遅れてきた新人

その日、私は指定されたブロックにたどり着いた。
そこは公営住宅街の外縁にあたり、人通りもまばらな地域である。小さな風が吹きすさぶ。
前の任務を終え、本星の軍本部に戻り着いたのが二週間前、新たな辞令を受け取り高速船で
ワープゲートを越え、パイオニア2の船団と合流したのが1週間前。
そのあと、検疫、入船審査などで1日間をついやした。
普段なら軍部のゲートで移動できる為、このような手間はかからないのだが、今回は任務の性質上、
そちらは使えない。
受け取った指令書ではゲートに迎えが来ると書かれていたが一日待っても現れなかった。
すでに敵側の妨害工作が始まっていることも考えられる。…もっとも、あの上司のことだから単に
連絡不行き届きだった、なんてこともあり得なくはないが。
そう考えると思い返すだけで苛立たしい記憶がいくつもいくつもいくつも…あああ!
……セルフコントロール、セルフコントロール。
私の名前はセルパ。本星の軍部に所属。その一方でハンターズにレイマールとしての登録もなされて
いる。識別IDはORAN。性別は女性。好きなモノは紅茶。嫌いなモノは上司。結婚歴なし。恋人もなし。
…ううう。
いけないいけない。落ち着かなくては。
とにかく私は合流が果たせぬまま本星の上司と連絡をコレクトコールで(ここ重要)とり、なんとか
先方の住所を入手した。
がだその方法が頂けない。なんで住所を今週発売のクロスワードパズル大辞典なんぞに暗号で
埋め込まなければならないのか?
あまつさえ、答えが載ってないのではどうやって確認しろと言うのか。あの上司が考えることは
全くもって分からない。そんなにコレクトコールが気に入らなかったのか? 恒星間通信の費用を
個人に支払えとでも言うのか? もし私があれの上に立つ日が来たら、喜んであいつの首を切る。
っていうか切らせろ。
私は翌日発売されたクロスワードパズルの本を手に喫茶店に入った。なかは落ち着いた作りで
非常にいい店だった。任務が終わったら帰りがけに寄ってもいいかもしれない。
クロスワードで悩んでいたときそっと入れてくれた紅茶はおいしかった。
おまけにそっと答えを教えてくれたりして素敵なマスターでした。
ただ時々ハンターズと思わしき連中が常連客として出入りしていたのが気になる。とくにあの
「ワッフー」とかいいつつ入ってきたレイマーは人を見るなりビクゥ!と震えて逃げ出した。
大変失礼だ。ええ、ええ、どうせ隻眼で大女でかわいげありませんよ。わるかったですね。
三日かかって解けたクロスワードを元に暗号変換表から住所を分析し、住人情報等を照会し、
ここが指定された合流相手の住んでいるアパートメントだということは確認できた。ホテル代も
飲食代も、ここまでの交通費と合わせて絶対あとで請求しようと固く誓った。あとは、チャイムを
押すだけだ。
ぴんぽーーん
「……」
反応がない。もう一度。
ぴんぽーーん
「………」
やはり無言。もしやすでに何者かによって襲われたのかもしれない。
私はかばんを下ろし、二重になった底から愛用のカスタムレイ00を抜こうとーーー。
「あれ、殿の所にお客さん?」
私は間一髪で銃を抜くことなく、振り返った。そこには小柄なフォーマーが立っていた。
「こんにちは」
「こんにちは。私はセルパといいます。ーーーあなたは此処の住人ですか?」
「ボク? ちがうよ。まあ、同僚かな」
なるほど、おなじハンターズの一員ということですね。
「殿になにか用事?」
「ーーー殿、というのはどなたのことでしょう?」
「ん、ZAN殿」
答えてる相手のデータをさっと盗み取り、データを照会する。あった。対象ランクB、今日接触する
予定だった人物と同じチームに所属するメンバー。通称:ザビ。
「ええ、そうですね。あなたにもご挨拶を。この度、こちらでお世話になることになったセルパと
いいます。どうぞ宜しく」
「え、じゃあーーー」
フ、当惑するのも当然ですね。
「知らないんだ?」
はい?
「ZANさん、PSUのクローズドβ当選したから二、三日前に出かけてったよ?」
Σ MJSK?

スポンサーサイト

いきなり次回予告(ver,ZAN)

なにやらユーグ殿のところで「いきなり次回予告」というのにハマってるらしい。
せっかくなので拙者もちょいとやってみた。
ーーーーーーーーーーーー
アフロにイメチェンしたフィロのモシャモシャに、突如生えてきたウィケッド!
ZANにしか見ることのできない謎の物体ウィケッド。
その存在を信じてもらうために、観察日記を描くことにしたZAN。
○月×日、今日もウィケッドは笑ってる…
ーーーーーーーーーーーー
 …初っぱなからこれである。飛ばしてくれる。
ーーーーーーーーーーーー
ついにZAN界に突入したアスバルとVIVI!
囚われた三人の仲間を救うべくZANに立ち向かう!
次回、最強伝騎士トルーパー「行け!二人の戦士たちよ!」
オレの心を、鎧が走る!
ーーーーーーーーーーーー
 反物が飛び交いそうな次回予告。しかしZAN界ってなんでござる?(汗
ーーーーーーーーーーーー
ZANは聖心をとても尊敬している。
ある日、ZANは聖心が黒魔術♪
によって、NO断念になるのを見てしまった!

次回、怒涛の急展開!
NO断念「黒魔術♪に不可能はない」
かなりNO断念って総理大臣に似てるよな
ーーーーーーーーーーーー
 いや、なんつーか‥これ、インパクトあるなぁ。
ーーーーーーーーーーーー
幾多のバトルを繰り広げ、ついに世界大会まで来たZANのチーム。
第一回戦にてチームのエース・ユーグとその宿敵ハイアームズのバトルがまもなく開始される。
しかし、事もあろうにユーグは試合直前にハイアームズに恋してしまい…。
『第56話・君のハートに爆転シュートッッ!!!!』
「ごめん…ZAN、俺アイツと駆け落ちする」
ーーーーーーーーーーーー
 あ、謝られてもこまるでござるっ

無銘の剣

ラヴィス=ブレイドという剣をジャック殿から頂いた。
氏の行動にはいつも驚かされるが今回もまた強烈だ。いつもそっけなくとんでもないものを持ってきて下さる。
ラヴィス=ブレイドはPSOに古くからあるレアアイテムの一つである。その特徴は二つある。
シンセスタというアイテムを用いることで形態を変化させ、より強力な武器に変わっていくこと。
そしてもう一つはEX攻撃の衝撃波(体力消費)が撃てること。
だがこの剣にはもう一つ特徴があった。

鑑定しないとEX攻撃で体力が減らない。(しかも攻撃力も高い)という点である。
PSO初期からの仕様であるらしい。バグなのではない、仕様なのだ。そうしとかないとソニチに捕まってしまう。

早速試しにVHのEP4地下砂漠で使ってみた。
ブン。ずばん。980。
ブン。ずばん。1220。
ブン。ずばん。1510。
「…なんか激しくとんでもない数字が見えてはるけど?」
や、やだなぁバサラ殿、目の錯覚でござるよ。
驚いたのはリザードにも通用すること。これは重宝しそうでござる。
…問題は空中の敵には当たらないことか。

間違っても鑑定などしてしまわないように気をつけよう。うん。

帰ってきた女

その日、ワシはログオンするとはんなりとした京言葉のフォマールが声をかけてきた。
「お久しぶりどすなぁ」
ワシはその姿に見覚えがあった。あったのじゃが―――はて、誰じゃったかのぅ?
「あら、おじいちゃん、ボケ?」
やんわりすっぱり失礼なことを言ってくれる。まっとれ、今思い出すわい…。
おーおーおー。
「思い出した?」
「うむ、三丁目のカドのタバコ屋のミハル婆―――」
がいんっ。
凄い音がして何かと思うと彼女が握り締めた杖の石突が足元を深くえぐっていた。
い、いやちょっとした冗談じゃよ? あの婆様はもう3年まえに亡くなってのう。…そんな怖い顔で見るな。
うーん、・・・おお!
「思い出しました?」
「うむ、あれだ、先日バス停で気持ちよさそうに鼻歌歌ってた堀の内のトメば―――」
ぐきり。
今度は握り締めた杖にひびが入っておった。いや、ほんとにお茶目な冗談じゃ。あの婆様はこう、皺くちゃの115歳でな、まだまだ元気だというとるがとおの昔にカンオケに片足つっこんどるような干物ババァじゃ。
ええっと…。うむ、そうじゃったそうじゃった。
「思い出しました…?」
「うむ、思い出した。保養センターのヌシ、キヨカば―――」
ばきっ
…うわ、おっちゃったぞい。
「…ボケた押すのもええかげんにせんかい、ワレ!」
いやじゃな、バサラさんや。怒ると皺が増えるぞい。

というわけで一ヶ月ぶりに引越しが終わってバサラさんたちが帰ってきたのじゃッた。
おわりじゃっ。

「せ、拙者の出番は?!」

しらんっ。

我らは何度でも立ち上がろう

積寂ーーー
過ぎ去りし栄光の日々ーーー
遠き思い出の中の出会いーーー
別離、喪失、漂泊ーーーいくつもの夜を、闇を抜け、我らは今、ここに立つ。
三千世界を旅し、すべての財を見、智を知り、時は過ぎ、ここに立つ。
そこは世界の終焉。暗き断崖。その先には何もないのか。
ーーー否。
心ある人がいる限り、終焉は訪れない。
我らが立つこの場は世界の果てではない。始まりでもない。突端でもなければ袋小路でもない。
ただ、我らがあるところに、踏みしめる大地があり、そこが、そここそが世界なのである。
そうした人々が集まって、大きな世界を構築する。
一時休むのもいい。休息により得られるものも多い、だが、歩き続けよう。
打ちひしがれる時もある。戸惑い、怒り、諦観に捕らわれることもある。だが、
我らは何度でも立ち上がろう。そこに世界がある。
我らは何度でも立ち上がろう。そこに心ある戦友がいる。
我らは何度でも立ち上がろう。まだ見ぬ人々と手を取り合うために。
この素晴らしい世界で共に喜びを分かち合える人々すべてに感謝を。
ありがとう。

ある冒険者よりLv200を目前にして悩める同朋に捧ぐ。

戦い暮れて夜が明けて

気がつくとすでに昼近くでござった。
うむぅ。確か昨日は新クエスト記憶の欠片をクリアして…そのまま爆沈したのでござったな。
セルフチェックプログラムを走らせつつ、拙者は頭を掻く。
ううむ。記憶が曖昧。とにかくメール、ニュース、目覚ましカウントダウンを確認。今日の拙者の運勢は…。
と、そんなことをやってるとふすまがスパンと開かれる。
「ZANさん! あ、起きた?」
ゲルベゾルテが慌てた顔して立っていた。何でござる、朝っぱらから。
「何でって…寝ぼけてる? メール見てない? 今日くるんだよ?」
寝ぼけておらん。メール? 来るって何が?
ああ、洗濯機でござるな? 全自動で6kg洗って6kg乾かせる優れもの…。うむ、高いがいい買い物をした。
「いや、そっちじゃなくて、シャーウィンさん達」
………
「……」
あああ! 忘れてた! なんか来るとか言ってたでござるな! まずい、非常にまずいぞ! 部屋を片づけなければ!!
慌てて見渡すとそこには使わなくなった武器のたぐい、鎧のたぐいが散乱している。
「……やっぱさ、そろそろ在庫処分しなきゃダメじゃない?」
そう、そこにはハンターズのクロークに入りきらなくなった道具類が所狭しと積まれているのである。(注:違法行為です。ハンターズの装備類は規定された区画以外に持ち出しては行けません「総督府広報」)
と、とにかく片づけよう! せめて居間、台所は確保しないと!!
拙者はゲルベゾルテと手分けして慌てて掃除を始める。3時間かけてようやく終わらせた頃、ドアのチャイムがなった。
あ、ELD殿か、今開けるでござ…ぐへ?!
拙者の咽をいきなりゲルベゾルテが突かむ。
「ZANさん! 装甲つけわすれてる!!」
んあ?! いかんいかん。ヘルムもつけて…。ふう、これでよし。
「こんにちは、でござる」
ドアを開けると皆がぞろぞろと入ってきた。
「こんにちは…」
とELD殿
「あら、結構片づけてあるじゃない」
とはシャーウィン殿
[こんにさは]
と花。……花?!
また連れてきたのでござるか!
「いや、挨拶にいくって言うから…大丈夫だよ! だいぶいろいろ覚えてくれたし
! ほらほら!」
ELD殿が促すと花は何枚かのプラカードを持ち出して並べて見せる。
[コンヌチワ][ワタシ][タベナイ]
…敵意が無いことを表してるのでござるな、うん。まあ拙者も事を構える気はござらん。えっと、足(?)は拭いてから上がってもらえると助かるな。一応和式なので。
皆に居間に入ってもらい、拙者が茶を配るとELD殿がお土産をくれた。
「ZANさん、この度はほんっっとおぉぉにお世話になりました」
深々と頭を下げるELD殿。
「いやいや。拙者大したことをしたわけではござらん。これは皆で頂くとしようか」
拙者は受け取った土産ーーーパイオニアまんじゅうを皆に配る。
「メギちゃんからもご挨拶を…」
先ほどのELD殿にならって手を着いて深々と頭を下げるメギド花。器用に別の葉でプラカードを上げている。
[オセワニナルマスタ]
まさかわが家の中でメギド花がお辞儀をする日が来ようとは(ちょっと懊悩)。
「一生懸命覚えたんだよ~。かわいいでしょ~」
あ、いかん、ELD殿の顔が子煩悩の親ばかになっている。このままいくと「思い出アルバム」まで持ち出してきそうだ。
「でもほんと、助かったわ」
シャーウィン殿がほろりという。今回の件はさすがにこたえたらしい。そらそうでござろう。拙者も我が事であればどうであったか……。
む、拙者の家人…?
ふと、わきで饅頭をほお張るゲルベゾルテを見やる。
そう言えばもう一人はどうした?
「じいちゃんなら出かけたよ? 退役軍人対抗のゲートボール大会とか」
…あやつ現役ハンターじゃなかったか?
「いや、なんでもピンチヒッターだとか」
まあいいか。
「で、あのとっつかまえた連中はどうしたでござる?」
「ああ、軍が引き取ったわ。いろいろ聞きたいこともあるし」
…その、程々にな。
拙者は吹き出る嫌な汗を隠しつつそう言った。剣呑な光を放つ目をしたシャーウィン殿はフフフと笑って答えた。
あー、全然手加減する気ないでござるな、やっぱ。
え、これから他のところにも挨拶に行くと? それでは拙者も着いていくか…。

ブラックペッパーの「もっと」危険な取引

「フフ、よく来てくれたわね、ZAN」
「……」
「今回、あなたに手伝ってもらう実験は―――ってな、なによ?」
拙者は非常に複雑な顔を突きつけて、スゥに尋ねた。
「……おジャ魔女でござるか?」
「な、なに? なんのことよ?」
「いやいや、たしかにPSOBBも2周年を越え、すでに3年目。ここらで古参ユーザーの別ゲームへの流出を阻止するためにも一念発起しようというのも、わからんではないでござる」
「なによ? なんの話よ一体?」
「そうだよなぁPSUも発売延期でござるが、あれはどう考えてもPS3の発売時期とか絡んでそうでござるしな」
「ちょっと、アンタいい加減にーーー」
「で?」
ずいっと拙者はスゥに近づくと、フォトンうクリスタルを見せた。
「フォトンクリスタルを使ってどんなことをしてくれるというのでござる? 拙者はハカセから言われてこれを持ってきただけなのでござるが?」
「…シェイド博士のことね?」
なにげにうんざりとした顔でスゥがうなづく。理由は、まあ、聞かないでおこう、うん。なんか容易に想像できるし。
「まあ、あんなのでも一応、研究員としての能力は高いのよね」
「黒胡椒団のなかでも浮いてるのか、彼奴は」
拙者とスゥはがっくりと肩を落としてため息をつく。
「それで? 何をしろと?」
「…あなたにはこの中に入ってもらって中のモンスターとーーー」
「あ、タンマ」
「な、なによ」
「いや、せっかくだからそっちから聞く」
そう言って拙者はこの場にいるもう一人、ドアの前を固める小太りレイマーに向き直った。
「え、ええっと…それじゃあ…あっしから説明します?」
最後の質問はスゥに向けられたものだ。彼女は「なんであたしじゃダメなのよ」などとぶつぶつ言いながらも首を縦に振る。
「ZANの旦那にはこの中のエネミーと戦って頂きます。戦って頂くエネミーは多数の突然変異体が含まれています。一定時間内に全敵を撃破して頂くと奥のロックが外れます。そちらに報酬の品を用意してありますのでお受け取り下さい」
「ふむ、つまり一定時間以内に全部の敵を撃破すればいいわけでござるな」
「ええ、そういうことです。敵はフォトンクリスタルのエネルギーを受けて一部が突然変異体になってる可能性があります。報酬もそれ相応のものを用意させて頂いておりますので、なにとぞ」
「だが断る」
拙者の一言にスゥが切れた。
「ーーーなんでよ!!」
「いや、暴力反対」
「~~~! あんたねぇ! それじゃ実験にならないでしょうが! だいたいどこのハンターが暴力反対でLvがそんなに上がるって言うのよ!」
「怒鳴りすぎると脳溢血で倒れるでござるよ? 血圧高いでござろう?」
「誰が高血圧だ誰が!!」
「おろ? 違うのでござるか? たしかそんなことをメディカルセンターで聞いたでござるが?「黒胡椒団のスゥさん、最近血圧が高いのよねぇ」って」
「え、うそ?」
「無論嘘でござる」
そう言った途端、拙者の左頬をフォトンクローがかすめる。それを紙一重で回避すると二撃、三撃と死の爪が迫る。
「………大概にしとかないと、ただじゃ置かないわよ?」
「はっはっはっ。そういうセリフは手を出す前に言って欲しいでござるな」
「くっ、まったくポコポコとレベルばかり上げて………」
さも口惜しそうにスゥが呻く。
「姐さん、どうしやす、この実験をしないことには…」
「わ、分かってるわよ! …ねぇ、ZAN、考え直さない? 報酬はそれ相応のものを用意してあるわよ?」
「いや、拙者レベルばかりポコポコあがったへっぽこHucastでござるからな、そんな危険なことはできないのでござるよ。はっはっはっ」
「……わ、分かったわよ。謝るわよ。私たちにはあなたの協力が必要なの」
「ふむ、本星の連中が何をたくらんでるのか、それ次第でござるな」
「……なんでもフォトンを用いてこのエネミーたちをカードに封印する技術を開発しているってのは、聞いたことがあるわ」
「なるほど、フォトンクリスタルを用いて突然変異体を誘発するのはその展開時のエネルギー変換のデータ調査の為でござるか」
「………」
拙者の言葉が的を得ていたのか、スゥが黙り込む。
「ふむふむ。そういうことでござるか…」
「で、どうなのZAN?」
「報酬は? なんなのでござる?」
「…基本的にはランダムよ。でもその分それなりのものから出現するように設定してあるわ」
それなり、ねぇ。
「まあ、黒胡椒団のことでござるから、それ相応のものが出るのでござろうな…よし、引き受けよう」
拙者はそう言うとクリスタルをスゥに手渡す。
「たく、だいたい何よ、その黒胡椒団って」
「…はて、これは異なことを」
拙者は首をかしげて言う。
「お主らの団体名でござろうが? ブラックペッパー」
「ブラックペーパーッ! ペーパーッ! ペーパーよっ!」
すっげージタンダ踏みながらスゥが反論する。あ、涙。
「いや、知ってるけど」
「~~~!!!」
あー、そろそろかなぁ。とか思ってたら小太りのレイマーがため息交じりに拙者に声を掛けてきた。
「ZANの旦那、…あまりウチの姐さんいじめないで下さいよ…」
と、その時である。拙者のマグがきゅぴーんと目を光らせた。
「お、貯ったようでござるな」
「旦那? 一体何を?」
「うむ、拙者だけで突貫となると支援も受けられぬでな。先にPBを貯めさせてもらった。いや、スロット全部にPB発生装置を装着したのだが思ったより時間がかかったでござるなーーーそれっ」
拙者はPBマイラ&ユウラを発動。これにより一定時間拙者の攻撃力防御力が飛躍的に上昇する。
「あ、あんた…もしかして最初ッから……」
「当然でござろう? ここに降りてきたときよりPBが貯るのを待っていたのでござる」
「じゃあ、断る気なんて…」
「フッ、天下のブラックペッパーの用意してくれた報酬を無下にする気はないでござるよ」
「ペーパーだっていってんでしょーがっ!!」
「フハハハ! じゃあ行ってくるでござる!」
こうしてPBが貯まるまでの時間を潰した拙者は意気揚々と殲滅に向かった。
報酬はSリング・青蓮・ネコミミであった。
ネコミミは帰り際、スゥにつけてやると顔を真っ赤にして喜んだ。少なくとも相方のレイマーには馬鹿ウケでござった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。