お約束

先日リンクの新人、Lucio殿ことるーに指摘された事がある。
「ZANさん、最近ペットばっかりですね、ブログのネタ」
Σ( ̄□ ̄;) そ、そんなことはないでござる! 拙者だって他のこともやってるのでござるよ!?
たとえばそうだ!

・アタウアルパが回廊を制覇しました。
・アタウアルパがスキルポイントイベント(一次職)を「下町水晶占い師」「ポロルの薬」「下町上品おばさん」以外を
 クリアしました。
・鋼屋がスキルポイントイベント(一次職)を「回廊」「下町上品おばさん」「下町水晶占い師」を除きクリアしました。
・鋼屋がブリーダーになりました。(現在Lv15グローアップ取得)
・ビームシールドが壊れました。
・ビームシールドを修理しました。(某スミスに大感謝;)
・地味に斬奸のLvが70になりました。でもJOBがぜんぜんあがってません(クスクス

…なんか最後、エライ言われようだった気がするが(しかも黒いし;)、結構色々やってるのでござる! 
昨日だってるーと一緒にーーー

その日、拙者がてくてくと歩いていると、アイアンサウスの人妻に懸想するさすらいの吟遊詩人・ブラッドが
またいつものように呆けていた。
「やあ斬奸、今日もいい風が詩を届けてくれたんだ。聞いてくれるかい? 聞いてくれるよね? むしろ聞け」
さわらぬなんとやらにタタリなし、拙者はSP回復がてら、座って詩を聞き流した。
詩が終わるとポツリと奴がツブやいた。
「機械のモンスター…そういえばウテナ湖畔には機械のモンスターがでるんだってね」
ん? なんだ? なんでそういう話になったのでござる?
「…斬奸、ボクのサーガ、聞いてたよね? 聞いてたよねぇぇぇ?」
だあああっ! 涙目で睨むなっ! 判った、聞いてた、聞いてたから!
要するにあれだ、ウテナ湖畔のブリキングMk-IIを倒してくればいいのでござろう?
拙者がそういうと、情緒不安定な吟遊詩人はきょとんとしてしまう。
「…え? 倒してくるって…斬奸、正気かい?」
おぬしに正気を疑われるのは非常に癪なのだが…。
「だって、ブリキングMk-IIだよ? RXでもZXでもなく、Mk-IIだよ?」
ああ、ああ。判ってる。判ってるでござる。ZでもZZでもなくmk-IIでござる。
「ヌーベル・ディザードでも、アモンデュール・スタックでもなく、Mk-IIだよ?」
判ってる! SG-1000でも、Mk-IIIでもなく、Mk-IIでござる! っていい加減しつこい!
「フフフ…。やっぱり斬奸、大した男だよ」
そんな目で見るな! ついついのせられていろいろ要らぬことをしゃべってしまった…。ええい、とにかく拙者は
行くからな!

と、勇んで吟遊詩人の所を後にした拙者であったが何と言ってもマップボスである。そりゃあ、Lvが70にもなって
それなりに問題なく闘えるようになってきたとは言え「万が一というのは幾らでもあり得る」というお約束は
ハカセやユーグ殿、そしてELD殿を見ていれば一目瞭然でござる。
さてどうしたものか、と思案あぐねて居た所にポンとリングチャットが。
「ZANさん、こんばんわー」
お。るー。いいところに!
拙者は事情を説明し、同行をお願いした。
先日Lv40に達したLucio殿は拙者に憑依が可能。そこでリザポとHPポーションを渡して憑依してもらう。
そうしておけば万が一拙者が倒れたとしても中から回復してもらえるという寸法でござる!
さて、そんなわけでウテナ湖畔に着いた拙者はうろうろと探索を始める…。
………いない。Mk-IIは時間沸きの為、一時間毎にしか現われないのである。
イベント連動なんだから即戦闘にしてもらえれば楽なのだが…。
と思いつつ歩き回ることしばしば。漸くMk-IIを発見! 早速矢をつがえると………。
「あ、先約……」
そう、すでにそちらは戦闘状態にあった。
うん、難なく撃破してる。すごいねぇ、あのタイタニアの女性。ワテスかな?;

そうしてぽつんと取り残される拙者とるー。
「一時間待ち?」
待ちでござる。
「…そうかぁ」
どうした? るー。
「晩ご飯が…」
Σうお、リアルを優先して下され!
「いや、もうお手伝いぶっちして30分以上経ってるんだよね…」
おいおいおいおい!
「大丈夫、うん、いつものことだからさー♪」
そんな嬉しそうに言うな! さっさと行ってくるでござる!
「えー、何言ってるんだよZANさんのお願いで来てるんだよ? ここで逃げたら男がすたるよ! ボクは受けた恩は
返したいんだ」
返すと思って行ってきて欲しいでござる!
そんな掛け合い漫才を続けること一時間。
るーが憑依解除して拙者と手分けをしてブリキングMk-IIを探すことになり、暫くすると。
「きぃぃやぁぁぁ!」
む。出たか。
不幸なことに、ブリキングはるーのほうに出現。一生懸命引きつけてくれたおかげで拙者は万端の準備で迎撃することが
出来たのである。
ありがとうるー。おぬしの死は無駄ではないぞ…。
「死んでないよぅ」
おろ? そうだったか。まあ、なんにせよ、おぬしのおかげでアヤツを倒せた。心から礼を言うでござる!
「うん、よかったよかった。これで…」
これで?
「土下座で謝りに行ける…」
Σイッテラ!;;

こうしてるーと分かれ、拙者はブラッドの所へと報告に戻った。
「た、たおしたの? ほんとに?」
目を丸くして驚くブラッド。うむ、ちょっと気分がいいぞ、拙者。
「斬奸、君を讃える詩を作ったんだ! 聞いてくれないか?」
いや、拙者もうとりあえず次の用事がーーー
「聞いてくれたらお礼にこのブリキングスタンプセットをあげよう」
ーーー慎んで拝聴するでござる。
拝聴し終わって暫くするとるーが帰ってきた。その姿は何となくボロボロであった…。
この後、るー殿にはお礼(というか、お詫び?)として光の塔ファーニス狩りツアーに同行頂いたでござる…。

良いこの皆は、ゲームよりリアルを優先させるでござるよ? 拙者との約束でござる!

スポンサーサイト

ブリーダー私考

シンボル装備で簡単転職できる鰤こと、ブリーダー。

今日はちょっとこれについて私的な考察をまとめてみることにしよう。

鰤inアチャ(検証済)斬奸:現在Lv64のストライカー
「GO」も「戻れ」も持っているアチャがブリーダーになる利点はあまり多くない;
むしろ「弓が使えない」「DX矢筒が使えない」「装備が著しく弱体化」などデメリットも目立つ。
だが現在大切な相棒であるアイオーン(白狼)の育成を考えるととんでもなくメリットがでかい。
ブリーダーの成長率の高さは異様なほどで、特にLv15のグローアップを取ったあとは成長速度が
体感できるほど促進されている。
これまで残酷なまでに過酷なペットトレーニングがすいすい進む楽々チャート式なのでござる(意味不明)

最近は軍艦島での育成に味を占めている。彼処はすぐにバウに囲まれるのでHPあげるには格好の狩り場。
だがその手法はちょっと難しい。
まず、軍艦島の鬼沸き部分の外周、がけとか海側とかに到着する。
そこからペットGOを仕掛けて、周囲のバウを掃討する。
周囲のバウの掃討が済んだら、エリアをゆっくりと中心部に近づけていく。
最終目的ポイント(できるだけ鬼沸きする所)を決め、そこの手前から自己憑依をかける。
この時、できるだけ周囲のバウを優先的に倒す。寄ってきたら全部アイオーンをけしかけて倒す。
殴られるとMISSでも憑依が解除されるので最悪自分からアタックに行って倒す。
残りゲージが三分の一まで来たらすかさず癒し火を目標到達地点に設置。
その後走って敵の攻撃をかいくぐり、目標地点にて憑依完了。ペットが癒し火の範囲内に置ければ成功。

あとは湧き上がる敵を喰らい尽くすのを待つ。
癒し火が消えたあとは憑依状態の拙者のHPをぎりぎりまで吸われるまで待つ。
さらにそうなった後、アイオーン自身のHPが30%になるまで待つ。
そこで憑依解除し、すかさず黒ドラゴにスイッチ。その場を離脱するのである。
拙者はこれを『自己憑依ペット放置調教プレイ』もしくは短縮して『放置調教』と呼んでいる。(ぉ
…ちなみに「調教」は禁則事項に触れるらしく、ECOでははそのままでは発言できないため、
スペースを空けて発言しなければならない。困ったものでござる。
なお、この育成方法は拙者の専売特許ではないが、ご利用の際には必ずその名称をきちんと
『自己憑依ペット放置調教プレイ』ないし『放置調教』として頂きたい。
そらもう、リングチャットなりOPENなりで大声で(ぇ

幸い戦闘はコンセントレートを取っていたスイッチ型のアチャだった為、なんとか凌いでいる。
あとはショートカットでシンボルを取り外してアチャにスイッチしてる。(メタリカとかメタリカとかメタリカとか)
一番の問題はキャパシティ不足。orz VIT8のドミアチャにはきっついでござるよ。

補足1:レプリカボウが鰤が使えるというのはデマ。おのれ天災。
補足2:レプリカレーザーガンは使える。早期ガンナー転職を本気で悩む;
つーかさっさとJOBあげしなきゃ駄目でござるな、拙者。つwT)

鰤in槍(未検証)アタウアルパ:現在Lv42のフェンサー
…槍、使えない、よな、装備的に;となるとかなり痛いと思われ。うま味何もなし…。
スキルが全く行使できない。ということになる。
なお、装備に関しては戦闘服が使える為、Lv的には困らないかも。でもやらないと思う …(ーwー)
あ、そうか金狼鍛えまくって「GO」させて、癒し火炊いてマインゴーシュ装備で回避型にすればっ!!(無理

鰤inTTRB(検証中)鋼屋:現在Lv40のTTRB
装備した瞬間にバンダナと両手鎚が消えたorz 幸い唯一の戦闘スキル、「バニシングブロウ」が
斬奸のお古のハンティングナイフで使えたので大変重宝している。
が、これだと「メイスマスタリ」の意味がない(爆
ミニキャリアーさえ上がってればいい(不意に襲われた時、死なない程度)、という感じだったので
鰤になる意味はあまりない。Σ( ̄□ ̄;)

黒ドラゴを極限あげすると、実は自分戦闘よりいいんではないかと思ったり、思わなかったり。

補足3:見落としがちだが黒ドラゴには固有スキルのプロミネンスがある。これが結構強力。

空色ラプソディ

先だって、使い魔ネコマタに新色(空)が追加された。
使い魔はどれも入手するためにちょっとした(?)イベントをこなさねばならない。
正直中にはとんでもない労力を必要とするモノもある。藍とか茜とか;
拙者とよぞら殿、そしてwickedが一緒に取りに行くことになった。
※今回・以下にネタバレを含みまする。まだ空とってない、自力で取りたいという方は
読まないほうがいいかもしれないし、読んだほうがいいかもしれません(ぇ

一日目 九月二日:22時22分集合 23時42分終了
今回はアクロニアの東掲示板が出発地点であった。
貸本屋(そんなのがあるとすら知らなかった;)の依頼で古い本を調べようとすると
装備してたネコマタが騒ぎ出し…。
気がつくと拙者たちは本の世界にいた。これなんてツ●サクロニクル?
そして内容は魔王退治。主人公はもちろん拙者たち。
魔王は…なんとか退治。で、一旦本が終わり、出てくるとネコがうるさいので一旦街に戻って
例の人に話を聞くことに…。
聞き終わったあと、また貸本屋に戻って本の世界に入り、ネコ解説付で魔王を倒すと、
空げっと、となるらしい。

なるらしい、というのは実はまだとってないからでござる。

というのも実は二週目の初めにレア服として、アクロニアコートというのが手に入る。
これの色指定がじつは装備してたネコで変わるので、皆色々とネコチョイスして自分の
好みのものを模索しているのであった。
一番人気はファミリーマート限定色であるネコマタ(緑)。通称ファミマタ。
これは所有者が少ないため、数量的にも絶対数が圧倒的に少ない。
1アカウント1個しかネコマタは取れないため、一発勝負、と思われていたが、実はココに
落とし穴がある。
二週目の最初でコートを貰った所本を読むのを辞めると、別キャラで1アカウントで3着、コートを手に入れられるのである!(ネタバレの白字)

んで、それを確かめるべくまずは斬奸・wicked・よぞらがチャレンジ…成功!

しかしここでタイムアップとなり、続きは翌日へと持ち越された…。

二日目
そして翌日。こんどはアタウアルパ・IDOLA・ルチェッタが挑戦!
対魔王戦闘がきつかったが、アタウアルパはなんとかクリアした。ちなみにルチェッタ殿は余裕。
だがここで、IDOLAが痛恨の失敗! なんと魔王の魔法攻撃一撃で死亡してしまったのだ。
「どうする?;」
ということで急きょ拙者のブリーダーブローチとアイオーンを用いて戦闘をすることに。
HPを回復薬で強引に巻き上げつつ、アイオーンでなんとか魔王を撃破することに成功。

だがさすがにそこでタイムアップ。残る拙者とルチェッタ殿の分はさらに翌日、となった。

最終日…。
拙者の所は鋼屋が、ルチェッタ殿の所は黒妃殿が受けることになった。
ちなみに互いに初顔合わせ。そして黒妃殿はななんとなんと、Lv28ドミアチャ♀!!!!!!
拙者、知り合いで同族で同職で異姓って初めて出会った;

はっきり言ってドミアチャの人口数はとんでもなく少ない。まあ、VIT補正のまずさから言って
まず造らない。最初拙者がこの職を選んだのも単純に「プレイ人口が少ない」「リングにいない」と聞いてのことだった。
だからまず少ないことは判っていた。弓が過酷な職だというのも聞いていた。
実際フタを開けた所、とんでもなくきつかった。金は出て行く一方だし、非力だし、HPないし。
だがそれでもその外見もかなり気に入っているし、遠距離攻撃というのは体験したことが無かったので新鮮であった。
しかし、しかしだ。
その辛さはこのブログの随所に表れているでござる。まるでこれでは拙者、咬ませ犬ではござらんか?
そう、たとえるならギロロ伍長とか、デコーズ・ワイズメル(あ、これは第一部限定か?)とか、ロード・ブレイトゥとか、イイルクーンとか、チェスターとか…そういう役回りではござらんか?
…ちょっと感情的に書きなぐってしまったが…まあ、誰もついてこれないだろうからよしとしよう。

とにかく。まあ、そんなわけで鋼屋でINして目的地に移動しているとPTチャットで黒妃の声が聞こえた。
「ああああ!」
何事かと思って尋ねるとぽつりと一言。
「Lv30から、みたい;」
なんと、ネコマタ(空)入手イベントはLv30に達してないと発生しないというのだ。

こうして、新ネコマタ騒動はぶっつりと切れた。もしかしたらまた新しいネコマタが追加させると、コートの色が追加されるかもしれないしね。

だが問題はそこではない!それこそそんなの関係ねぇ!と叫びたくなる事が。

翌日、黒妃はアチャを辞め、エクスプローラーにて再スタートされた。
黒妃談:「いやぁ、アチャ辛過ぎてw」

拙者 ちょっとハートブレイク(おろろん)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。