できぬ!ペット調教





ECOのペットシステム、それはハートフルMMOといわれるECOのうたい文句に合致した大変ほほ笑ましいシステムである。

少なくとも表面上は。

さて、ゲームである以上はエネミーであるモンスターと闘うことで経験値を稼ぎ、レベルを上げていく物である。
また一部ドロップアイテムの収集もこうしたゲームにおける重要な要素である。

しかるに攻撃、支援手段としても用いられるペットにも当然その恩恵が有る。つまりは成長するのだ。
ECOのペットは成長する際に特徴的なLvアップの仕方をする。文字通り「成長」と呼ばれるシステムがそれだ。
通常攻撃などの手段により、対応した各種パラメーターがランダムに上昇する。たとえば攻撃力が1あがったり、
回避が1上がったり、といった感じだ。

各ペットごとにそうしたパラメーターの上限が設けられている。それ以上はそのままでは幾ら育成をしようとしても
上がらなくなるわけだ。

そこで「転生」といわれるシステムが登場する。
これは一度ペットの上昇したパラメーターをリセットするかわりに、転生時に上限に達していた各パラメーターの
対応基本ステータスの数だけ、基本値が底上げされる、というシステムだ。

さあここがややこしい;
つまり単純にカンストしたパラメーターが1上がるのではなく、そのパラメーターに起因する基本ステータス
ごとに算出されるわけである。(しかも一部パラメーターは隠し仕様になっている)

たとえばHPの基本値が100で、上昇限界値が+50で、転生させる時にそうなっていたとする。
すると転生前は100だった基本値が101になり、上昇限界まで達した時のHPは101+50で153になる、といった具合だ。
ところがこのHPというのは基本ステータスとしてVITに起因している。
ここで別のVITに起因するパラメーター、防御(DEF)のほうもカンストしてると、HPの基本値は101ではなく102に、
さらに隠しパラメーターの「回復力」もカンストしてると103になるのである。

さあ、ややこしいシステムだが着いてこれてるだろうか? 書いてる拙者はもうかなり一杯一杯でござる。


要するに、まず「成長」させ、パラメーターをカンストさせた上でないと「転生しても意味がない」ということでござる。


またこの転生自体も全部で30回という回数制限がある。つまり、何度でもホイホイと転生させればいいというわけでも無いわけだ。

さて、では実際の値はどうなのだろうか?
拙者が連れているアイオーン(白狼)の場合、表1のようになっている。


ちなみに上の値はあくまで「表示されているパラメーター」である。これ以外にも「隠しパラメーター」があり、
そちらは数値が判っていない。
ただし有るのが判っているのが「攻撃速度」「詠唱速度」「回復力」「クリティカル回避」である。

さああ、お腹がそろそろ一杯になってきただろうがもう少しだ、がんばろう;

ここで白狼で考えてみよう。アイオーンの場合魔法は使わないのでそちらのステータスは捨てる事が出来る。
(というか使わないので全然伸びない)
すると捨てられる・・・というか捨ててかかるしかないのが「魔法攻撃力(M.ATK)」「魔法命中(M.HIT)」である。
無論敵からの魔法攻撃を喰らうことを考えれば同じMAGベースの「魔法防御(M.DEF)」は取っておきたい所だが;
あ、それからHPも絶対カンストしない。間違いなく;
実際に必要になるのはやはり基本ステータスで「STR」「VIT」「DEX」「AGI」に関わってくる所になる。

ではMAXで成長させたとした場合、どうなるであろうか?
表2を参照して欲しい。

これが上昇する(であろう)値である。隠しパラメーターに関しては残念ながら割愛した。
(そうしないともうオーバーヒート寸前だ)

んで、これが30回行えるわけである。30回全部やった場合、どうなるかというのが右の数値である。

するとどうであろう? パラメーター成長がこれに追加されてかなり強化されることが判る。

HP?いや、絶対やらないでござるよ。だってコレ、どう考えたって成長で1200あげるのに労力かかり過ぎる!
一回あげるだけでえっらい苦労でござるよ、ホント;

スポンサーサイト

Go!

えー。ブリーダーJOBが一段落して、黒ドラゴを手に入れた喜びもつかの間…。
じつはこやつ、イノシシにも負けるほどの強さという情けなさにスパルタ式で教育を施すことになった。
んで、ハカセと共に東海岸のペット訓練所にでかけた所、
そこでPegas殿と再会した。確か前に一緒させていただいた頃は拙者と同等Lvだったのだが…いつの間にか大きく引き離されていたorz
しばらくの間そこで狩りをしていたのだが…遠方でBOSSキャラのでかエルダーワームが出たため、皆ソレをたたきに行くことに。
でかエルダーくらいの敵になるとまだ拙者のドラゴでは役不足。下手すると一撃で死亡してしまう。
そこでアイオーン(狼)をかませにいかせることにした。
アイオーンはどこぞの究極冒険犬兄弟には及ばないものの、それなりに育った犬、もとい狼である。
「Go! パ●ー!」
「ばうわう!(犬じゃねェェ)」
拙者の掛け声で気合入りまくりででかエルダーに向かう犬、しかししばしば周りをうろうろした後帰ってきてしまう。
コレは一体?!
「あー、ダメだねェ」
Pegas殿がしんみり言う。
「ほら、でかエルダーの周囲に満遍なくペットが群がってて、アイオーンくんが噛みにいくスペースがないのよ」

「アウゥゥン」
おまえ、今夜メシぬきでござる。

実はコレが初ドラゴ…

さて、今日は公約どおり(?)
黒ドラゴを入手にいくつもりでINすると…ハカセがおらん;
しばしの間千吏殿やブラムレイジ(アフロ仕様)殿たちとバオバブで遊んでいると
リングチャットに発言があがった。
「すまん! 落雷でPCが!」
…怖いでござるな。


そんなこんなでカイスターン殿たちの協力を頂き、拙者、ハカセ、黒・レウ、まったり撤退中殿(人名)と4人でまずファーイーストへ向かう。
ギルドでカウンターに声をかける。
「あら、斬奸さん今日はどんな御用で? あ、服ですか? 服の購入ですね? そうですよね、ハイ!」
いつも必死で服を売ろうとするな、この御仁は…いや、そうではなくてドラゴのことで…。
「?」
はあ?なにいってんだこいつ?みたいな冷たい目でこちらをにらむ職員。
…なぜに?;
悩んでる拙者にカイスターン殿が教えてくれる。
「ザンさん、もしかしてまだブリーダーのジョブがたりないとか」
いや、それはない、ちゃんと16Lv…あ、まさか。
拙者は慌ててアクセサリをブリーダーの証に交換する。
とたん、職員の態度が変わった。
「あ! 斬奸さん丁度いいところに! アナタ用の騎乗ペットの容易ができたんですよ!」
…お役所仕事でござるな。

ともかく拙者たち4人は受け取りのため、マイマイ島へと渡ることになった。
準備を済ませてふと横を見ると、ハカセが大量のラクガキ帳(スケッチブック)を手にしていた。
どうするのでござる、そんなに?
「いや、なに、フフフフ」
という答えにもなってない答えを返してくれた。まあ、触らぬ天災に祟りなし。
拙者たちはマイマイ島の受け渡し場へと到着した。そこでなにやら言い争う声が聞こえる。
みると一緒にブリーダー試験を受けたアーク(ヘタレ)が出来杉クンにけんかを売ってるらしい。
コレはいかんと止めに入った。

-間-

気がつくと拙者はフシギ団の砦の裏にあるセーブポイントに立っていた。

(一部あまりの表現につき検閲削除)

とにかく拙者はあのヘタレに負けた為、リベンジの為、そこからもう一度飛空庭にのってトンカに飛び、
そこからマイマイへと舞い戻った。出費が…くぅぅ。
そこにはしれっとした顔で立つまったり撤退中殿がいた。
しばらくしてハカセが到着した。大変怒っていた。
さらに少ししてレウ殿が到着した。大変怒っていた。
そして拙者もちょっとだけ、ほんのちょっとだけ怒っていた。
今度はギャフン!といわせてやる。
そう考えて万全の憑依状態で戦いを挑んだ。

-間-

辛くも勝利を収めた拙者たちは意気揚々と…とはいかず、ぐったりと
したまま、ブリーダーズギルドまでもどってきた。
ハカセはこの勝利で満足できないのか不満気だ。
「30枚ほしいスケッチが3枚しか描けなかった…」
さめざめと泣いている。
しかたない、もう一回いくでござるか?
「…私ボード補充してから再度するので…。おぬしたちはもうフラグたったのであろう?」
その言葉に拙者とまったり撤退中殿が一つ頷く。
ウム。
「このとーり」
「ワカンネ」
?! ちょっ! レウ殿?! 話してないのか?! あそこで!
「ど、どど、どこですk?」
いや、リログした後、アークたちともう一回話すともらえる…。
「・・・・・・」
全員orzとなって終わった一日であった。

目指せトップブリーダー

今日は千吏殿からWISで結城殿が飛空庭の材料集めをしていると聞いて、拙者の持つロウを届けに
行くことになった。
届けに行った先にはイヌがいた…。
「ZANさん、俺、俺だよ俺」
などとイヌが喋る。おぬしは青沼静馬か。
もっともその声には聞き覚えがあった。誰であろう結城殿である。
確かにじっと見てみるとそのつぶらな瞳にそこはかとなく面影が…かわいい
ぎゅううう。
「いてててて! いてぇっての!!」
むう、かわいくござらん。
何故こんな姿になったのか尋ねると、今回実装されたジョイントジョブ
「ブリーダー」なるスキルによるものとか。ペットの育成に重点をおくスキルと聞いて、拙者は
大変興味を引かれた。
アーチャーはF系で唯一ペットを扱える。鍛えられたペットは攻撃手段としてこの上なく有効である。
そうしたペットを育成していく上で、このブリーダーの利点は計り知れない。

拙者は早速このJOBを取りにハカセと伴って(というか半ば引きずって)ジョブ取得に向かった。
「えー、ではまずは面接を受けてください」
そんなのがあるのでござるか? いくと気難しそうな眼帯のヒゲオヤジが頭にひよこを乗せて
待っていた。
「キミはペットのことをどう思ってる?」
むう、この以下にも切れ者といった風貌、鷲を思わせる鋭い目。そして頭の上のヒヨコちゃんと
この質問…これが世にいうツンデレというやつでござるか?(ちがいます)
心象を悪くしてはまずいとココは歯に衣を着せて回答し、なんとか合格。
「えー、では二次試験です」
クエスト形式で出された。

二次試験:種別運搬:制限時間3分。

「制限時間3分?!」
指定された区間を黒ドラゴに騎乗して走破するというもので、
迷路状になったダンジョンを縦断し、何とか時間内にクリア。
「はい、ご苦労様です。では次の試験を」
…まだあるのでござるか?
「つぎが最終試験です」

二次試験 最終:種別運搬:制限時間3分。

さっきと変わらん!
「最終ってついてるだろ?」
ハカセに横から突っ込まれた気がついた。確かに最終と書いてある。

内容も一緒。ただしダンジョンが少し難しくなってる。
拙者はこれもなんとかクリアしてついにジョイントジョブ「ブリーダー」を手に入れた。
この職は特定アクセサリをつけることによってそのスキル能力が使えるようになるという品である。
よし、早速---。
「あ、注意点としてですね、他の職専用装備は併用して装着することができませんので」
ピタッ
「それはつまり、いまつけてる弓士用の装備は…」
「はい、強制的に脱衣(クロス・アウト)されます」
…拙者たちはアクロポリスに戻ることにした。
さすがにまっぱはまずいでござろう。倉庫をあさって服を出す。
フィールドジャケット黒・バトラーズボンエンジ・黒靴。
仮面は専用装備でないからOK…帽子は融合してるからダメでござるな;
と、ココまで来てもっと重大なことに気がついた。
デラックス矢筒が使えない!のでござる。
これは拙者にとって非常にいたい。泣く泣くウェストポーチ(茶)を下町で購入し、コレに最低限の
荷物を詰め込んで再び旅立つことに。
まずは帽子を何とかしなければ…。ハカセの妙案で北の町でスターベレーを購入し、これを
染料おばさんに染めさせるという。拙者はこの案に飛びつき、北でアイテムを購入し、染料おばさんに
会いに戻った。
するとどうでござろう、彼女は喜んで色をつけてくれた…赤に; 黒はないのか?

「ありゃあ無限回廊の報酬だけだ」

世の中とんでもんく厳しいでござるな。
まあ、それで拙者も赤であればスカーフも赤いし、ズボンもエンジ色だから同系色でまとまればいいか、
と思ったがソレが甘かった。
ベレーの色があまりにも薄いため、赤に見えないのだ;
光沢のせいかなぁ、問題でござるなぁ。
さて、それから拙者たちはまた東に向かった。
ベースレベルが62を超えたため、フシギ団砦のクエストを受けられるようになったのだ。
これはJOBに特化した美味しいクエがある、大変優秀なクエストである。

が、恐ろしいことに弓装備がつかえないとなるといくらハカセの支援があっても立ち行かない。
そこで拙者は一計を案じた。

つまり、報告の時だけブリーダーになってればいいや、と。(ひでぇ

作戦は思わぬ成功で幕を開け、あっというまにLv15まであがってくれた。
さあ、明日はいよいよ黒ドラゴでござる。

無限回廊の甘い罠

ふう。書き込みをしてたらいきなり画面がリセットくらって初日から断念するところだったでござる;
これはいったい誰の罠だ!

えー、今日はとりあえず、拙者ではなくアタウアルパが出かけたのでそのことを書くとしよう。
そうそう、アタウアルパというのはウチの2NDキャラでござるな。
こやつ話すのが拙者と違って苦手なので今日のところは拙者が聞いた話でござる。

なんでも今日はProto殿とよぞら殿が無限回廊にチャレンジするというのに憑いて行ったらしい。
文字通り、憑依でござるな。

安全なアクセサリには回復役のProtoが乗って、アタウアルパは鎧に乗せてもらったのでござる。
こうしておけば万が一も安全…という対策だったのでござるなぁ。

で、えてして物事はうまく予測通りには進まないもの。
まあ、予測したのが天災では…むべなるかな。

5F、10Fは余裕。15F、20Fも楽勝だったらしい、ところが25Fまでいくとかなりの攻撃力に。
まだLvが40台、50台の三人にはかなりきつくなったのでござる。

そして最後の最後、34Fで悲劇は起こった。

まず鎧についてたアタウアルパが貫通で死亡。
ソレを助けようとしたよぞら殿が今度はアーチャースケルトンのリンクに遠距離から滅多打ちにされて
死亡する。
しばらく様子を見てハカセのリザでたちなおろうとするが、なかなかモンスターが離れてくれぬ。
そこで仕方なく隅っこによろうとよぞら殿が試みるがこれも失敗。

リザ>復帰>HPが少ないままタコ殴り>死亡

という無限ループが出来上がる。
コレを打開しようとハカセは憑依を解除して一気に二人にリザをかけようとするが…結局よぞら殿に
リザをかけた後、エンジェリックフェザーに追い立てられ、別のところで死亡。
最後はモンスターの手薄になったところを見計らって起きたよぞら殿がアタウアルパを生き返らせ、
すぐに憑依させることに成功。HPが回復するのを待ってなんとかハカセを救出し、事なきを得たので
ござる。

いや、文章にしてしまうとたったコレだけのことなのだが…。

まあ、その…予測は役に立たない、現実はいつも頭上斜め上、ってことでござるな。うむ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。