FC2ブログ

拙者とフツーのプリンタ

  • 2018.07.27 10:37
  • Cat:PC

これは拙者がプリンタを購入するまでの汗と涙と往復の物語りである。


我が家にはブラザーのA3インクジェット複合機がある。これが壊れたので買い換えることとなった。
色々と検討した結果、またもやブラザーのA3インクジェットとなった。

拙者がA3複合機を使ってる理由は一つしか無い。
A3スキャナが付いてるから。

これにつきる。なんせ公共料金の領収書がA4に収まらんのだ。
スキャンしてとっておくのに面倒すぎる。
また雑誌を処分する際、気に入った記事をスキャンして残しておくのにも役立つ。写真雑誌とかサイズが大きいから。

ということで拙者の求める機能はどちらかというとスキャン機能重視なのだ。
ではどうしてスキャナ単体を買わないか?

2018年現在、A3フラットヘッドスキャナ+ADFという物は淘汰されている。
残っているのは写真用の超高画質・超高価格の物しかないのだ。
ぶっちゃけそれ一つ買うと、複合機が3台買えるとかお馬鹿な値段になる。
で、拙者の場合そこまでの超かっとんだ性能のスキャナを必要としていないのである。

プリント機能はどうか? 実際今まで持っていた複合機でA3を印刷したことなどない。はっきり言って無用の長物である。
しかし、スキャナ機能は無いと面倒くさい。一回コンビニのスキャナを使ってみたことがあるがあれはどうにもせわしない。なにこのアウェイ感。これがプレッシャーか?と思うほどである。

そんなわけで自宅にでっかくて邪魔だけどA3複合機を迎え入れることと相成った。

機種選定
インクジェットか、レーザーか?
ぶっちゃけ劣化という点で言うとレーザーの方が普通は長持ちする。
これはインクに比べトナーの方が劣化しづらいからだ。
しかしランニングコストとメンテナンス費はお高く付く。A3複合機とはいえ
卓上型では入るトナー容量が少なすぎる。はっきり言って割高である。

こうしてインクジェット型に落ち着いた。

機能の確認
拙者の用途だと印刷はそんなにしない。が、出来れば写真がそれなりに高画質に印刷出来ると助かる。
今使ってるプリンタはインクが標準的な染料インク、で、最近の主流は顔料インクになりつつある。色がくっきりと鮮明で滲みにくく紙を選ばない顔料インクがありがたい。
また上記のスキャナ機能だがスキャンしたデータを直接クラウドストレージに突っ込む仕組みがある。DropBoxを使っているのでこの機能が充実している事が望ましい。


耐久性
それなりに長く使う事を前提としてる。今まで使ってた奴が3年しか持たなかったのが悲しい。そこで今回は延長保守まで含めて検討した。

メーカー選定 EPSONかブラザーか
ぶっちゃけA3インクジェット複合機はこの2択になる。他は作っていない。HP?知らない子だね?
正直クオリティ的にはEPSONを選びたいところだが、コスト・設置面積を比較して、今回ブラザーとなった。


機種選定
さて、どうしたものかと考えても分からないので、餅は餅屋。プリンタはプリンタ屋に聞くこととした。
大手物販店舗にはプリンタメーカー協賛で各メーカーの専任スタッフが居ることがある。彼らは各メーカーでプリンタのサービス研修を受け、十分な知識を得た専任のプロフェッショナルである。こうしたスタッフに声を掛け、詳しい仕様などを聞くこととした。
見分け型は簡単。各メーカーのロゴの入った服を着たスタッフが居たら、職員証を確認しよう。ちゃんとメーカーの人間である事が確認出来たら詳しいことを聞くといい。


そこで拙者は平日の休みに近所の大手家電販売店ヤマダデンキ大井町店まで車でとことこと向かうこととした。
さて、詳しいであろうメーカースタッフを捕まえて…あれ? CANONのスタッフしか居ない…?
尋ねたところ、今日は研修でお休みだとか…ぎゃふん。


で、翌日。仕事が終わったあと気を取り直してもう一度チャレンジっ
「あ、すいません、メーカーの人、今日は19時で上がっちゃったんです」
…ですよねぇえええ!

開けてさらに翌週末。もう一度日中にチャレンジ!ということでお店に向かう。
ようやくブラザーのスタッフを捕まえ、詳しいことを聞くことができたのだ!!!

現在のブラザーのラインナップは以下のようになっている。

MFC-J6995CDW
最上位機種・インクタンクを専用の物にすることでランニングコストを抑えている高速機
MFC-J6980CDW
6580の2段カセットモデル
MFC-J6580CDW 
普及機


ぶっちゃけ機能的に最下位の6580で十分である。が、詳しく聞いてみたところ以下のような事が分かった。
・今まで使っていた機種に比べ、高速化・高耐久性を謳っている。
 耐久枚数が15万枚となり、廃インクパッドもそれまで交換不要とのこと。
・インクも染料系から顔料系にかわり、より紙質を選ばなくなった。
・プリンタエンジンは3機種とも同じ作りである。最上位モデルはモーター速度を上げることと、インクを変えることでランニングコストを抑えた。
・6980は現在協賛キャンペーン中で5000円の商品券が付き、その場の購入で利用可能である。

最後がしびれた。それならこれでいいかなーと。この日も車で来てたので買って帰る気満々である。
が、一つ気になったことがあった。残念ながら印字サンプルがないとのこと。
たまたまインクがきれてたということでその日はそのまま帰ることとした。

その翌日、仕事が終わってからまた車でヤマダデンキ大井町店まで向かう。
当然時間的にブラザーのスタッフはいないが、店舗スタッフに引き継いでいてくれたため、テスト印刷などは問題無く実施出来た。
出来たのだが…印刷に難があった。
早いのは良いのだが、プリンターヘッドの挙動ずれが酷いのだ。
高速印字でA4印刷すると、3ブロックに分かれてノイズが走る。
これはヘッド制御がモーター挙動に追いついてないのではないだろうか?
ことにこのノイズに文字がさしかかると完全に印刷ずれを起こしてることが分かる。
これには店員も拙者も頭を抱えてしまった。
スタッフが確認してくれるとのことだったので結局この日も手ぶらで帰ることとなった。

その翌々日、いい加減通い慣れた道をひた走りヤマダデンキ大井町店へ。
店舗スタッフを捕まえて話を聞くとやはり高速印字の弊害っぽい。
ことに標準コピーモードだとそのずれが顕著に出るとのこと。

これがグラフモードや写真モードといった別モードだと緩和される。
元々コピーはそんなに使わないが印刷でもこうなるんだと使えないと思うが
そこもドライバの設定でクリアするしかないらしい。

うーん、と悩んだが写真印刷モードをEPSONと比べて結局こちらを選んだ。
EPSONより明らかに綺麗だったからだ。

こうして、拙者はA3複合機をもう一度購入する事となったのである。
けして大井町往復が面倒になったわけではない。。。

Read more...

スポンサーサイト

拙者とMacBookPro その01

  • 2018.04.03 15:00
  • Cat:PC

第一話「MacBookPro起動せず!」


ここに一台のMacBookProがある。
さる運輸倉庫にてその存在も忘れられていた存在である。
数奇な運命の下、それは拙者の手元にやってきた。
それは夏の日の、雨の降る金曜日の夜だった…。

(ばっさり中略!!!)

で、そんな曰く付きのシロモノなのでござるが、実はこやつ、拙者の家に来た後1年近く寝てた。(ぁ

理由は引越しが忙しかったのと、MacBookがフツーに動いてしまっていたため機種移行の必要性が薄かった為だ。
ホントあれは9年も良く使い倒したもんでござる…。

で、今回流石にそろそろ…と移行を果たした。iPhoneXも買わんかったし、いいよねーとか思ってないよ?

さてMacBookPro 13inch Late2013 Retinaである。拙者にとっては3代目のMacBookとなる。思えば遠くへ来たものだ…。

詳しい仕様なんかはこっちを見て貰えればと思うが、ざっくり言えば

・薄型筐体で拡張性も薄い
・使い道の微妙なSDXCカード対応
・今となっては残念としか言いようのないThunderbolt2ポートが2つもある
・壊れることで有名MagSafge2電源

…あ、いや、素晴らしい点も多々あるのでござるよ?

たとえば

・地味にすごいPCIe接続の高速SSDドライブ(専用設計で交換不能)
・なんといってもRethina 2560x1600ピクセルの高解像度(だがフィルタ必須で視認性Down)。
・圧倒的な軽さ1.56Kg
・無線が11AC対応(でも自宅Apが未対応)

で、早速電源を繋いで設定作業をしてみると…驚くほど快適である。
ちなみに拙者、移行アシスタントは使わないこととしてる。理由は元のMACが古すぎるのもあるが、
移行アシスタントが時間が借りすぎたり余計な設定引っ張ったりすることが多いからだ。

メール環境も新規で構築でいいかなと思えれば、実は普通にデータだけ移動する方が全然早い。
もっとも各種アカウント設定などは泣くほど設定し直しなのでそこは覚悟しよう。

設定をしてると思ったのだが以前のMacBookもSSD換装・RAM8GBとしていたがそれと比べても動作が速い。
かなり快適でびっくりした。

で、鼻歌交じりでOSアップデートして基本設定をパチパチとしていたらパチンとおちた。

なにごと?!

と思ったらMagSafe2が抜けてた。HAHAHAこやつめ…。
挿し直そうとして、えも言えぬ違和感を感じた。

まて、拙者が作業開始してからすでに30分以上経ってないか??

そう、開封直後とはいえAC電源をつなげ30分も作業をしてればそれなりに充電されているはずだ。
たかが一瞬の切断で、システムがダウンするはずがない。

おそるおそる再起動。ジャーン。(起動音)
うん、起動する。…が、右上のバッテリーに!マークがっ。
無言でクリックすると…充電率0%の表示。
慌ててシステム詳細を確認すると「バッテリーは充電出来ません」のメッセージ。

そう、あまりにも長期放置されていたため、内蔵バッテリーが上がってしまっていたのだ!

しかもこやつ、薄型筐体のため専用バッテリーを交換するには分解が必要!


やり方もWEBで確認したら面倒すぎるっ!


ちょっと悩んだがこれから長いこと使い倒すこと前提にするなら、ちゃんと整備してやった方がいいだろうと思い、Appleの正規修理でバッテリー交換をして貰う事とした。ちなみにお値段は13000円である。

今まではジーニアスバーに持ち込んでいたのだが、今回初めてセンドバックをお願いしてみる。
驚いたことに金曜にピックアップしたら、翌月曜には送り返されてきた!
他のメーカーだと一週間くらいは優にかかるはず…。Appleのすごさを垣間見た。

で、修理内容を見てみると
バッテリー交換のため、キーボード、筐体、基板、バッテリーを交換しました。

ん?

これって、下半身で残ってるのSSDだけではござらんか?
新品同様だったMacが新品になって帰ってきた??
( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …!?


続く


今回の費用

MacBookPro本体 プライスレス
修理費用 13000円
 

このMACBookに費やした費用総額 13,000円

MacBookのこと その08

  • 2018.03.30 12:00
  • Cat:PC

最終回「さらばMacBook」


これまで長くにわたって拙者を助けてくれたMacBook MB466J/A。

所謂13-inch, Aluminum, Late 2008というモデルである。

HDDをSSDに換え、メモリを増設し、様々なアプリを突っ込んで活用してきた。

前の職場からの戦友。

そのMacBookとついにお別れするときが来た。

バッテリーが充電出来なくなったのだ。
メーカーからも発売からの経過年数が5年をすぎているため純正部品による交換修理対応は
不可能との打診があり、進退窮まっていた。

2017年11月、購入日から丸9年が経過しようとしていたところである。

Windowsのノートだと、9年というのはけして運用が効く年数ではない。それは博識なる読者諸氏がよく知るところだ。
下手をすると3台のPCを乗り継いでいたであろう時間を、このMacBookは支えてくれたのである!


ありがとう、そしてさらば。MacBook!



サードパーティーのバッテリーに交換して従兄弟に譲るでござるっ!

今回の費用
サードパーティ製バッテリー 3268円 

このMACBookに費やした費用総額 205,538円


次週新番組、拙者とMacBookPro
第一話「MacBookPro起動せず!」にご期待下さい。

MacBookのこと その07

  • 2014.07.03 14:00
  • Cat:PC

今回のBGMは田中公平氏でお願いいたします。



前回無事Winのほうが動いたので今度はMACBookの方でござるな。

まずしなければいけないのはバックアップ。
Macは標準アプリであるTimeMachineで世代バックアップをとっています。
設定さえしておけば定期的にバックアップをとってくれる優れもので、
ものぐさな拙者は大変重宝しております。
ですのでこれでサクっとバックアップを実施。

ついで、HDDの交換です。
拙者の持ってる2008年(Early)モデルは電池を外すとすぐにHDDを交換できます。
ここもサクッと載せ替え完了。
載せ替えが終わったら、ODDドライブにディスクX、もといOS-XをSet!

…ってあれ? おーい、拙者のMarvericksさーん。どこでござるー?
………MPが足りない。ちっ命拾いしたでござるな。
今日の所はこれでかんべ…OK、その斧をおろせ、ゆっくりとだ。

などとコントを挟みつつ探しますが見つかりません;
本来ならここでOSのCDからブートしてサクっとインストール、アップグレードと行こうとしたのですが。
たぶんあの段ボールの中…いやいや、あっちの段ボール…。
どうしよう、OS購入?! いやでも前回「衝動買い承認!(しません)」って言っちゃったし!

ム、まてよ…。もしかして。

拙者はおごそかにHDDを元に戻します(爆)
起動したらバックアップをとってる外付けHDDを用意して、MACにつなぎます。
中にあるデータをブラウズしていくと…。

発見!! Marvericksインストール.app!

偉い! 偉いぞ昔の拙者TimeMachine!

コレさえあれば楽勝でござる。早速こやつをMACにもどして右クリック。
インストールメディアの作成を選んで生DVDをくべて、待つことしばし…。
ピッカピカのインストールメディアの完成でござる!!!

さてメディアメディア…ん? なになに? 5.4GB
拙者のDVD(1層:最大容量4.7GB)に入らんではござらんか。

…どーすんだよこれぇぇorz

考えること数秒。あ。と思いついた。そうか、アレだ。USBメモリ。
MACもWin7のようにUSBメモリを用いてインストール媒体を作ることが可能でござる。

やり方はチョー簡単…とはいえません。
用意するものはこちら

・5.3GB以上のUSBメモリ
・OS X Marvericksインストール.app
・動作するMacBook
・勇気
・そしてbasssomasunduo様のブログ「basssomasunduoの日々ホノボーノ!!」の記事 ←重要


先日無理を言ってリンクの許可を頂きましたbasssomasunduo様のブログでござる。
図解入りで変態・・・もとい大変わかりやすいインストール記事を掲示されています。
いや、 2014-06-20のツタンカーメンまじ吹いたでござる。

こちらの記事に沿って拙者もUSBメモリをフォーマット! んでもってインストーラー作成!
ふう。あっけなかったでござるな。

さて、もう一回HDDをSSDに載せ替えて…と。

USBメモリからのBootで起動したらディスクユーティリティでSSDをフォーマット、インストールを実施します。

これでクリーンインストールが出来ました。

で、このあとタイムマシンで書き戻せば元の環境がそのままそっくり戻ってくるのでござるが…。

正直メールしかイラネ状態なのでござるよな、これ。

なんであえて全部を書き戻すのではなく、メールだけ書き戻します。
TimeMachineだとそこら辺も簡単でござるな。

その上で、ATOKアンチウィルスとFireFoxを入れてあげればOK。
いや、一時はどうなることかと思いましたがコレにて作業完了でござる。

今回の費用
Prexster SSD PX128M5P 12,400円 

これまでのMAC費用総額 202,270円


ついに20万超えたでござるなぁ; もうこれ以上はお金かけんぞ;


MacBookのこと その06

  • 2014.06.28 12:00
  • Cat:PC
前回衝動買いしたSSDをまずはWinPCに使えるようにしようというお話。

まずはParagonによるバックアップ作成でござる。


と思ったのだが、拙者、職場に違うものがある事を思い出した。

NOVAC コピー一発!2レンジャー 改 USB3.0

せっかくなのでコレを使ってみることにしました。
いちいちDVDに焼いて、それを書き戻すのが面倒だったわけではないでござるよ?
ちゃんと備品が使えるかどうかのチェックでござる。



現在拙者のPCに入ってたSSDがコレ、Plextor PX-128M5P 2012年8月当時12400円で九十九で購入

んで、こやつを512GBの新しいSSDにぐりぐりコピーします。
おお、コピーしてるコピーしてる!

さっくり終了。かかった時間は9分程でした。
これがフツーにDVDにバックアップしてリストアしてってやってたらそれだけで30分近くかかってしまうでござるよ。


んで、持って帰って接続、起動。
うん、問題無く動くでござるな? ここで動かないと悲惨過ぎる結末。
初回起動したときにはSSD本体が変わったことにより若干の認証が入るかと思われましたが特になにも無く起動しました。

問題無く起動できたので次はパーティション操作でござる。

HDDコピーをクローンモードで行うと、移行先のドライブでも同じ要領で環境が構築されます。
むろん、余った容量を新たなドライブとしてフォーマットし活用することも出来ますが、
せっかく大きな容量を持つドライブに移行したのにシステム領域を拡張しないのはモッタイナイでござる。
ソレで無くても天使のぶんどり分でHDD容量圧迫されるのに…。

※天使のぶんどり分とは
フォーマット後の容量はHDDの表記とOSによるフォーマットの単位の違いにより、減少します。
通常、10進数では1000を単位として桁を管理しています。
1GBなら1000*1000*1000Byteとなるわけです。
ところがOSはHDDを1024Bite単位で管理しています。1KBは1024Byteなのです。
そのため、1GBは1024*1024*1024となります。

ココに齟齬が生じます。大本の容量は10進数表記で1,000,000,000しかありません。
これを1024で割れば976,562,5Byte、さらにコレをもう一度1024で割ると953.67MBとなり、
実表示より約46.5MB少なくなるわけです。
この減ってしまう部分をウィスキーの行程で樽の中で揮発する現象に習い、天使のぶんどり分と呼んでおります。
(主に拙者と友達が)


Windows7は従来のOSと違い、Cドライブのパーティション操作も自OS上から可能なのでこの操作は楽です。
XPは専用のユーティリティを用意しなければなりませんでしたからね;

コンパネから管理ツール>コンピューターの管理で記憶領域のディスクの管理を開いて…。
ボリュームの拡張を選択して実行すれば終わりでござる。

ふう。さて次はMAC側でござるな…。

あ、MacBookの事と言いつつ今回Winしかいぢってない?!



<次号予告>
君たちに最新情報を公開しよう!!
MACBookにSSDを載せようとした拙者、しかしそこに思いもよらぬ罠が!
またいつものポカミスかっ?! 購入したSSDの代金が重くのしかかる!
「MacBookのこと その07」
次回も、衝動買い承認!(しません)

これが勝利の鍵だ! 「TimeMachine」

Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。