため、遠距離ダメージもほとんど受けずに済む。唯一フォックストロット系は近寄られると厄介なのだがそれも場所とりさえ間違えなければチャージアローですっ飛ばしてしまえばおいしく頂けたのである。それにやられてもすぐに復帰できたし。(ぉ

それが、出来なくなった。

のみならず、ステータス更新により戦闘力は一気に弱体化。
ソロで遺跡はおろか、バオバブの森(夜)にいけばLv45フェンサー以下の攻撃力であることを身につまされたのである。


そらもう野良PTで遺跡に篭ろうってもんでござるよ、奥さん(ぇ

後輩が出来ました

いつも愉快な我らがリングに新人が加わった。
それは年も明けてまだまもない頃、アップタウンを歩いている拙者にハカセから依頼があったのである。
「いまアップタウンだな?何処にいる?」
北階段でござるが?
「フム。では今からそこにクルセという者が向かうのでその者を我がリングに引きずり込め」
言葉は違うかもしれないが内容はそんなことであった。拙者は溜め息を一つつく。
あやつめ、また実験体が増えるとか浮かれているな…。小躍りするハカセがまぶたの裏に浮かぶ。とっても嬉しそうだ。
最近入ったメンツを考えると実験体どころか、むしろハカセをいぢるメンツが強化されているような気がするのだが…。
さてはともかく新人が増えることはいいことでござるな…。
拙者はそうプラス思考で考え「入所の手引き」「社員契約書」を用意する。無論拙者が改訂した版である。
オマケの副読本として「チャート式よく判るD因子研究所」も用意しておけば良かったのだがこちらは現在第二版を作成するに当たり編集が進められている最中である。
拙者が資料を取りまとめると、そこに彼女が現われた。

クルセ・フィリス Lv23 エミル族女性…アーチャーである。

「よろこべZAN、そやつはなんとお前と同じ弓だ」
ハカセの言葉も耳に入らない。拙者は多分仮面の下でぽかんとしてたであろう。

多分こんな顔(・◇・)

「こんにちは」
ああ。こんにちは。拙者は…。
気もそぞろに自己紹介をし、リングへの誘いをかける。

こうして、拙者に後輩が出来た。
クルセ殿は所謂大砲型アーチャーで、並み居る敵をその強力な火力でたたき伏せる。その姿は当時の拙者からは想像も出来ないほど強く、逞しい。

そしてなにより成長が早い! いやぁ、若いってホント、いいでござるなぁ。
なんてしみじみと歳より臭いことを言っているうちにガンガンとレベルが上がっていく。フィリス殿。
Lv40にしてカンカンを一確し、Lv50で颯爽とストライカに転職。

これは拙者もうかうかとしてられない。

一念発起して漸くLv90に到達! 念願のラストキッスとサイコガンの装備が可能となった!
思えば辛く、長い月日でござった。拙者がECOを始めてから…えーと、何年だ?
開始が2007年3月22日だから…10ヶ月か。苦節10ヶ月!; なんともまぁかかったものでござる。
ちょいと遍歴を調べてみた。
3月22日、ECO世界に。
3月27日、アーチャーになろうとして、INTがたらず門前払い。
5月7日、アーチャーになってる。って、ずいぶんかかってるな!
7月25日、Lv60になる。え、てことは60まで4ヶ月計算?!
8月10日、ブリーダーになる。ああ、これがまたいけない、寄り道してる;
8月23日、黒ドラゴげっと。
8月30日、ペット育成にははまる。ここだ、ここがまた(以下略)
9月4日、ペット空の実装。この頃にであった黒姫殿はあっというまにアチャを辞めてしまった…。
    その後鬼のようにペット育成にはまる。たんに遅々として上がらない自分のLv上げに嫌気が差した現実逃避。
9月18日、そのことをるーに指摘される。orz
10月5日、素麺事件。半月ほど冒険ができず。
12月5日、ジャイアントコッケSげっと。
12月11日、ウォーターレイヤー。真珠たくさん。
12月21日、ガンナーに転職。
ってことは…実質アチャになってから7ヶ月かかったのか。orz長い下積みでござったなぁ。
しかし90になれば武器だけではなく服も新調したいというもの。昨晩、拙者は装備を物色しようとINして、クルセ殿に声をかけられた。
「ざんさん」
ん?
「本当に後輩になっちゃいました」
どういう意味でござろう? 拙者が首をかしげているとひゅ、ことヒュペリオン殿がこう耳打ちした。
「ZANさん、リングメンバー表確認!」
言われてみるとクルセ殿の職業が…が、ガンナー;
Σ早い、早過ぎるよ!




…拙者のこれまでの苦労って一体;;

07年滑り込みで転職!

年も暮れ行く師走、拙者はついに念願のマトリクスを手にいれ…
じゃなかったガンナーに転職した!

拙者のJOBLvが1に落ちた! √|○

拙者のステータスがリセット食らった! √| ((○

拙者のストライカーズボウ(風)がつかえなくなった! √| ○))

拙者のキャパシティーは変わらなかった!!  ∑○))  √|

どっとはらい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。