よしっ 狙い通り!

というわけで、火曜日の定例メンテナンスに先駆けてPSOBBのオフィシャルサイトが更新、そして今回のクエスト配信が明らかになったでござる。
当然拙者を含む、多くの人々の予想通り、クレアの取引が3に更新され申した。
これで四天の書その2の配布は終了となるわけでござる。
VIVI殿、ユーグ殿、ハカセ、廃神殿、ハイアームズ殿、その他多くの方々のご協力を得て、
拙者も四天の書を準備することができ申した。感謝の念が絶えませぬ。
で、この3回目で四天の書3がくると、次の更新で今度はその3冊でナニカを手に入れられることに!
(なるよなぁ。ならないとかないよなぁ)
まあ、そんなことをホクホクと考えていたらそれだけではなく、クエスト配信が目白押し…
MAXIMUM ATTACK 3 Ver2
荒野のくちばし亭 Ver2 
なんかまた新しいラッキーチケットがバラまかれる様子。ナニが手に入るのでござろうな。
というかこの荒野のくちばし亭というのは、ラッピーのお祭りという、アレか? またあの玉転がしレースやらなきゃならないのか?(汗
クレアの取引3
…あ、あの、公式サイトにイラストが載ってる「淵より来るもの」って、おもいっきし拙者見覚えあるのでござるが。ええ、この外周でさんざかチョップ食らった覚えが…はて?(汗

ガロンズショップ/バレンタインバージョン
バレンタインイベント
バレンタイン装飾
うむ、ここら辺は拙者には関係ない話でござるな、うむ。
…そこで小躍りしてるハカセ、このクエストは女性用でござるよ?

スポンサーサイト

ラグオルじゃぁ、二番目だ。

その日、Selpaが軒先に回ると、DANが縁側に腰掛けて、武器の手入れをしていた。
それが銃なら納得し、そのまま通り過ぎたSeplaであるが、この時DANが手入れしていたものは普段見慣れたそれらではなかった。
「?どうしたんです、その剣は?」
そう、並べられたのはヤマト、ムサシ、サンゲ、七支刀、普段DANが使わないものばかりである。
「うむ、四天の書を手に入れる為に必要なのでな…チェックがてら手入れをしてたんじゃ」
「ああ、あのクレアとかいう人の依頼ですね…」
そう言ってSelpaもおかれた武器に目を留める。よく手入れされ、刀身は輝いている。
その刀を一つ一つ見ていて、あることに気がついた。
「アスカが、ありませんね」
クレアの取引にはここにある刀ともう一つ、アスカと呼ばれる双剣が必要だった。
「アスカ、飛鳥か…」
老人が遠い目をして空を見上げる。とはいえ、此処の空はパイオニア2内部に映し出されたホログラフにすぎないのだが…。
「フム…」
やおらDANは立ち上がり、納戸からごそごそと一本のギターをとり出す。
「?」
ぢゃらん
ベルトを肩にかけて弦をはじく。何処にでもある白いアコースティックギターだ。
「ちと出かけてくるぞい」
「はあ……って、この武器の片づけはどうするんです?!」
「………」
何かを小さく口ずさみながら、DANはギターを抱えて出ていってしまった。
そこへ、台所からエプロンを外しながらZANが出てくる。
「どうしたでござる?」
「いえ、DANが…」
「? あ、これは…」
ZANも軒先に並べられた刀を見て声を止める。
「そうか、飛鳥でござるか…」
「知っているのですか、ZAN?」
富樫のようなセリフをSeplaが言う。
「ああ、今のあやつは復讐の風、熱い風。そっとしておくのが良かろう…」
「?」
その後、ラグオルに「剣アスカを落とすのはお前か!」という声が木霊したとかしなかったとか。

久しぶりのチャレンジ


知ってる人は知っている。知らない人はご存じないことでござるが、拙者は以前、「まったりチャレンジロビー」というチーム、通称:抹茶のメンバーでござった。抹茶は「初心者にもわかりやすいチャレンジを!」というコンセプトで運営されている。チャレンジ支援チームである。当然そこにはチャレンジの猛者度もが居る。
例えば、必ず酒を飲みつつチャレンジをこなす、へべれけハンター。
例えば、部屋を作ると必ず武器のドロップに恵まれ、自身もダガーを使って驀進するヒューキャシル
例えば、自分が弱いばかりに…といいつつメンツをクリアに導く謎のぽんぽん。
そんな猛者達と一緒に、昨晩また、チャレンジに向かうことになった。
まずはC1-9遺跡ラスト、DF戦闘である。
道を忘れる。スイッチを迷うなど久しぶりゆえ足を引っ張り捲ったがなんとかクリア。
途中でD80H95ストームアサルトを拾っていたことに最後まで気づかず、もったいないことをした…。(良いこの皆は、拾った武器はちゃんとチェックして、使える人に渡そうネ)

で、それが終わったあと、今度はC1-5へ
前回のリベンジも兼ねて、またロボだけ…。
や、今回はきちんとクリアしたでござるよ? オチ? いらないではないか、たまには。(汗

めぐりくるオンラインバトン

今年一発目のバトンが一条さんから拝領したので、遅れ駆せながら答えさせて頂くでござる。
Q1:今いくつのオンラインゲ-ムをしていますか?
現在はPSOBB一本でござる。正直いくつもの掛け持ちは無理(汗

Q2:今持っているキャラクタ-は女性or男性のどちらが多い?
男性でござるな。女性キャラは扱いが難しく。不得手でござる。

Q3:次新しいキャラクタ-を作るなら女性or男性どちらを作りたいですか?
女性キャラ。こちらも不得手なまま放置しておくのもなんだからな…。

Q4:次新しいキャラクタ-を作るなら名前は何にしますか?
考えてないでござるな。まあ和名がいいと思うのだが…。

Q5:次新しいキャラクタ-を作るならどんなキャラクタ-にしたいですか?
   この中から選んでね(かっこいい、可愛い、不細工、その他)
「その他」でござるかな…。いや、「可愛い」とか「かっこいい」とかもいいのだが
「優しい」とか「労りのある」とか大切でござろう?

Q6:狩りするときは「パ-ティ-」or「ソロ」どちらがいい?
オンラインだから「パーティー」で行きたい。
最近は皆と合うタイミングがめっきり少なくなってしまって寂しい所でござる。

Q7:オンラインゲ-ムの良いところは?
左様でござるな。コミュニケーションが楽しめる所。ロールプレイングが楽しめる所、仲間で達成感を分かち合える所でござろうか。

Q8:オンラインゲ-ムの悪いところは?
心無い一言が相手を傷つけてしまうことがあること。その回復の機会を与えられないと、一番ツライでござるな。

Q9:回す人を2人をきめてください。
そうだな、此処は逢えてあの二人にしてみるか。
千吏殿、月霧殿。まかせた。

アチャー

今日は年始ということで、いろいろなところに挨拶に出かけた。
まず、1-1-1。お年玉特売などがないかどうか。
それから、ばいあらんβ殿、一条さんたちも参加していたイベント、エンジェル☆トレジャーに飛び入りで参加させていただいた。
最後が拙者が元々所属してた「抹茶」の年始挨拶でござった。
そこでせっかくだから皆でチャレンジモードとあいなった。
しかも、2-3を鉄のみで。
参加者は以下の通り。
myu's-cat(RaCaseal)…ボケも引率も一人でこなす。スゴ腕のチャレマスター。
あびげいる(Hucast)…心技体、全てを兼ねそろえたチャレンジのエキスパート。
ノエル(HuCaseal)…シュレッターの異名を持つダガーの使い手。
そして拙者(Racast)…いわずと知れたへっぽこ箱。

一回目、エリア16の巨大花にて失敗。
ここで会議をもたれる。
「うーむ、やっぱり普通にやってもダメだね」
「みゅが弱いばかりに…」
「いや、拙者もぜんぜん違うほう行ってたし…」
「あれどこへいってたの?」
「いや、戦力的に花の相手が難しかったので武器補充と経験値稼ぎに、普段行かない巡回ルートに向かってたでござる」
「んじゃ、つぎはそっちいってみますか」
そして二回目、迂回路が功を奏したのか、巨大花を撃破、拙者たちはとにかく撃って叩いて、砕いて倒して進んでいった。なんせ全員が鉄である。トラップの多重消費、強力な打撃力に物を言わせたパワープレイ。そしてなんといっても部屋をつくると必ず武器のドロップに恵まれるという強運のノエル殿が作った部屋はやっぱりすごかった。バスターが3本でたり、いつのまにかスナイパーがでたり。尋常ではない。
だがやはり鉄だけ、となると回復がいない為、ダメージの蓄積は深刻な問題となった。
いつしか前衛職の二人は回復アイテムが底を着きかけていた。
ノエル殿に至っては、最後は001(人形1のみ)という状態であった。
だが、悪戦苦闘すること48分。拙者たちはついに最終エリアにまで到達した。拾い集めたアイテムの分配。床に置いたジェネラルパワーを見て、ノエル殿がぽつりと呟いた。
「あびさんだよね」
拙者たちの気持ちも同じだった。敵はガルグリフォン。生半可な攻撃力ではダメージが通らない。
ならば、戦力を一点に集中させ、状況打開を図る!
「これもつかって。拾ってきたグラインダー」
「拙者も拾ってある。グラインダーでござる」
拙者たちは我も我もとアイテムを彼に託した。拾ったグラインダーをかき集め、スロットアイテムをかき集め。薬を渡し、彼に一縷の望みを託した。
「いくか」
「応」
ノエル殿の言葉に短く答え、拙者たちは最後のボス、ガルグリフォンへと通じる転送ゲートに足を踏み入れた。

ぎゅおんぎゅおんぎゅおん…(転送中)

ぱっ、きしゃーーー!
おなじみの羽ばたきと雄たけびで、ガルグリフォンが現れる。
拙者たちは皆得物を構え、険しい顔つきでソレをねめつける。
「いくぞ!」
「応!」
「…」
ん?
みるとmyu'-cat殿が固まっている。
いや、動いてはいるが、気合をこめた声が出ないのである。
拙者が声をかけようとすると、ソレより先に彼女がこう、つぶやいた。
「あびさん、落ちてるで…」
「「ひいいいい」」
ラグオルの渓谷(シミュレーターだけど)にロボの悲鳴(x3)が木霊した。

ぐったりとして帰還した拙者たちは、お留守番しててくれたフォックス2殿に事態を報告すると、
彼はこう、呟いた。
「アチャー」

年始挨拶バトン

今回は年初めということで、いつもと趣向を変えて拙者から皆様に「年始挨拶バトン」を回させて頂くでござる。
ルール
1.バトンを回す人をこちらから指定しない放置バトン。
2.バトンが拾った人はトラックバックを入れる。
3.このバトンは1月4日までが有効期間。
4.自分が思いついた質問は1つだけ、最後に追加してもOK。追加されたものは自回った人も答える。
では参ろう。

Q1:去年一年を振り返って一番印象に残ったのは?
このブログをはじめたことでござろう。おかげで内外の恥がさらけ出されてしまっている…。

Q2:今年の抱負は?
一念発起して改革に取り組むでござる。

Q3:今年の漢字を決めてください。
改 いろんなことを改める、という意思を込めて。

Q4:今年、最も多くの時間を費やそうと思っていることは?
人付き合いでござるな。特に私事。

Q5:今年の目標は?
今決めた。拙者のブログからリンクしてくれる友達を10人、増やそう!
あとサボってたトレーニングを再開するでござる。体鈍った…(汗

Q6:今一番欲しいお年玉は?
ミスタードーナッツのイルミネーションクロック(白)。ポンデライオン型はがんばってゲットしたのだが…。

Q7:今年克服したい苦手は?
面倒くさがりなところ。直さねばな。(汗

Q8:今年の願いは?
皆が幸せでありますように。拙者の給料がもうちょっと増えますように、ついでに冷蔵庫の中味が常時もう少し入ってる様になりますように。拙者の体脂肪率がもうあと5%は落ちますように。体重も5kgほど落ちますように。食べても太りませんように。仕事がたくさん出来ますように。レアドロップに恵まれますように。ことにライアーノフSNR5とコンバット新型とノダチとイプシロンガードとマスターレイブンとラストスワンと高HIT赤ソと高HITスプニとあとあとええと…(以下略

Q9:今年のきめ台詞
「やるぞ?拙者は」

以上でござる。では皆様。よければこのバトン、どうぞお持ちくだされ。年始のご挨拶などもこの記事にコメントでいただけると助かるでござる。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。